カテゴリ:大切なこと( 68 )

ナミダのちハレ

7年前に突然逝ってしまたった友は
1985年4月8日生まれ。
今日は33回目のお誕生日。

b0345420_23200810.jpg


ご両親からこのネコバスとお花の
お返事が届きました。

お嬢さんを思い出しながら
千葉を旅されたそうです。

健康第一で目標に向かって
進んで下さいとありました。

ハイ!そうしまーーーす!!
私のほうが励まされて
元気をもらっちゃったな(^o^;)
ありがとうございます。



[PR]
by kannochie | 2018-04-08 01:24 | 大切なこと | Comments(0)

心が決まる。心を決める。

進むか、やめるか、
またの機会にするか…
迷ってた心が決まった。
進むことに決めた。


周りにちょっと甘えて
よしよし(--、)ヾ(^^ )と
されたかったのかも
しれない

与えられた道ではなく
自分で選んだ道として
進みたかったのかも
しれない

ただウダウダしたかっただけ
かもしれない


「後でやるなら今やったほうがいい」
という簡潔な言葉で
私の気持ちはごとりと動き出したのだ。


b0345420_23431687.jpg

さっぱりとした気分で
遅めの朝食、いただきまーす。

明日は金子みすゞコンサートです♪

[PR]
by kannochie | 2018-02-27 23:40 | 大切なこと | Comments(0)

命短し 恋せよ乙女

俳優の大杉漣さんが亡くなった。
魅力的で素敵な役者さんでしたよね。

こんな時に思い出すのは
命短し恋せよ乙女…
「ゴンドラの唄」の冒頭です。



ゴンドラの唄と言えば
黒澤明監督の映画「生きる」で
主人公がブランコに乗って
歌うのが有名ですが、この「生きる」が
ミュージカルになるそうですね。
主演は市村正親と鹿賀丈史のダブルキャスト。
宮本亜門演出。



命短し恋せよ乙女…
「恋せよ」のところは
「夢中になってやりなさい」と
読み換えてもいいのかな、と。
さしずめ、私なら
命短し歌えよ菅野
というところでしょうか。



昨年春の庭の花を添えます。
b0345420_00121869.jpg


b0345420_00131543.jpg


命短し恋せよ乙女
明日の月日のないものを





[PR]
by kannochie | 2018-02-22 00:11 | 大切なこと | Comments(2)

2018年からは優しさを受け取れる人になる。

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりまして
本当にありがとうございました。


年賀状の印刷屋さんが
昨年末に頑張ってくださったので
予定よりもずっと早く印刷が上がり
お陰様で大晦日までに
年賀状を仕上げることができました。
こんなところでも「お陰様」です。

まだどなたのところにも
届いていないと思いますので
年賀状初出しになりますね。

b0345420_12511604.jpg


私は何でもかんでも
「自分でやれますから…!」と
優しく差しのべてくれる手を
うまく握り返せないことが多いのかなと。
これからは「ありがとう」と
素直に手を取れる人になりたいな。

頂いた年賀状には
地元でも歌って欲しいというお声がちらほら。
有り難いことです。
ぜひ歌いたいと思っています。
今年もたくさんの方に
音楽を届けられますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって2018年も
素敵な一年となりますように…♪




[PR]
by kannochie | 2018-01-01 12:42 | 大切なこと | Comments(8)

今年の写真12枚をセレクト。デザイン初挑戦。

花糸*紡ぎての公演で
印刷物のデザインに初挑戦しました。

《花糸*紡ぎて》とは・・
本と音楽など、様々な分野と音楽との
コラボステージをお届けするユニットです。

b0345420_00182053.jpg

自主公演の他、
図書館でのコンサートなども行っています。

b0345420_23123365.jpg

先日の図書館コンサートでの1枚。
クリスマスツリーの飾られた図書館を取材する
レポーターをイメージしてみました。






やってみたかったこと、つまり
できるようになりたかったことの一つに
チラシ等のデザインがありました。

そして、今年 初挑戦しました゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
デビュー作品はこちら↓↓↓

b0345420_00214324.jpg

大事だと思うことを大きな文字に
したつもりなんです。
そうしたら
全部大きな文字になりました。
その結果何が大事なのか、
何を伝えたいのかが
全くわからないチラシになりました。

まるで「貼り紙」です(^o^;)
え?貼り紙に失礼?
ホントそうですよね。

パソコンの画面だけを
見つめていると
わからなくなってきて…
紙に印刷してみたら
あらら~残念(>_<)だった訳です。


その後、何度か修正してこのようになりました。
この際ですから並べてみますかね(^o^;)

b0345420_00214324.jpg

b0345420_00204822.png




チケットは
紙代&ミシン目コミコミで2,000円也。
便利な時代になりました~。

地図を入れること
左から右へだんだん色濃くなる
グラデーションにすること
この2点にこだわってみました。

b0345420_00234996.jpg




そして、「しおり」です。
お客様へのサービスと
他の演奏会との差別化を図って
事前にプログラムと解説を
お渡しすることにしたのです。


こちらが原案。
まず作ってみて色々検討中です。
b0345420_00250547.jpg




このような形になりました。

b0345420_00254830.jpg


喜んで頂けましたので
続けていきたいと思っています。
当日のプログラムは
簡単なもので済むのも利点です。


デザインは、というより
パソコンはわからないことが多すぎて
時間がかかりましたが
とても楽しかったので
また挑戦したいと思います。


やってみなければ
何がわからないかも
わかりませんものね(^_-)♪



[PR]
by kannochie | 2017-12-29 00:15 | 大切なこと | Comments(0)

今年の写真12枚をセレクト。命短し恋せよ乙女。

宵っぱりの私…早起きはツライよ。
低血圧のせいということになっています。

若い頃に聞いていた通り、
お年頃の同世代が集まると
健康の話が多くなりますね(^^;
腰が痛いとか
こんなストレッチがいいと
テレビでやっていたとか…笑


次の本番は無いと思って
コンサートに臨むことを
心掛けている身としては
歌うための身体作り
歌うための環境作りが大切だなと
改めて思う一年でした。



さて、この日は
6時の電車に乗るためにThe5時起き!
冬の早朝はシンとして
滅多にお目にかかれない分
荘厳でさえあります。
美しい星と月が輝く中、自転車をこいで駅へ。
空はシャッターチャンスでしたが
時間がそれを
許してくれませんでした。
…という訳で、こちらは乗換駅での1枚。

b0345420_09001756.jpg


急速に変わっていく空の色を
まばたきを惜しんで呆けたように見つめました。

命短し 恋せよ乙女
紅き口びる あせぬまに



[PR]
by kannochie | 2017-12-28 00:14 | 大切なこと | Comments(0)

今年の写真12枚をセレクト。

今年の12枚を選びながら
今年やれたこと
来年に持ち越すことを考えました。

そして、それを年賀状にしてみました…あ。
今日注文したので31日に印刷が仕上がります。
ゆっくりお待ちいただけたら嬉しいです。

2017年1月20日には
千葉にも雪が降ったのですね。

b0345420_11265907.jpg





こちらは2017年元旦の夕暮れの写真。
お気に入りです。
年賀状を見直す時期とブログに書いていますね。




この夕焼けを眺めながら
ゆとりのある生活・手紙を書く!と
元旦の私は思ったようです。

b0345420_00195692.jpg


ゆとりとは縁遠い生活でしたが
それでも予定外の本番や出来事に
なんとか対応できたので
良しとしたいと思います。


手紙はコンサートのご案内や
お礼状が中心でしたが、
お返事を下さるかたがあったので
季節の葉書や切手を揃える楽しさも手伝って
いくつかしました。


来年のことは
これら12枚の写真とともに
今年を振り返ってから、
ゆっくりと考えることにいたしましょう。

















[PR]
by kannochie | 2017-12-26 23:55 | 大切なこと | Comments(0)

スマホばかり見ていると

気乗りしないまま
お使いに出かけました。

車窓からのおっきな夕焼けを
おみやげにもらいました。

感動の1/10も伝わらない
写真だけれど
出かけてよかったな。

スマホばかり見ていると
素敵なプレゼント見逃すよ~!

b0345420_19500798.jpg






[PR]
by kannochie | 2017-12-20 19:49 | 大切なこと | Comments(0)

<屋根の上のヴァイオリン弾き>に満足満腹幸福

久し振りにミュージカルを観てきました。
屋根の上のヴァイオリン弾き

b0345420_00462131.jpg

気分爽快です。
例えて言うなら
私というビンに入った炭酸水を
よく振ってから
栓を抜いてもらった感じ…!

伝わるかしら…?
私の感じた気分。

頭のてっぺんから
炭酸水が勢いよく溢れ出して、
それはまるで噴水のようです。




今年も私は
突っ走って参りましたが
目の前に次々と現れる
課題や本番に向かって
ただただ走ったにすぎません。

睡眠時間が減るのが
少々辛かったけれど
寝るのも食べるのも
時々忘れてしまうほど
コンサートの準備に夢中でした。
本当に楽しかったのです。
カッコ良すぎかな??(>_<)


でも、少しゆとりができて
(図書館コンサートが控えてますけどね)
このタイミングで
屋根の上のヴァイオリン弾きを
観られたおかげで

私の中に圧縮されていた
炭酸が一気に放出されるようで
これまた爽快でしたρ( ^o^)b_♪♪

屋根の上のヴァイオリン弾きは
前半がちょっと長い気もしますが
ダンス・歌・芝居・音楽の
フルコースをゆっくりと
味わうことができて
満足満腹幸福です。


[PR]
by kannochie | 2017-12-13 00:42 | 大切なこと | Comments(0)

空を眺めながら考えたこと

さくらの会の合唱練習の後、
上等な空が見えました。

b0345420_01053596.jpg

宮沢賢治に取り組んでいるせいか
「死を意識して生きる」などという言葉に
気持ちが反応します。


生命はいつ終わるのかわからない。
わからないから怖いのかな?
自分に生命の期限が与えられたら
どうなるだろう?

これからやりたいことは
まだまだたくさんあるけれど、
好きなことをやって来たし
案外、素直に期限を
受け入れられるかもしれない。
やっぱりジタバタするかもしれない。
でも1度は死ななくちゃならないのだから
それまでは、めいっぱい生きたいな。



宮沢賢治は亡くなる10日前に
教え子へ手紙を書いています。

「(略)どうか今のご生活を
大切にお護り下さい。
上のそらでなしに、
しっかり落ちついて、
一時の感激や興奮を避け、
楽しめるものは楽しみ、
苦しまなければならないものは
苦しんで生きて行きませう。」


苦しまなければならないものは
苦しんで生きて行きましょう

とは、どういう意味なのか…
今の私なりの答えを模索しています。




[PR]
by kannochie | 2017-11-25 01:04 | 大切なこと | Comments(2)