<   2018年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

秋と春が一緒に来た

今年のミカンは豊作で
きっと間引きが必要なレベルなのですが
庭のミカンということで
一つひとつが愛しくて、
そのままにしておりましたら
みっしりと青く実りました。

b0345420_00441444.jpg

門を出るときには
ミカンの枝の下をくぐらなくてはなりません。

たまに頭をゴチンと
ミカンにやられますヽ(゚Д゚)ノ

そのすぐ脇には
なぜか咲いてしまったツツジ…

b0345420_00452210.jpg


春が来たと勘違いしてしまったんだよね。
ツツジさん、台風なんて初めてでしょ?
明日は荒れるらしけど
ツツジさん、大丈夫かしら。
皆様もどうぞお気をつけて。






















[PR]
by kannochie | 2018-09-30 00:42 | 季節・季語 | Comments(0)

18'9.28さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
ローレライ
Lascia ch’io pianga
小さい秋みつけた
鞠と殿様
砂山/中山晋平


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma-a(ドレミレド)
レガートno-o(ドミソミド)
スタカートa(ドレミレド)
レガートa(ドレミファソファミレド)


★ローレライ
歌い進むうちに良くなるので、
歌い始めからそうできるといいですね!

最後の部分
ハミングで歌うと美しいハーモニーが聴こえてきます。
母音唱や歌詞でもそうできるよう頑張りましょう!


★Lascia ch’io pianga
前回よりも集中力や緊張感があって
良かったと思います。
高音や音が跳躍するときには
支えをしっかりと準備して歌うようにしましょう。


★小さい秋みつけた
P62の3段目の3小節目~
P63の2段目の2小節目
1・2番の母音唱を全員でしました。
全員で歌うことはうまくいかない部分を、
それができる人と歌って「疑似成功体験」を
していただくことが、狙いの一つです。
とてもよくなったと思います。


歌い出し だれかさんが だれかさんが・・
リズム・発音が不揃いでしたので、母音唱をしました。
その後は揃っていたと思います。

ソプラノ
シの音はフレーズの後半で崩れることが多いので、
支えをより意識していきましょう。


アルト
P62の3段目の3小節目
ア(レミファソミ)
ファの音は高めのほうがきれいです。


★鞠と殿様
最後まで音取りをしました。
これからが楽しみですね!


★砂山/中山晋平
一度だけ歌いました。
上の段を歌ったり、下を歌ったりしますので、
気をつけて歌ってください。


合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg
























[PR]
by kannochie | 2018-09-29 01:05 | カフェコンサート | Comments(0)

中学校で英語を教わったヨシオ先生が、自宅にホールをつくっちゃった!

ヨシオ先生と奥様の
長年の夢だったという
音楽ホールが完成したそうです。

b0345420_02061837.jpg

50席で、天井が高くて
響きの良いホールです。
ピアノはスタインウェイ。
ちょっぴり弾かせてもらいました。
(ピアノが弾けたらな…!!
とこういう時に思います(^o^;)

奥様も天国から
このホールを見てきっと
喜んでいらっしゃると思います。

ヨシオ先生
おめでとうございます♪ヽ(´▽`)/



























[PR]
by kannochie | 2018-09-28 02:03 | ハッピー | Comments(0)

彼岸明けのおはぎ

思いがけず
まだ温かい手作りの御萩を
いただきました。美味しかったぁ。

b0345420_00361040.jpg


三月のお彼岸まで、また頑張ります!と
ご先祖に伝えようと思います。















[PR]
by kannochie | 2018-09-27 00:32 | 季節・季語 | Comments(0)

19'3/3(日)花糸公演の2部のイメージは春の庭

今日は花糸の稽古でした。
音楽物語「蜘蛛の糸」の稽古後、
2部の内容を決めました。

春の庭をイメージした
ステージになりそうです。

b0345420_01433394.jpeg

楽しみですが、
蜘蛛の糸をたぐって
まだまだ登っていかなくては…!























[PR]
by kannochie | 2018-09-26 01:42 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

【難読語】萼と蕊はなんと読むでしょう?

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の
始めと終わりの場面が好きです。

b0345420_01034885.png


・・・しかし極楽の蓮池の蓮は、
少しもそんな事には頓着致しません。

その玉のような白い花は、
御釈迦様の御足のまわりに、
ゆらゆら萼を動かして、
そのまん中にある金色の蕊からは、
何ともいえないよい匂いが、
絶間なくあたりへあふれております。

極楽ももうひるに近く
なったのでございましょう。

大正七年四月十六日














萼=がく
花びら付け根、最も外側にある
緑色の小さい葉のようなもの。

蕊=ずい
訓読みは、しべ。
おしべとめしべのこと。


明日は花糸の稽古。
頑張るしかない…!



























[PR]
by kannochie | 2018-09-25 00:59 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

2018年 秋分の日

昼と夜が同じ長さになるのは
正確には4日ほど先のようですが、
太陽が真東から昇って真西に沈む日が
今日、秋分の日です。

b0345420_00160978.jpeg

時間が「できたら」ではなく
時間を「作って」行きたいと
思っているのが
父の故郷の山形県南陽市
赤湯という温泉町です。

祖父母のお墓参りをして
お世話になった
宮内の皆さんに会って
願わくば温泉に入って
美味しいお酒も少々。


























[PR]
by kannochie | 2018-09-24 00:14 | | Comments(0)

ハゼノハ赤くて入日色・ちいさい秋みつけた

昨日、さくらの会練習ノートを書いていたら
友人が覗きこんで
「ハゼノハ?ハゼって魚じゃないの?」と。

こちらが赤く色付いたハゼノハです。

b0345420_18590068.jpeg


このハゼノハからインスピレーションを受けて
「ちいさい秋みつけた」の詞が
誕生したそうです。






















[PR]
by kannochie | 2018-09-22 18:58 | 季節・季語 | Comments(0)

18'9.21さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
ローレライ
Lascia ch’io pianga
小さい秋みつけた
砂山/中山晋平
鞠と殿様



《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートma-a(ドレミレド)
レガートi・e(ドレミレド)
スタカートa(ドレミレド)



★ローレライ

ソプラノ
P17歌い出し
なじかは「し」らねど
P17の3段目の3小節目
むかしの「つ」たえ
のドの音は充分に準備をしてから歌いましょう。

P18の2~3段目
a(ソドシレ)安定して歌えるように、
スタカートとレガートの両方で練習しました。


アルト
ファ~ラの響きがやや重かったので、
頭声を意識して歌いましょう。
特にP20の3段目~P21の1段目
くすしきちからに
は、ファ~ラが続きますので、
柔らかい声で歌えるようにしたいです。


★Lascia ch’io pianga
ソプラノ
Dの3小節目
questeが切れてしまわないよう、
レガートで歌って下さい。

今日は声は出ていたと思いますが、
集中力や緊張感がもう少しあると
もっと良かったと思います。



アルト
Bの3~6小節目
e che sospiri la liberta
ここもファ~ラが続きます。
響きが重くなると目立つところですので、
鳴りの良い声を目指したいと思います。





★小さい秋みつけた
3番とコーダを中心に練習をしました。

P62の3段目の3小節目~
P63の2段目の2小節目
母音唱が効果的でしたね。
次回は1・2番も母音唱をします。


ソプラノ
最後の「みつけたー」の「たー」で
音が上がっていくつもりで。

歌い出し等のシの音は、前回のほうが
良かったでしょうか。
より丁寧に歌ってみて下さい。


アルト
P62の3段目の3小節目
ア(レミファソミ)
強すぎないようにしましょう。
ファの音に向かって<>のフレーズを作って下さい。



★砂山/中山晋平
アルト
音が高くて大変ですが、発声練習で
少しずつコツをつかんでもらえたらと思っています。

Eの3~5小節目
ぢりまたあれる
ソの音でも頭声を意識すると、
その後が歌いやすくなると思います。

Iの1小節目
うみよさよなら
レミの音がしっかりと出せるように練習していきます。


ソプラノ
Iの4小節目 さよな「ら」
伸ばし加減がわかってきたように感じました。
長すぎて思わず笑いも出ましたが(申し訳ありません)
そのようにやってみたことで感じが掴めたのだと思います。
これからもこのようにお願いします!


★鞠と殿様
1~2番の復習をしました。
次回も復習をしてから、3番へ進みます。

クールダウンのハミング、次回はやります!



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
イタリア古典歌曲などの名曲にものんびりと
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、
気軽にお越しください。

b0345420_00021009.jpg


[PR]
by kannochie | 2018-09-21 21:18 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

低温多湿が苦手です。

暑いのか寒いのか
よくわからないので
半袖に革ジャン+マスク(風邪予防)
という装いになりました。

b0345420_11440633.jpg

季節の変わり目で
体調を崩している方も多いので
どうぞご自愛下さい。

さくらの会の練習へ行ってきます(*^^*)




























[PR]
by kannochie | 2018-09-21 11:43 | ちっちゃな独り言 | Comments(4)