人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

風邪未遂

一昨日の朝、目が覚めると
うつ伏せに寝ていて、
マスクが外れており…喉が痛い。

うつ伏せに寝ている時は、
私は体調が悪いことが多いのです。
わわわー、これはやってしまったのか…?

すぐに吸入をして、葛根湯を飲み、
さらに生姜湯を飲むと
落ち着いてきました。

b0345420_02253803.png

私は、こちらの蒸し生姜湯を飲みました。
ちょっと甘いですが、
飲むとほかほかして助けられました。
そして、二晩しっかりと睡眠をとることで、
風邪平定、未遂に終わりました。

ホントに乾燥注意!最近の私の
眼の充血も乾燥が原因だそうです。
インフルエンザも猛威をふるっています。
免疫力上げていきましょう!


b0345420_02151663.jpeg


さて、風邪が未遂で終わり
今日は、2/16ミニ音楽会の稽古でした。

金子みすゞコンサートのほうも
4校決まりました。ありがとうございます。
児童の皆さんに会うのが、今から楽しみです。












by kannochie | 2019-01-30 02:10 | メンテナンス | Comments(0)

一年時計

1年を0~12時の12時間に圧縮した時計
名付けて「一年時計」を考えてみました。

明日は0時53分。
早いなぁ…もうすぐ1時。
つまり、1月が終わるのですね。

明日の活力のために
今日は早寝しよっと!
一年で一番寒い時期
インフルエンザもはやっていますので
皆様もどうぞお気をつけて。



b0345420_23273717.jpeg


















by kannochie | 2019-01-27 23:25 | わかりやすく伝える | Comments(2)

19'1.25さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
となりのトトロ
ビリーブ
砂山
ローレライ

★となりのトトロ
P13の2段目の転調
「トトロトトロ」は、2回目のトトロも
しっかりと歌うという意識を持って。

ソプラノ
P14の1段目の4小節目
「こ『ど』も」のミの響きが
広がらないようにしましょう。
細い声を出すつもりで。  

P14の2段目の1・2小節目
「『に』だけ」のレの音が下がらないように。
「あ『な』たに『お』とずれ『る』」の
ドとミの音で支えを意識すると
歌いやすくなると思います。

最後の3声のハーモニーは、
よくなってきましたね。
音程とバランスをもう少し修正していきます。



★ビリーブ
P6の2番 まだ不慣れ感じがして、
歌詞に振り回されています。
1番とリズムが違うところなどは、
丁寧にさらっていきます。

P8の2段目 2声で歌っていたのが、
ここでユニゾンになります。
これまでと同じ強さで歌うと、
強すぎてしまいますので、
mpくらいで歌ってください。

P10はパート練習をして、よくなりました。
ソプラノは、階名唱と母音唱が効果的でした。
ファとミの音が下がらないようにしたいです。
それができるようになったら、
やや弱く歌えるようにして、
アルトを引き立てていきましょう。

アルトは、主旋律ですのでのびのびと
おおらかに歌ってください。


★砂山
1番 慎重に歌おうとし過ぎると、
息が足りなくなることがあります。
少し歌い進む意識を持つと良いと思います。
4小節で一つのまとまりという、
大きなフレーズと捉えてください。

ソプラノ
下降形のメロディーの時に注意が必要です。
支えながら降りてくるようにしましょう。

アルト
ラとシの響きが重くて、こもる感じがします。
ちょうどチェンジボイスに当たるのだと思いますが、
頭声を意識してみて下さい。

Gの部分 歌い出しで遅れないようにしましょう。
お二人それぞれによく歌えていますから、
少しずつ揃えられるとより良いと思います。

★ローレライ
歌い慣れてきて、ちょっと雑に感じるところが
ありましたので、階名唱や母音唱・
リズム読みをしました。

P11の3段目「ころわびて」
P12の1段目「えはそぞろ」
この辺りで少し遅れることがありますので、
気をつけてみて下さい。


合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。

童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。




b0345420_00021009.jpg















by kannochie | 2019-01-27 01:29 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

カフェブレニーミニ音楽会vol.34の練習も

『花糸*紡ぎて』の公演や
みすゞコンサートの記事が
多くなっていますが
2/16(土)ミニ音楽会の準備も進んでおります。

カフェにピアノが入りましたので
ロッシーニ作曲のダンツァを
プログラムに入れてみました。

電子ピアノの時に一度演奏していますが
ピアノなら更に盛り上がるかな と。

ロッシーニの歌曲集 「音楽の夜会」より
『La Danza~ナポリのタランテッラ』は
恋人をダンスに誘う歌です。

b0345420_01531482.jpeg


月は海の真上
恋人よ、踊ろう
ダンスにピッタリの時間だ…!

















by kannochie | 2019-01-25 01:49 | カフェコンサート | Comments(0)

いけしずこ作詞・三木稔作曲の「おと」

3/3(日)花糸*紡ぎて公演
「本と音楽4」の第2部では、
工藤直子 作詞、三木稔 作曲の
<のはらうた>を聴いていただこうと準備中です。

b0345420_01380669.jpg


こちらの「おと」という作品は、
いけしずこさんの言葉を
詩人の工藤直子が書き留めた
ということになっています。
楽しくなりそうですv(o´ з`o)♪






















by kannochie | 2019-01-24 01:20 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

迷走していたフェナーレが決着

昨日1/21は花糸の稽古でした。
10時半から4時間稽古をして
「蜘蛛の糸」も形になってきました。
課題は山積みですが、やっぱり楽しいです。

さて、3/3(日)の花糸公演第2部では
春らしい曲を揃えました。
第1部の蜘蛛の糸が重い内容なので、
2部は春らしくて、楽しい曲や
よく知られている曲をお届けします。


b0345420_11181092.jpeg



クラリネット・ピアノ・朗読・歌の全員で
フェナーレを飾れるようにと苦心しました。
これまでの稽古で3度ほど保留になりましたが
今回の稽古でようやく決着。
次回の稽古でもう一度確認をして確定します。
『コラボユニット 花糸*紡ぎて』
ならではのフェナーレにしたいと思っています。



b0345420_10542163.jpg


b0345420_01531158.jpg












by kannochie | 2019-01-22 10:49 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

2019年1月20日敬老園コンサート

昨年のブログや
保存しているプログラムに書き込んだ
反省・改善点を読み直して
今年のプログラムを組みました。

季節にこだわり過ぎずに
よく知られている曲を盛り込むこと。
あまり知られていなくても
(有名なほうがより良いけれど)
高い音できかせる曲も入れること。
などなど…こんなことを意識して
演奏曲目を決めました。

昨年、園長先生からリクエストのあった
アメイジンググレイスも歌いました。
それまでは一緒に歌ったりしていた皆さんが、
しーんと静まって集中して聴いてくださったのが
とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

b0345420_22252858.jpg


そして、明日は花糸公演の稽古…!
本番終わってから、
3時間も練習したのは、初めてかも103.png

インフルエンザが はやっています。
どうぞお気をつけくださいね。


昨年のコンサートの記事です↓↓





















by kannochie | 2019-01-20 22:20 | コンサート | Comments(0)

19'1.18さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
ビリーブ
花は咲く
となりのトトロ
鞠と殿様

★ビリーブ
歌い出し たとえばきみが~ の「え」の音が
下がらないようにしましょう。
そのためには、支えの準備をしてから
歌い始めることが必要です。
また、「がー」のように伸ばす音は、
遠くに声を飛ばすイメージを持ち続けると
うまく支えられるようです。

ソプラノ
「そばにいて」の「て」
「支えてあげるよ」の「あげるよ」の音程も
不安定になりがちですので、
響きを意識して歌って下さい。

アルト
P9ハミングのドの音が下がりやすいので
気をつけて下さい。
優しく温かな空気をブレスすると、
優しい気持ちの伝わる曲になってきました。
このブレスを忘れず、
いつも新鮮な気持ちで歌えるといいですね。
どの曲にも言えると思いますが、
歌い出しで聴き手をひきつけられるようにしたいですね。


★花は咲く
この曲も歌い出しが大切です。
ユニゾンで始まりますので、
声の響き・質を揃えたいと思います。
丁寧に歌おうとすると、テンポが遅くなります。
フレーズの終わりを意識して、
歌い進むようにすると良いと思います。
そのための方策として、
Bの「ゆめ」「じぶん」という言葉に向かって
歌うようにして下さい。

ソプラノ
Cでは「だれかの~」が2回ありますが、
2回の「だれかのえがお~」がスタミナ不足の印象です。
少ししっかり目に歌って頂きたいです。

アルト
Cのラ♭シラ♭シラというメロディーの
♭シを少し高めに歌ってみて下さい。


★となりのトトロ
P10の2段目 a 3部になるところは、
fと表示が ありますが、
今は声の大きさよりも響きを優先させて下さい。
美しいハーモニーがきこえてくると思います。


★鞠と殿様
通して一度歌いました。
各番の場面やキャラクターを確認できました。
今後は細かい部分を仕上げていきます。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので 思い立った時、
気軽にお越しください。


b0345420_00021009.jpg


















by kannochie | 2019-01-19 23:11 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

真冬の「夏の思い出」

昨日は蜘蛛の糸の勉強会と
今週末の敬老園コンサートの稽古
というダブルヘッダーでした。

敬老園では
クリスマスや新年会に呼んでいただくので
季節にこだわっていると
聴いてもらえない曲が出てきます(T^T)

そこで今年は思いきって、
真冬の「夏の思い出」です!



夏の思い出
江間章子作詞・中田喜直作曲

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬 遠い空
霧のなかに うかびくる
やさしい影 野の小径

水芭蕉の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり

石楠花色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空




b0345420_22512249.jpeg



















by kannochie | 2019-01-17 22:47 | 練習・稽古 | Comments(2)

蜘蛛の糸あれこれ

「蜘蛛の糸」の勉強会をしてきました。
今日の収穫をご紹介します。

101年前の1918年、鈴木三重吉は
児童向けの文芸雑誌「赤い鳥」を創刊しました。
そして、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」は
この創刊号で発表されました。
(画像は、Wikipediaからお借りしました)
b0345420_20525728.png


芥川龍之介にとって鈴木三重吉は、
夏目漱石門下の先輩(兄弟子)にあたるそうで
蜘蛛の糸の原稿には、
鈴木三重吉の朱筆が加えられているとか。

b0345420_20470458.jpg

また、芥川龍之介は妖怪好きだったようです。
地獄の描写がとても恐ろしげな理由が
わかったような気がしました。
子供たちへのサービスも
兼ねていたのかもしれません。
だって子供は妖怪とか、お化けとか
大好きですからね。(私も笑)





















by kannochie | 2019-01-16 20:41 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)