人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ブレニー便り(仮)

ミニ音楽会のご案内葉書を
マスターよりお客様へお送りしています。


先日の打ち上げの際、
この葉書に次回の予告のようなものを
入れてみよう!という話になりました。
その予告コーナーに
いい名前はないかしら…?と思案中です。
「ブレニー便り」って
いいと思うんだけどな。


さて、12/8のミニ音楽会プログラムですが
私としましては
高音(ドーナツのドの2オクターブ上)に
チャレンジするか

はたまた
シューベルトの魔王にチャレンジするか

あるいは
全く違う曲にするのか…

楽譜を眺めては、むむむと唸っております。
明日の車中でゆっくり考えます♪


明日はね…
山形へ日帰り弾丸旅行なのです!ヽ(*´∀`)ノ♪

b0345420_23593446.jpg

1部は満席となりました。
16時の部のご予約をお待ちしております。
(17時半終演予定です)

















by kannochie | 2018-10-30 23:44 | カフェコンサート | Comments(2)

ヨウシュヤマゴボウ

こちらは一見美味しそうな
ヨウシュヤマゴボウ。
漢字だと洋種山牛蒡と書くそうです。

山葡萄のようで何だか美味しそうですが
毒があるから食べてはいけません。
これ見るとね、秋だな~って思うのです。


b0345420_23101490.jpg




























by kannochie | 2018-10-29 00:46 | 季節・季語 | Comments(2)

地域新聞に掲載されています。

10/26号(10/25配付分)に
チケットプレゼントの記事を
掲載して頂きました。

b0345420_22113037.jpg


1部・2部、各1組2名様ずつ
合わせて4名様をご招待致します。
応募は11/1(木)23:59まで。
詳細はこちらをご覧ください。



隣の記事のインパクトに競り負けましたが(^o^;)
よろしくお願いします。
b0345420_22122357.jpg



1部は13時・2部は16時より
スイーツのご提供が始まりますので
この時刻を目安にお越しください。
1部と2部は同じ内容です。

b0345420_23593446.jpg














by kannochie | 2018-10-29 00:00 | カフェコンサート | Comments(2)

さっちゃんごはんは、今シーズン初のお鍋。

お仕事の後、さっちゃん邸へ
お邪魔して夕飯を頂きました。

b0345420_23045053.jpg

お鍋をリクエストしたら
キムチ鍋でした~~(о´∀`о)♪
コチュジャンとナンプラーを
加えるのがさっちゃん流。
美味しかった!ご馳走さまでした。


こちらはパンダ小皿。
お醤油を注ぐとパンダの姿が浮かび上がります。
喜んでもらえて良かった♪

b0345420_23055597.jpg




さて、今日の話題は…
富岡シルク石鹸
小学生のSNS利用
心の風邪
カフェブレニーミニ音楽会
カフェブレニードラマ出演
中学受験
屋久島~縄文杉の旅
会いたい人に会わなきゃ
西郷どん太ったね、スゴーイ!
パンダぴあ(パンダ写真集?)
大学推薦入試
ご近所キッズのハロウィン♡
学校と塾と不登校
ナンプラーが無いよ
卒業生
物忘れ
フランス料理店生演奏ギャラ
なっちゃんスイーツ
健康診断予約取れず…3月に
八千代市長と教育長
宝塚のエリザベート
隠し味はネギ油

今日も様々な話ができて楽しかったです。
明日からもまた頑張れます~♪







































by kannochie | 2018-10-28 23:03 | 集い | Comments(0)

18'10.26さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
花は咲く(音取り)
鞠と殿様
ローレライ


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma-a(ドレミレド)
スタカートa(ドレミレド)
ロングトーンla
レガートno-o(ドミソミド)

季節の変わり目のせいか、声があまり響いていないように思いましたので、しっかり発声練習をしました。



★花は咲く
音取りをしていく中で、だんだん声が出てくると思い、はじめに「花は咲く」を練習しました。

ソプラノ
Fの「はなは はなは」
副旋律になります。アルトを引き立てるように、歌いましょう。
♭シより高い音は、頭声を意識して歌って下さい。響きが重くならないといいですね。

Dの2小節目はなはさく
音が高くなるので歌いにくくなって、そのために音楽の流れが滞りやすいところです。
前へ歌い進む気持ちでお願いします。

Dの2~3小節目いつかうまれるきみに
ここは丁寧に歌ってください。
Dの5~8も同様です。

アルト
アルトはラの音で響きが重くなりやすいので注意してください。



★鞠と殿様
P32~33
符点のリズムで弾み過ぎると、言葉がわかりにくくなりますので、気をつけて下さい。

ソプラノ
P33の1段目 ぎょうれつ
乱暴に聴こえることがあります。丁寧に歌いましょう。

P33の3段目 やっこらさ
高揚感を保ったまま歌ってほしいです。

P35の2段目 もしもし~
12才くらいの可愛らしい少女のつもりで歌って下さい!


アルト
P35の2段目 ころりころり
お殿様のセリフだと思って歌って下さい。

P36の1段目 わたしに~
ここは少女を応援する町の人びとの声援のイメージです。合いの手で「応援」の気持ちを表現していきます。


ソプラノ
P36の3段目~P37の2段目
おかごは~もどりゃせぬ
母音唱をしました。ゆっくりになるので、よく響く声で歌いたいところです。



★ローレライ
クールダウンとして歌詞で歌いました。安定してきたと思います。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。


b0345420_00021009.jpg















by kannochie | 2018-10-27 01:50 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

19'3/3(日)花糸公演2部~のはらうた

今日は、コラボユニット花糸紡ぎての
のりかさんと打ち合わせ。
2019年3月3日(日)の花糸公演<本と音楽4>の
2部の内容を相談しました。

先日の稽古で、
1部が<蜘蛛の糸>という重い内容なので、
2部は春の庭をテーマに構成しよう
ということになったのです。
するとのりかさんが閃きました。
<のはらうた>というピッタリの本がある!

あ💡その<のはらうた>歌ったことがある!
しかも詩と歌を組み合わせた構成で。
(=花糸にピッタリ)と私。

このように話が弾みまして
具体的な構成の原案を
今日、二人でまとめたのです。
次の稽古で試してみることになりました。



さて、<のはらうた>とは
工藤直子さんの詩集です。
b0345420_00492595.jpg





私が歌ったことがあるのは
作曲家三木稔先生の作品。
b0345420_01262988.jpg



「のはらうたのできたわけ」
という文を工藤直子さんが書いていますので
少しご紹介を。



あるひ のはらむらを
さんぽしていますと、
かぜ みつるくんが みみもとを
とおりぬけていきました。

とおりぬけながら 
はなしてくれたことばが、
うたのようでした。
「まるで うたみたい」
「そうかい そうかい」
「かきとめておこうか」
「たのむぜ」
 
(略)

そのうたが たまって 
ほんになったのが、<のはらうた>です。

(略)

わたしは せんたくをするとき
のはらうたをうたいながらやると、
ちょうしがでます。

あなたもいかがですか?

のはらみんなのだいりにん
くどうなおこ






打ち合わせの後、久し振りに岩盤浴へ。
身体が軽くなりました♪
b0345420_00573201.jpg



























by kannochie | 2018-10-26 00:45 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

「霜降」と聞いて思い出すのは《恋はやさし 野辺の花よ》

10/23は二十四節気の
霜降(そうこう)だそうです。
秋が深まり、朝晩冷えるようになって
初霜の降りる頃。

霜降と聞いて
先日のカフェブレニーミニ音楽会で歌った
恋はやさし野辺の花よ
を思い出しました。
ここの歌詞が好きなんです。

『疑いの霜を 冬にも置かせぬ・・』

寒い季節にさえ
疑いという霜を降りさせない
という意味ですよね。




さて、今日は寒くて
今シーズン初のコートだったのに
クレミアに誘われました~♡

b0345420_02083566.jpg


b0345420_02090012.jpg


あ。今日はモルの日でもあるそうですよ。
高校化学で習うモル計算。
1モルの粒子数が
6.02×10の23乗個(アボガドロ定数)
であることから
10/23がモルの日だとか…!























by kannochie | 2018-10-24 00:49 | 季節・季語 | Comments(0)

八千代台でコーヒーブレイク

八千代台で美味しいコーヒーが
飲みたくなって
ふと''Cafeふくろう''を
思い出しました。

b0345420_02063661.jpg



大好きなマンデリンを注文しました。
b0345420_02070947.jpg


コーヒー味のお菓子が苦手なので
コーヒーシフォンは
残念ながらパスしましたが、
2杯分のコーヒーと
ふくろう形のサクサクお菓子がついて
500円はかなり嬉しい110.png
























by kannochie | 2018-10-23 02:05 | ちっちゃな独り言 | Comments(0)

70日

今年も残すところ70日だそうです。
毎年、師走になってから慌てるので
今年やっておきたいことを整理して
残りの70日をどのように過ごしたいかを
考えてみました。



10月の私

気を抜かず
調子に乗らず
地味だけど手を抜かない
こういうことを大事に進もう。

『自分なりに大事にしてきたことは
これなんです』と自分の言葉で
自分の仕事を伝えられるようにしよう。
そして、理解してもらえるよう努めよう。





11月の私

テンションが低かったり、
勢いに乗りきれなかったりしたら
人生もったいない。

喜びにも悲しみにも浸りすぎず
ただただ今日を駆けよう。

そのために体調を管理して
弱音も吐きつつ、
覇気と野心は持ち続けよう。




大好きな秋桜に見守ってもらおう♪

b0345420_11441207.jpeg



12月の私は10・11月次第。
11月にもう一度整理しようと思います。




























by kannochie | 2018-10-22 11:41 | 大切なこと | Comments(0)

魔王って何なの?とずっと疑問でした。

ゲーテの作品<魔王>は
様々な作曲家が曲をつけていますが
シューベルトの作品が
一番有名でしょうか。

最後には子供が
亡くなってしまうという
ショッキングなこの詩は、
デンマークの伝説を基に
書かれたそうです。

ドイツ語のタイトルErlkönig
(和訳ハンノキの王)はゲーテの造語で、
語源は「妖精の王」
を意味するデンマーク語
ellekonge、elverkongeです。

デンマークの伝説の中で
魔王は死の前兆として登場し、
魔王が苦しい表情であれば
苦しい死が
穏やかな表情であれば
穏やかな死が
訪れるのだそうです。



ある晩、友人宅を訪れたゲーテは
馬に乗った人影が
何かを抱えて急ぐのを見たといいます。

翌日、その人影は
病気の息子を医者へ連れて行った
農夫だったと知り、
この出来事とデンマークの伝説から
ゲーテの<魔王>が誕生しました。


写真はハンノキの林。
父親はこんな道を急いだのでしょうか。。

b0345420_01334835.jpeg




































by kannochie | 2018-10-21 01:31 | カフェコンサート | Comments(2)