タグ:コーラス ( 158 ) タグの人気記事

18'3.9さくらの会練習ノート

★★お知らせ★★
2019年3月23日(土)きららホールが取れました。
発表会を予定しておいて下さい(*^^*)


★★次回の練習予定★★
<川の流れのように>
ヴォカリージ(ハミング含む・ア・ウ)の部分と歌い始めを中心に練習します。

<となりのトトロ>
以下の部分の母音唱をして、ハーモニーをブラッシュアップします。
P12の4段目~P13の1段目
こどものときに~ふしぎなであい
P12の4段目~P13の2段目
もしもあえたなら~あなたにくるわ
P14の1段目~3段目
こどものときに~ふしぎなであい

<うぐいす>
全体を母音唱します。pやmpでも声の響きを失わないようにしたいです。

3曲を練習後に全曲通し。
その後、練習が必要な曲は返します。



《今回の練習曲目》
さびしいカシの木
となりのトトロ
うぐいす
全曲通し


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma(ドレミレド)
レガートi



◆さびしいカシの木
P32の3段目の2小節目~最後
「なれてしまった さびしいことに なれてしまった」

このブログで練習予告をしましたら、練習してくださったのですね…感激です!母音唱効果で声の響きがよくなり、ハーモニーもよくなりました。もう一息です。曲の''〆''の部分なので、丁寧に歌いたいですね。

歌い出しの「やまのうえの」
や→まの音の跳躍
う→え→の(シドシ)の音程は、ドの音が下がらないように。
の→いは同じ音ですが、上がるつもりでしっかりと支えます。

P30の3段目の1小節目「さびしい」
2回目の「さびしい」の「び」
丁寧に上がってください。



◆となりのトトロ
「トトロ トトロ」
このフレーズが繰り返し出てきます。だんだん緊張感がなくなって、だらしなく聴こえることがあります。きびきびと歌ってみましょう。
また、言葉をしゃくらずに単純に歌ってみて下さい。その方が素朴なトトロの世界を表現できると思います。



ご自身が歌わない時でも、soliをよく聴いているのが伝わってきます。それがとてもよい雰囲気を作っています。素敵ですよ。

soliパート
「だれかが~」を歌うかた
声の響きを意識して歌っていることがよく伝わってきました。よくなってきましたね。
これ以上頑張りすぎないようにしましょう。15%くらいの余力を残して歌うことで、歌う側にも聴く側にもゆとりが生まれます。それがトトロの世界観につながると思います。

「ちっさなめ~」を歌うかた
声のタイプが全く異なるお二人のsoliなので大変かと思いますが、揃ってきたように思います。
「はえたらー」のドのロングトーンもよくなりました。
「ひみつのあんごう」は、はっきり発音することと、二人が揃うことで歌詞の意味がより伝わると思います。


「あめふり~」を歌うかた
声の調子が良くなくて歌いにくそうでしたが、練習していく内に安定してきましたね。「バスていー」のラのロングトーンがポイントになると思います。響きが広がってしまわないように注意して下さい。


「あなたの~」を歌うかた
できるだけ言葉をしゃくらずに歌ってみて下さい。「あまガサー」のドのロングトーンが歌い出しからピタッと決まると良いですね。「さしてあげましょー」は無声音もありますが、お二人で言葉を揃えるという意識を持って歌ってください。

P13の2段目~
テンポが速くなる傾向があります。落ち着いて、言葉一つひとつをしっかりと伝えるつもりで。




◆うぐいす
P4の2段目の2小節目
P4の3段目の5小節目
P5の3段目の2小節目
P6の1段目の5小節目
す「きと」おる
「と」の響きが悪くなるのは、その前の「き」にあるとわかりました。声の響きを集めるようにすると、密度の高い響きになって、次の音も歌いやすくなります。


P4の3段目の1小節目 に「お」わせて
もう少しだけ「お」を強調してもよいですね。リズムがぼやけてしまうので。



P5の3段目の5小節目
P6の2段目の3小節目
「いっしゅん」の後の休符
無になる瞬間を作ります。息も止め動きも止めて緊張感を維持します。





発表会まで、練習はあと2回です。
花粉、気温差、歌いすぎ…
どうぞお気をつけくださいね。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_00021009.jpg



[PR]
by kannochie | 2018-03-10 13:07 | 合唱団さくらの会 | Comments(2)

求ム、くじ運(。-人-。)

もう少し早く上がると思っていた雨。
3月なのに冷たい雨が
まだまだ降ってきます(>_<)


今日はコーヒーとシナモンロールの朝食。
ゆっくりと時間が過ぎました。
久し振りの贅沢時間♪

b0345420_23330737.jpg


さて、明日は発表会会場の抽選会。
初詣のおみくじも大吉だったし
今年は当りそうな気がします。
(いえね、昨年も当りそうな気はしてたんです)


[PR]
by kannochie | 2018-03-09 23:32 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'3.2さくらの会練習ノート


《練習曲目》
逢えてよかったね
さびしいカシの木
うぐいす
川の流れのように


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma(ドレミレド)
スタカート
レガートno(ドミソミド)
ロングトーンLa 


◆逢えてよかったね
Dから練習をしました。
Dの4小節目さりげな「く」
ソプラノはシ、アルトはソの音が下がらないように。そして、遅れないように。しゃくり上げるとちょっと遅れてしまいますのでご注意を。

ここでキレイなハーモニーが作れれば、次の「すぎていく じかんさえ」もうまくいきますし、さらにその次の「いまはいとしい」のユニゾンがいきてきます!

Cの1・2小節目
Gの1・2小節目
Gの5・6小節目
「いつまでも いつのひも」
母音唱をしました。特に「いつのひも」のほうは響きが良くないように感じました。

母音唱では以下のようになります。
いつまでと→いうあえお
いつのひも→いうおいお

イ→オの時に響きが重くなるようです。副鼻腔(目の奥)に響かせて。



◆さびしいカシの木
歌い出しの「やまのうえの い」
この曲はここで決まると言っても過言ではないと思います。しっかりと集中して、丁寧を歌って下さい。
ポイントはシドの音程です。ここで音が下がってしまうと、この後に大きく影響しますので。

P30の3段目の1小節目「さびしい」
2回目の「さびしい」の「い」が雑にならないように。シ→ラは支えを意識して。

アルトP31最後の小節u
深い響きを目指したいです。響きを集めるというか、まとめるというか、そのような意識を持って。


★★次回の練習では
P32の3段目の2小節目~最後
「なれてしまった さびしいことに なれてしまった」を母音唱で練習します。



◆うぐいす
発表会ではオープニング曲の次に歌います。
ひんやりとした緊張感の中にも、春の優しさがほんのりと感じられるような曲に仕上げたいと思っています。

そのためには、まずpで歌い始めることが大切です。そして、文字通り「透き通る」ような声で歌いたいですね。

この曲は歌詞も短いので母音唱を徹底していこうと思っています。

P4の2段目の2小節目
P4の3段目の5小節目
P5の3段目の2小節目
P6の1段目の5小節目
す「きと」おる
母音唱だとイ→オとなりますが、響きが悪くなります。オの響きを軽くクリアにしたいです。

P4の3段目の1小節目 に「お」わせて
「によわせて」とならないよう、しっかりオと発音してください。

P5の3段目の5小節目
P6の2段目の3小節目
「いっしゅん」の後の休符
音が無になる瞬間です。ほんの一瞬、息を止めて緊張感を保ちましょう。次の「しんとする」を歌う直前にブレスをします。


◆川の流れのように
ソプラノのハミングとアルトのA・Uは次回も練習します。

この曲はスタミナが必要な曲です。
今回の練習でも2番から返してもらって1.5回分を連続して歌って頂きましたが、2回以上は通して歌ってスタミナを養いたいと思っています。

ソプラノ
かわの「ながれ」のように
シドレ「ファレドシ」の音程注意です。
ファにしっかりと上がること、レドシの下降音程は支えながら歌うことを意識して下さい。


発表会まで練習はあと3回です。
乾燥、花粉、気温差…喉の敵がたくさんある時期ですので、どうぞお気をつけくださいね。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg



[PR]
by kannochie | 2018-03-03 16:53 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'2.23さくらの会練習ノート


《練習曲目》
しゃぼん玉
カーロミオベン

ロマンチストの豚
犬が自分のしっぽをみて歌う歌


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma(ドレミレド)
レガートno(ドミソミド)
スタカート
ロングトーンLa 


◆しゃぼん玉
ソプラノ・アルト
2段目の3小節目 やね「ま」で
支えを意識して音程を保ちましょう。

3段目の3小節目 きえた
4段目の2小節目 とばそ
ややスカタートにして強調しましょう。

3段目の4・5小節目 かぜかぜふくな
ア・カペラになりますので、よく響く声で歌いたいところです。息も流してたっぷりと歌って下さい。

4段目の1・2小節目 しゃぼんだまとばそ
かわいらしく歌って欲しいです!


◆カーロミオベン
歌詞のリズム読み、階名唱、母音唱をしました。歌い慣れてきた曲こそ、これらが有効だと思います。

ソプラノ
2分音符などの長く伸ばす音が下がりやすいので注意して下さい。また、eの発音が平べったくなることがあります。口を横に開きすぎないようにしましょう。ややaに近い発音で、豊かな響きのeを目指していきます。


ソプラノ・アルト
長く歌ってきましたので、なんとくまとまっていますが、少し形骸化している感じがしました。
強弱記号(mpやf、クレッシェンドなど)をもう一度見直して、曲全体の構成を確認したいと思います。

歌詞の意味と主な単語の意味も添えておきます。


私の愛する人
せめて私を信じてください
君がいないと心が弱ってしまう

caro/愛する
mio/私の
bene/最愛の人・恋人
credere/信じる
almen/せめて
senza/~なしで
te/君に・君を
languire/弱る



君の忠実な人(=私)は
いつもため息をついている
やめてくれ、残酷な人よ、
あまりにも過酷だ

tuo/君の
fedele/忠実な
sospirare/ため息をつく
ognora/いつも
cessare/やめる
crudel/残酷な
tanto/たくさんの
rigore/過酷さ




◆花
リズムが甘くならないように。
ソプラノは高いほうのレ、アルトはソが声の響きの上でポイントになる音だと思います。
これらの音の響きが薄くならないように気をつけてみて下さい。


◆ロマンチストの豚
歌詞のリズム読みをしました。

ソプラノ
P10の4段目 ロマンチスト
「チスト」はやや強めに。

アルト
P10の4段目 ぶた
2回「ぶた」と歌いますが、どちらも「た」の音が重くなります。軽やかに明快に「た」へ上がって下さい。

ソプラノ・アルト
P11の4段目の「ない」
やや強めに歌っ強調したいです。



◆犬が自分のしっぽをみて歌う歌
歌い出し
しっかりと歌って、この曲のテーマを提示してください。

P34の2段目 ふしぎだな
mpです。強すぎないように。

P34の2段目の4小節目
P34の3段目の4小節目
ここは音程が悪くなりやすいです。母音唱や階名唱を繰り返して、より良い響きにしていきます。


ソプラノ
P35の2段目の3小節目 ぼくは
不安そうに聴こえますので、やや強めに歌ってみて下さい。


ソプラノ・アルト
P36の2段目の3~最後
母音唱を丁寧に練習しました。
特に「うごーく」(2段目の4小節目)はユニゾンになりますので、音程・響きを揃えたいと思います。
また、ここをしっかりと歌うことで、次の「ぼくのしっぽ」が歌いやすくなると思います。




合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。

b0345420_00021009.jpg


[PR]
by kannochie | 2018-02-25 03:37 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'2.16さくらの会練習ノート


《練習曲目》
うぐいす
となりのトトロ
さびしいカシの木
川の流れのように


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートno(ドミソミド)
スタカート
ロングトーンLa 

◆うぐいす
歌い出しはpです。強くなりすぎないように。
「うぐいす」の「ぐ」は鼻濁音ですが、音はしっかりと上がりましょう。
「歌い出し~すきとおる」の4小節でクレッシェンドして、「はるの」でMaxがくるようにしたいです。
「つめたさ」の語感を大事に、丁寧に発音しましょう。
2回目の「うぐいす」以降は、1回目よりも大きな山になります。mp→mf→pとなります。

2番の「うちゅうがいっしゅん」の「ちゅ」「しゅ」はしっかりと発音して下さい。
「いっしゅん」の後の休符を意識しましょう。全ての音が一瞬なくなります。




◆となりのトトロ
歌い方を確認しました。
「トトロトトロ」の部分はしゃくりあげないで、シンプルに歌いましょう。

3声の部分が課題ですね。2声は良くなりましたので、もう少し頑張りたいところです!


P12の2段目
むかしからすんでる
オカリナふいてる
P12の4段目
あなたにおとずれる
すてきなしあわせが
上記4か所は、言葉が曖昧になりやすいので、しっかりとしゃぺる意識を持って。

P14の3段目トトロトトロ
油断しやすいところです。レの音を出すための準備を整えてから歌えるようにしましょう。
ユニゾンになりますから、大きな声は必要ありませんので、声の響きを揃えましょう。




◆さびしいカシの木
ソプラノ
歌い出し「やまのうえの」の「え」のドの音はしっかり上がりましょう。
以下、同様です。
P30の3段目の1小節目「さびしい」の
「びし」のシ
P30の3段目の3~4小節目「くにへいきたい」の「へ」「い」のシ


アルト
P31の2段目の2小節目
「きえてしまった」の「た」の音。しっかりきめて、4拍のばせるようにしたいです。
P32の1段目の3小節目
クレッシェンドを活かして、沸き上がるような感じに。
P32の3段目の2小節目
「なれてしまった」は上記のきえてしまったと同様に。


◆川の流れのように
2番を集中的に練習しました。
ソプラノ
P5の2段目の4小節目
ハミング
「ドラシドー」の後の「ドー」が下がりやすいので気をつけて下さい。
pで歌うとより難しくなりますが、できるようになってきています。支えを意識していきましょう。

P5の3段目の3~4小節目
いつかはまた はれるひが
ここは弱めに歌っておきましょう。楽譜にもmpとあります。この後のクレッシェンドのためにも、スタミナのためにも、ここで頑張りすぎないことがとても大切です!



アルト
歌い出し
「いきることはたびすること」の「は」
「おわりのないこのみち」の「のない」の音は不用意に歌わないようにしましょう。

P8の3段目の1~2小節目
ヴォカリージaは、mpで歌い始めて2小節目くらいからクレッシェンドしてみてください。fへ一気に駆けあがる感じで。





合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_00021009.jpg



[PR]
by kannochie | 2018-02-19 15:47 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'2.9さくらの会練習ノート

《ご連絡》
次回は、うぐいす・となりのトトロ・さびしいカシの木・川の流れのように を練習する予定です。



《練習曲目》
逢えてよかったね
犬が自分のしっぽをみて歌う歌
さびしいカシの木
ロマンチストの豚


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
レガート i・e(ドレミレド)
ハミング(ドレミレド)
レガート ma
レガートno(ドミソミド)


◆逢えてよかったね
ソプラノ
Aの4・5小節目 すこし「だけ」
だ→けのシが下がらないように。

Dの7小節目 いまはいとしい
ブレスでニュアンスを作りましょう。

暗譜をどんどん進めてください。




◆犬が自分のしっぽをみて歌う歌
リズム読みをしました。
この曲はテンポが速いので、言葉をし的確にさばくことが大切です。

ソプラノ
P34の3段目~P35の1段目
「ひとりでにふれる」
「しょんぼりたれてる」
母音で練習をしました。以前からここは課題でしたが、母音で歌えると歌詞でもスムーズに歌えるようになりました。

P36の2段目
「しかしやっぱりうごく」
ここも母音で歌うことによって、課題解決の糸口が見えたように思います。


アルト
きれいに歌いすぎず、「おしゃべりする感覚」を持って歌ってください。




◆さびしいカシの木
4小節で一つのまとまり(フレーズ)にきこえるよう、意識して歌いましょう。
「やまのうえの~かしのきが」で一つのまとまりです。

P31の2段目
「きえてしまった」
ソプラノもアルトも音が上昇形で高くなります。次の音へいくときには、しっかりと運梯をつかんで進むようにしましょう。

P31の3段目~
アルト
pで優しく歌うときれいでした。

P32の1段目の3小節目
シレソファのところはわき上がるようなクレッシェンドをお願いします。

P32の3段目
「さびしい~さびしいことに」
アルトにしては音が高くなります。前もって準備をして歌い始めるようにしましょう。


ソプラノ
歌い出し「やまのうえの」
や→ま(レ→シ)はしゃくりあげず、シンプルに上がりましょう。



◆ロマンチストの豚
P10の2段目の3小節目~
P10の3段目の4小節目
歌詞が伝わりにくいので、早口言葉を言うように、しっかり発音してください。P11も同様です。

P10の4段目は、優しくエレガントに仕上げたいと思っています。
「ぶた」は愛らしく、でもハッキリと発音します。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。

b0345420_00021009.jpg



[PR]
by kannochie | 2018-02-11 09:27 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

母音唱の効果

今日はまとまった時間が取れたので
ゆっくり練習ができました。

最近、合唱団さくらの会の
練習でも連呼しているのが、
階名唱・リズム読み・運梯、そして母音唱。

さくらの会の練習では
「毎回、言うことが違うわね(>_<)」
とお思いのかたも
いらっしゃるかもしれませんが、
自分が練習をする中で
効果のあったことをご紹介しています。

発声の理論は確かにありますが、
歌は楽器が見えないので
個人の「感覚」に頼るところが
大きいのも事実。

そして、アドバイスするには
「言葉」を媒介しないとなりません。
言葉の伝え方も受け取り方も十人十色…。

ですから何通りかの
異なる表現に言い換えて
お話しするよう心掛けていますが、
もう少し私にボキャブラリーが
欲しいところです(^^;

ですが、間髪入れずに
テンポよく練習を進めたほうが
曲の仕上がりが良いこともあります。
悩ましいところです。



さて、母音唱と言えば
劇団四季が有名ですが、
自分の練習にも
取り入れてみましたら
歌声の響きが薄くなるところが
よくわかります。


今日は、母音唱・階名唱
リズム読みをしながら
シューベルトの野ばらと
トスティのローザ(ばら)を練習しました。

ゆっくり練習できると
歌も心も安定します…♪

b0345420_23360870.jpg


[PR]
by kannochie | 2018-02-04 23:32 | カフェコンサート | Comments(2)

18'2.2さくらの会練習ノート

《ご連絡》
次回は、 さびしいカシの木・ロマンチストの豚・犬が自分のしっぽをみて歌う歌・逢えてよかったね を練習する予定です。


《練習曲目》
しゃぼん玉
カーロミオベン
川の流れのように
うぐいす


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
レガート ma(ドレミレド)
ハミング(ドレミレド)
レガート ma-e
レガートno(ドミソミド)
ロングトーン


◆しゃぼん玉
レガートを意識して歌っていただいたら、とても素敵でしたので、その方向で仕上げていきたいと思います。

3段目かぜかぜふくな
ア カペラになりますので、ハーモニーが美しく響くように仕上げたいですね。
母音唱ですと、ここは「あーえあーえううあ」になりますね。とても良くなるので母音唱継続です。

最後の「とばそ」
ここは可愛らしいスタカートでお願いします。

ソプラノ2段目 やね「ま」で
最近多用している「運梯」ですが「ま」のレの音でしっかり音がつかめると、その後が良くなります。



◆カーロミオベン
ずいぶんと歌い込んできましたが、基本に戻って歌詞のリズム読みや母音唱を中心に行いました。
ここからさらにステップアップするには、発声を良くしていくことが必須だと思っています。

ソプラノ
P35の2段目の2小節目
P35の4段目の1小節目
ポルタメントでラ→レへ上がるところ。探りさぐり進まず、スポーティにポンと上がってしまいましょう。

アルト
五線の中のシ・ドあたりの声の響きが課題だと思います。ハミングの時の感覚などを思い出して豊かな響きを目指していきましょう。



◆川の流れのように
2番が不慣れな感じがしました。練習不足なのかもしれません。2/16には2番を集中的に練習します!

アルト歌い出し
しら「ず」、「ながい」
運梯を意識して、準備をしてから揚がるようにしましょう。

ソプラノ・アルト12~15小節
ふりかえれば~みえる
ユニゾンですね。とてもキレイに歌えた時がありましたよ。大切に丁寧に歌いますが、遅くならないように。

ソプラノ
18小節目ドラシ「ド」
2拍伸ばしますが、後半で音が下がることがあります。
19小節目シ「レ」
運梯を意識して音を支えましょう。

アルト
16~20小節
でこぼこみちや~みち
ユニゾンになった後、再びアルトが主旋律になります。印象的に歌いたいところです。
16~17小節目「でこ」
シ→シの跳躍
19小節目まが「りく」ねった
ソ→シの跳躍
しっかりと聴かせたいところです。

P6~7
歌詞のリズム読みをすることで、ソプラノとアルトの関係(構成)が見えたと思います。
例えば、27~28小節目
ソプラノかわのながれの
→アルトかわのながれの という流れ。

30~32小節目
アルトじだいはすぎて
→ソプラノいくつもじだいはすぎて

畳み掛けるようなフレーズの出現が、うねり=川の流れを表しているようですね。



◆うぐいす
先週の復習をしました。
歌い出し~8小節目
少し前進感があると良いと思います。
9小節目の「はるの」に向かっていく
感じです。

11小節目 に「お」わせて
リズムを出すためにもちょっと言い直すように歌って下さい。

2番も同様です。
29小節目の「うちゅう」へ向かって少し歌い進みましょう。

31小節目 し「ん」とする
ハミングだと思って、nをしっかりと響かせましょう。

インフルエンザや風邪がはやっています。
気をつけて下さいね!



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。

b0345420_00021009.jpg

[PR]
by kannochie | 2018-02-03 21:52 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

18'1.26さくらの会練習ノート

《ご連絡》
次回は、しゃぼん玉・うぐいす・カーロミオベン・川の流れのように を練習する予定です。



《練習曲目》

うぐいす
となりのトトロ
さびしいカシの木


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
スタカート
ハミング(ドレミレド)
レガート ma(ドレミレド)
レガートno(ドミソミド)
ロングトーン

声を揃えるために、母音唱を取り入れました。効果的でしたので、継続していきます。


◆花
華やかで春らしくていいですね。寒い一日でしたが、春への期待が高まります。
音程とリズムを確認しました。リズム読みをすることで、細かいところも揃うようになりました。
そのことによって、歌詞も伝わりやすくなりますし、クリアな印象になりました。
3番の「おぼろづき」は弱く歌いますが、しっかりと「お」は発音するようにしましょう。




◆うぐいす
5~12小節目で一つのまとまりです。歌い出しを弱くPで始めることで、8小節目のクレッシェンドが活きてきます。
13~22小節目も一つのまとまりです。5~12小節目が8小節なのに対して、こちらは10小節あります。また「におわせて」の部分は長い音符が多いこともあり、短歌や俳句でいう「字余り」と技法が似ているように思います。余韻を残すように歌いたいですね。2番も同様にお願いします。

「すきとおる」を中心に母音唱をしました。文字通り透き通る歌声にしたかったのです。母音唱、とても効果的でした。声が揃うことによって、響きがスッキリとしました。


◆となりのトトロ
2人ずつ歌って頂くことに致しました。よろしくお願いします!
P12の2段目の母音唱をしました。響きが良くなってきれいなハーモニーもきこえてきました。
「トトロトトロ」は最後のロまで丁寧に歌いましょう。
P13の2段目の転調は、前回からよく言っている「運梯」を意識して。響きを手離さないように歌いましょう。
最後のuはmfくらいを目安に。弱くすることよりも響きを優先させましょう。




◆さびしいカシの木
母音唱や階名唱を取り入れながら、1・3番を練習しました。
歌い出しはユニゾンですので、歌声をひとつにまとめたいと思います。
音程や歌声の響きが揃えば、ハーモニーももっとキレイになると思います!楽しみです。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_00021009.jpg

[PR]
by kannochie | 2018-01-27 17:22 | 合唱団さくらの会 | Comments(2)

2018年3月24日の発表会で、合唱団さくらの会は「うぐいす」を演奏します。

うぐいす/ぶしかえつこ

うぐいすの こえ
すきとおる
はるのつめたさ
におわせて

うぐいすの こえ
すきとおる
うちゅうが いっしゅん
しん、とする

わかりやすい言葉で
こんなにも広がりのある
世界観を表現できる詩人って
どんな人だろう?と思いましたら
あの「きらきら星」の
作詞をした方でしたよ。


きらきら星
/武鹿悦子 詞・フランス民謡

きらきらひかる
お空の星よ
まばたきしては
みんなを見てる
きらきらひかる
お空の星よ


武鹿悦子は1928年東京生まれ。
「かなりや」「王将」「青い山脈」等で有名な
西条八十に師事したそうです。



b0345420_00021009.jpg

[PR]
by kannochie | 2018-01-27 01:54 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)