タグ:童謡・唱歌 ( 145 ) タグの人気記事

19'1.11さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
Lascia chi'o pianga
ローレライ
砂山
鞠と殿様

★Lascia chi'o pianga
ソプラノ
Dの3~6小節目の音程や響きに課題があります。
レの音を注意することで、それ以降の音が安定してくると思います。 特に3~4小節目のレ→ミ、5小節目のミ→ファは重要ですので、丁寧に歌って下さい。

アルト
どの曲にも言えるのですが、ソとラの声の響きが重く、音も下がりやすいです。発声練習のハミングを思い出して、響くポイントを見つけて下さい。

★ローレライ
ハーモニーを聴かせられたらいいなぁと思っています。声の響きを揃えていくことが課題です。

ソプラノ
母音aで歌うところを丁寧に揃えたいです。

アルト
P18の2段目の1~2小節目 P20の2段目の2~3小節目 ここが歌いにくそうなので、練習していきます。

★砂山
Aを歌うかた
フレーズの最後がしぼまないよう、息の出し方をコントロールできるとよいと思います。

Bを歌うかた
「すずめなけなけ」は音域が広いのですが、歌い出しのシの音で頑張りすぎないようにしてみて下さい。そうすることで後のラの音が出しやすくなると思います。

Cを歌うかた
mf・f・pという指示は、今はあまり気にせずに、朗々と歌い上げてみて下さい。そのほうが収まりも良いように思います。

Gを歌うかた
しっかりと歌えていると思います。声の質が違うお二人ですが、響きが揃うとより良いです。

アルト
2番 す「なやま」
音が下がらないように支えを意識して。


★鞠と殿様
1~5番のそれぞれがどんなキャラクターで、構成上どんな役割なのかを確認しました。その後はぐっと良くなりました。この新鮮な気持ちを持ち続けられるといいですね。

4番 リズムを刻みつつ、レガートで歌って頂きたいところです。支えを意識して練習していきましょう。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。
見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。




b0345420_00021009.jpg

















[PR]
by kannochie | 2019-01-13 22:14 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'12.21さくらの会練習ノート

《発表会曲目》 こちらで決定です。
ローレライ
Lascia chi'o pianga
砂山
となりのトトロ
鞠殿
ビリーブ
花は咲く

《今回の練習曲目》
砂山
となりのトトロ
ビリーブ
花は咲く

★砂山
二人ずつ歌っていただく所を決めました。
緊張感が生まれ、曲の構成としても
良かったので、こちらで決定とします。
よろしくお願いします。


★となりのトトロ
3声になる部分を中心に練習しました。

一番上のパート
ふんわりと優しく歌うようにしてみましょう。
声が柔らかい響きになると思います。

真ん中のパート
ハーモニーの要となりますので、
よりよい響きを目指していきましょう。

一番下のパート
しっかりと支えて強めの声で歌ってみて下さい。


★ビリーブ
この曲をお二人ずつ歌っていただくことも
考えましたが、冒頭部の歌詞が素敵なので、
それをお客様に伝えるためにも、
全員で歌うことにしました。

歌い出しで音が下がらないように、
準備をしてから優しく歌い始めて下さい。
ユニゾンは、ボリュームを抑えて
歌えていました。
良かったと思います。

P10のソプラノ
副旋律は慣れるまで大変かと思いますが、
少しずつ良くなってきています。
ゆとりのある声で歌うことで、
「未来への大きな希望」を表現したいです。

★花は咲く
歌い出しの音程を意識して頂いていることが、
よく伝わってきます。
ぜひキープしていきましょう。
その後のフレーズにもよい影響が
期待できますので、
この感覚をつかんで頂きたいなと思っています。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。

童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。
見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg






















[PR]
by kannochie | 2018-12-22 23:13 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'12.14さくらの会練習ノート

【発表会の曲目】
以下の曲を演奏したいと考えています。

ローレライ
砂山
Lascia ch'io pianga
となりのトトロ
鞠殿
ビリーブ
花は咲く



《今回の練習曲目》
ローレライ
野ばら
Lascia ch'io pianga
となりのトトロ
ビリーブ
花は咲く


今回は寒さと乾燥のせいか、声があまり出ていないようでしたので、得意なローレライから練習を始めました。

★ローレライ
歌い慣れてきたこともあり、なんとなく漫然とした印象でした。
リフレッシュするためにも、階名唱や母音唱の練習をしました。
ソプラノのaは、できるだけ豊かな響きで歌えるとよいと思います。
アルトが主旋律になるところはもう少し強く、そしてシ・ラがより響くとよいですね。


★野ばら
久しぶりに歌ったこともあり、音程や声の響きが不安定でした。
上昇系の旋律が多いことも原因の一つだと思います。


★Lascia ch'io pianga
少し速く歌うことで曲に活力を与えたいと思いました。
メロディーは歌えていますので、緊張感・緊迫感のある曲に仕上げたいと思っています。
フレーズの作り方・言葉のさばき方など細かく練習していきます。




★となりのトトロ
前回の発表会では、お二人ずつ歌って頂きましたが、今回は全員で歌いたいと思っています。
3声になるところをしっかり練習していきます。
一番上のパートの音が下がらないようにしたいです。
真ん中のパートは、できるだけ声質を揃えてハーモニーの核を作って欲しいです。
一番下のパートは、もう少しボリュームがあるとよいと思います。


★ビリーブ
かなり高い音から始まるつもりで、しっかりと声の準備をしてから歌い始めましょう。
音が跳躍するところは、突出しないように。
ユニゾンは少しボリュームを抑えて歌うとよいと思います。

P10はアルトが主旋律になりますから、歌い上げて下さい。

P10のソプラノは、#ファの音が下がらないように気をつけましょう。


★花は咲く
歌い出しでは、音程を意識して歌って下さっていることがよく伝わってきました。
音域の広い曲ですが、よく歌えていると思います。

Cソプラノ だれかの・かなしみの

ドドドドレのレの音が下がらないように。

Cアルト きこえる・がみえる
ラシラシの音が下がらないように。





合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg













[PR]
by kannochie | 2018-12-15 16:52 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'12.7さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
Lascia ch'io pianga
砂山
ビリーブ
花は咲く
となりのトトロ

★Lascia ch'io pianga
支えを意識しながらレガートに歌う練習をしました。

ソプラノは高いほうのレミファで音が下がりやすいので、鼻や目の奥に響かせるようにしましょう。

アルトはソラの音で響きの薄い声になりやすいので、頭声を意識して下さい。

弱く歌おうとすると、支えも弱くなってしまうので、今の段階ではfやpをあまり気にせず、しっかりと歌うようにしていきましょう。


★砂山
Aうみはあ「らーう」み
ソラシの音程に常に気を配って下さい。

Dくれりゃす「なーや」ま
このソラシの音程も同様です。

Eアルトちり「ぢりまた」
ラソラソラという音程に注意して下さい。
また「あれる」の音が高いので、特に「ま」のラの音で声の響きを確認しておくとスムーズに歌い進められると思います。

Iソプラノ一番最後のさよな「ら」
音が下がりやすいので、この音だけでなく、「な」のレの音も高めに響かせるとよいと思います。




★ビリーブ
P8の1段目の1小節目
P8の3段目の1小節目
リズム、そろってきましたね!

ソプラノ
P10の1段目の2小節目~
柔らかい響きで歌うのが理想です。
それには、シレのレの響きを整えることが大切です。

アルト
P7の1段目の4小節目
ハミングのドの音をよく響かせるために、支えの準備をしてから歌うように心がけて下さい。



★花は咲く
ソプラノ
Cはかなり高い音のつもりで、支えの準備をしっかりとしてから歌い始めましよう。
音程を見てみると
ドドドレドシドが繰り返し出てくるのがわかります。
最後のシドで音が下がらないようにしましょう。

アルト
Dの2小節目 はなはさく
アの母音唱が続きますので、よく響くポジションを探して下さい。

★となりのトトロ
久しぶりでしたので、メロディーの確認をしました。発表会で演奏したいと思っていますので、3声のところを中心に復習します。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。


b0345420_00021009.jpg














[PR]
by kannochie | 2018-12-09 23:40 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

「サッちゃん」の何番が好きですか?

2018年12月3日に
作曲家の大中恩が亡くなりました。

阪田寛夫は従兄弟で
このお二人のコンビで
たくさんの童謡が生まれました。
「サッちゃん」もその一つです。

カタカナで「サッ」
ひらがなで「ちゃん」が
正しい表記だそうですよ。

ニュースでは
「童謡は大人から子供まで
歌えるところがすばらしい」と
伝えられていましたが、
残念ながら
童謡はすっかり大人の歌に
なってしまったと思います。

でも「サッちゃん」は子供たちも
歌えるのかなぁ…??



サッちゃん

サッちゃんはね 
サチコっていうんだ
ほんとはね 
だけど ちっちゃいから
じぶんのこと 
サッちゃんって呼ぶんだよ
おかしいな サッちゃん


サッちゃんはね 
バナナが大好き
ほんとだよ 
だけど ちっちゃいから
バナナを はんぶんしか 
たべられないの
かわいそうね サッちゃん


サッちゃんがね 
遠くへ行っちゃうって
ほんとかな 
だけど ちっちゃいから
ぼくのこと 
わすれてしまうだろ
さびしいな サッちゃん

b0345420_00201855.jpeg



私が小学校で音楽を
教えていた頃は、
私自身が童謡や唱歌の素敵さを
理解できていなかったので
その魅力を子供たちに伝えるなんて
全くできませんでした。

子供たちが好みそうな歌を
指導することしか
できなかったのです。


そういった反省もあって
今、市井の歌い手として
童謡や唱歌の魅力を少しでも
お伝えできたらなぁと思っています。

私はサッちゃんの3番を歌うと
胸がキュンとなります。














[PR]
by kannochie | 2018-12-05 00:19 | 大切なこと | Comments(4)

18'11.30さくらの会練習ノート

《ご連絡》
次回は12時から練習を始めます。
オレンジ色の本「想い出がいっぱい」を
お持ち下さい。トトロを練習します。
14時~は渡部先生の誕生会です!
12月の練習は、7・14・21の3回になります。

《今回の練習曲目》
ローレライ
Lascia ch'io pianga
ビリーブ
花は咲く




★ローレライ
先週の練習がお休みでしたので、声の調子を取り戻すために得意なこの曲をはじめに練習しました。

ソプラノ
aで歌うところを復習しました。ソドシレの音程と声の響きが合うようにしたいです。
ここは特に丁寧に歌って下さい。

アルト
ラシの音の響きが重くなることがあります。頭声を意識してみましょう。



★Lascia ch'io pianga
イタリア語のアクセントと拍の関わりについて、少しお話ししました。

Aの部分ですと、2・4・6小節目の1拍目にアクセントがありますので、この音に向かって歌い進むようにすると、フレーズが作りやすいと思います。

Dは強い声・大きな声で歌うというよりは、支えが感じられる声で歌って頂きたいです。
今の段階でpで歌おうとすると、支えがなくなって弱い表現になりやすいです。
支えがしっかりできたら、次のステップとしてpで歌えるようにしていきます。


★ビリーブ
音取りが終わりました。
P8の1段目の1小節目
P8こ3段目の1小節目
リズムを揃えられるといいですね。次回も練習します。

最後のページのソプラノは、高い音が続きますが、とてもキレイ旋律なので歌えるように練習していきましょう。
歌えるようになったら、ここはアルトが主旋律ですので、mfくらいの強さで歌えるといいですね!

アルトも音は取れていますので、自信を持って歌えるよう練習を積んでいきます。


★花は咲く
今回は2週間振りの練習でしたので、声がよく出てから歌ったほうがよいと考えて、最後に歌って頂きました。

Cの部分の音程や声の響きが不安定だったように思います。次回はCから練習します。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg
















[PR]
by kannochie | 2018-12-02 00:03 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'11.16さくらの会練習ノート

《ご連絡》来週の23日は祝日ですので、練習はお休みです。

《今回の練習曲目》
花は咲く
Lascia ch'io pianga
砂山
鞠と殿様
ビリーブ
ローレライ

《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma-a(ドレミレド)
スタカートa(ドレミレド)
ロングトーンla



★花は咲く
前回、「花は咲く」から練習をスタートすることで、他の曲にもよい効果がありましたので、今回もそうしました。

音域が広いので、響きや支えを意識しやすいのだと思います。
これを歌うことで、持久力もつきそうですね。

歌い出しの「ゆきみちに」の「き」「ちにー」の音程は、気が抜けてしまうと下がってしまうので、常に意識して下さい。
この曲は、ここが勝負です!

テンポもよくなりました。
フレーズの作り方をお話ししましたが、長い音で停滞しないで次の音へ向かっていくことが大切だと思います。


★Lascia ch'io pianga
イタリア語の歌詞にも慣れて、よく歌えるようになりました。
その一方でpが形だけになりがちです。大胆に強く歌ったり、丁寧に優しく歌ったりすることで表現が広がると思います。

原点に戻って、しっかりレガートで歌えるようになってから、pの表現を練習をしていきます。



★砂山
全員が同じパートを歌うユニゾンもよくなってきました。

歌い出し 「うみはあらうみ」
「あー」とのばすところで落ち着いてしまわずに、次「らー」へ向かって、歌い進むことを意識して下さい。
次の「むこーうは」も同様です。

ソプラノ
Fの4小節目「みーえーぬ」
「み」という言葉を強調することで、余韻を残すことができたと思います。

アルト
Eの4小節目「またーあれーる」
音が高いので大変かと思いますが、その前の「ぢり」で響きを確認してそのまま歌い進むようにしてみましょう。


★鞠と殿様
パートに分かれて歌うところを全員で歌っていただきました。
みんなで歌うことによって、自分の歌いにくいところを他の人がどう歌っているかを感じることができます。

音が跳ぶところが多いので、しゃくりあげないように気をつけましょう。言葉が分かりにくくなってしまうので。

P36の3段目
テンポがゆっくりになるこの部分がしっかり聴かせられると、他との対比が鮮やかになりますよね。
レガートだけれど、言葉も伝わるように歌えたらと思います。


★ビリーブ
ソプラノを1番だけ歌いました。覚えていたメロディーとちょっと違うところがあったようです。
よく耳にする曲だからこそ、音符をよく見て歌うようにしましょう。






合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg















[PR]
by kannochie | 2018-11-18 17:54 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'11.9さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
花は咲く
Lascia ch'io pianga
砂山
鞠と殿様


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma-a(ドレミレド)
スタカートa(ドレミレド)
ロングトーンla



今日は声はよく出ていましたが、響きがまちまちでしたので、「花は咲く」をはじめに
練習しました。

歌い出しのユニゾンで響きを揃えながら、やや高い音の発声を確認しました。



★花は咲く
音程の注意ポイントがわかってきたように感じます。
歌い出しの「ゆきみちに」は良くなりましたので、この状態をキープできると良いですね!

だんだん遅くなってしまうので、歌い進むよう意識して下さい。

Cの2小節目「きこえる」「かみえる」
ソプラノはソ、アルトはシの音がぶら下がってしまわないように。

最後の「いつかこいする」は
ゆっくりになりすぎないほうが良いと思います。

この曲をはじめに練習したのは正解でした。この後に練習した曲では、頭声がよく響いていたと思います!



★Lascia ch'io pianga
支えを使ってレガートに歌う練習です。4小節で1つのまとまりに聞こえるように意識して下さい。

特に歌い出しは、フレーズが休符で途切れやすいので注意して下さい。




★砂山
歌い出し 「らーうみ」
ソラシラの音程は、下がらないように常に気をつけて下さい。
「らー」で少し前へ進むようにすると歌いやすいと思います。

次の「むこーうは」も同様に、「こー」で停滞しないようにするとよいと思います。

C「みんなよべよべ」
最後でしぼんでしまわないようにしましょう。クレッシェンドしておくことで、「おほしさま~」で急に弱くする表現がいきてきます。

ソプラノ
Fの4小節目「みーえーぬ」
ここはさらりと進むより、丁寧に歌って情感を出したいと思います。
アルトが上手に歌っていますので、聴いてみて下さい。



★鞠と殿様
P39の最後
クレッシェンドして最も強くなったところで切る練習をしました。決まるとカッコイイですね。





合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。


b0345420_00021009.jpg






















[PR]
by kannochie | 2018-11-11 08:30 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

会いたい人に会いに行こう2

「会いたい人に会いに行こう」
キャンペーンガール?の菅野です。

先週の山形日帰り旅では
4年振りに父の実家、菅野家の
お墓参りに行きました。

その後は、これまた数十年振りという
親戚に会って近況報告。
来春みんなで千葉に行くわ!
なんて話になりました。

そして、米沢在住のピアニスト
ひろ子さんとランチ。
b0345420_17410172.jpg


素敵なカフェに連れていってもらいました。
b0345420_17414310.jpg


b0345420_17420827.jpg





絶賛開催中の菊祭り→菊祭り詳細

b0345420_17473477.jpg


b0345420_17461036.jpg

ここで、お世話になった方に偶然会いました。
「かんのちえさん…?」とフルネームを呼ばれて
ちょっと驚きましたが会えて良かった~!
童謡コンサートの折、
お世話になった園長先生です。

b0345420_17442003.jpg



この後は、童謡コンサートを
企画して下さった
宮内商店会の皆さんと会って
ずんだ(枝豆をすりつぶしたもの)の
ソフトクリームを頂きました。
b0345420_17454320.jpg


あ。この日ソフトクリームを
2個食べてたf(^_^;
人に会うって楽しいですね♪






















[PR]
by kannochie | 2018-11-04 17:39 | 集い | Comments(0)

18'11.2さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
Lascia ch'io pianga
花は咲く
砂山
鞠と殿様
ローレライ


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma-a(ドレミレド)
スタカートa(ドレミレド)
ロングトーンla
レガートno-o(ドミソミド)

今日は声がよく響いていたと思います。
ロングトーンと跳躍音程をしっかりと練習しました。


★Lascia ch'io pianga
今日は声がよく出ていましたので、初めにこちらの曲を練習しました。
A~Cは繰り返し歌うので安定して歌えるようになってきました。
Dの部分はもう少し練習が必要ですね。裏拍もしっかり歌って大きなフレーズを作りましょう。





★花は咲く
ソプラノは♭シ、アルトはラの音程と母音の響きに気をつけましょう。
丁寧にたっぷりと歌いたくなりますが、少し歌い進んでみましょう。その方がきっと気持ちが伝わります。


★砂山
歌い出し うみはあ「らーう」み
ソラシの音程が下がらないように気をつけましょう。

むこー「うは」
ここも音が下がりやすいので、支える意識をしっかり持って。

Dの くれりゃすなー「やま」
ソプラノのしおな「り」
ここの音程も気をつけたいところです。

Hの4小節でだんだん強くして、Iの「うみ」で1番強くなるようにしたいです。

アルトの1番最後のシの音程は高めに。


★鞠と殿様
P36の3段目~P37
テンポが遅くなるこの部分は、支えが重要です。
フレーズの後半でバテた印象にならないようにしたいです。

P37の最後
ソプラノがミ+アルトがシ
このハーモニーしっかり聴かせたいです。

P39の最後
クレッシェンドして最も強くなったところで切ります。



★ローレライ
クールダウンとして歌詞で歌いました。
いつでも良い状態で歌えるように練習を継続していきます。




合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg

[PR]
by kannochie | 2018-11-04 00:39 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)