訳詞を歌うということ アルゼンチンよ、泣かないで

ミュージカル<エヴィータ>から
「アルゼンチンよ、泣かないで」を
練習しています。
シャンソンとしてよく歌われるようなのですが
原語と訳詞でこんなにも意味が違うのです。


原語の和訳
(前略)
ごたごたしたけれど
私は事を起こすしかなかった。
私は変わるしかなかった。

みすぼらしい人生に
居続けることはできなかった。
窓の外を見つめ
日陰に居ることはできなかった。

だから私は自由を選び
新しいことを求めて走り回った。
でも何もなかった。
私は期待さえしていなかった。
アルゼンチンの皆さん、泣かないで…



訳詞
覚えているわ、あの日々を
はずかしめに満ちて
打ち捨てられた惨めな暮らし

悲しみの中、手を携え
私たち立ち上がったわ
自由を求めて
共にいてアルゼンチーナ…


訳詞は、まるで革命家の歌のよう(^^;
しかも原語では
「走り回った。でも何もなかった。」なのに
訳詞では
「手を携え、私たち立ち上がった」ことに
なっていて「何もなかった」という部分が
省略されているのです。

違う意味になってしまうのでは…?
という訳で訳詞を作ってしまおうかと…!(^^;


さて、こちらは昨日の稽古スイーーツ!
アンドレの高木チーズ♪

b0345420_01480918.jpg

美味しゅうございました(*´▽`*)



[PR]
# by kannochie | 2018-05-25 00:43 | 日本語 | Comments(1)

キーボードと共にお世話になっております。楽器演奏用ルーム。

こういうの、本当にありがたいです。

b0345420_00364103.jpg

カラオケ店内の楽器演奏用ルームです。
小さなキーボードと共に
お世話になることしばしば。
出先で時間ができた時に最適です(^^)b

あれれ?このポスターの楽譜
ショパンの革命のエチュードかな…?




[PR]
# by kannochie | 2018-05-23 00:35 | 練習・稽古 | Comments(0)

桜よ、大好きだったよ。

桜の季節
ここは最高の場所だった。

左手には薄ピンクの桜。
道路をはさんで右手には
小さな公園の八重桜。

ここに50戸の家が建つらしく
桜がどんどん消えていく。

b0345420_00532468.jpg


葉桜として写っている左手の桜は、
もう今は無い。

桜がみっしりと
花をつけるまでに
どのくらいの時間が
かかるのだろうか。

この桜が無くなると
知っていたなら
もっと時間を惜しんで
会いに来るべきだった。

いや、今この時は
二度と無い一瞬なのだと
知っているのだから、
この美しさを
当たり前と思い込んだ私も
やはり悪いのだ。

美しい姿をありがとう。
大好きだったよ。



[PR]
# by kannochie | 2018-05-22 00:52 | 大切なこと | Comments(0)

中学校で英語を習った先生の歌を聴きに行く。

目指すはイタリア文化会館です。

地下鉄九段下駅を出て
すぐに見えるお堀は
牛ヶ淵というそうです。

桜の季節なら
気も触れんばかりの花でしょうが、
新緑も気持ちがよいですよ。

b0345420_22470439.jpg

坂を少し上がって
日本武道館の入り口を過ぎると
千鳥ヶ淵になるそうです。

そのもう少し先に
イタリア文化会館があります。

今日は中学校の時の
英語の先生の歌を聴きに来ました。
イタリア文化会館のホールで、
発表会があるのです。

b0345420_22481269.jpg


先生の専門は英語ですが
合唱をずっと続けていらして、
昨年度はとうとう
武蔵野音大の別科で
声楽を勉強しちゃいまして
晴れて私の「後輩」となり、
今日の発表会では
柔らかいテノールに
さらに磨きがかかっておりました。

先生の奥様が武蔵野音大の卒業生
ということもあって、
かつての教え子であり
武蔵野音大出身でもある私を
ずっと見守ってくれているのです。
ありがとうございます。


先生の「卒業演奏」を大学へ
聴きに行く予定だったのですが、
あいにく本番と重なってしまって
約束を果たせず…。
やっと今日、
先生の歌を聴くことができました。

先生、すっごく上手になってまして
驚きました。(焦りました笑)
30人くらいの門下生の中で
一番良かったと思います。

先生、素敵な演奏を
ありがとうございました。
私も精進します!!






[PR]
# by kannochie | 2018-05-20 22:46 | コンサート | Comments(0)

18'5.18さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
となりのトトロ
Lascia ch’io pianga
誰かがちいさなベルをおす

《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミファソファミレド)
レガートma(ドレミファソファミレド)
レガートno(ドミソミド)
スタカート(ドレミレド)
ロングトーンla


★となりのトトロ
3声のハーモニーの練習をしました。2声ずつ練習をすると良くなってきました。
この3声のハーモニー作りを他の曲にも活かしたいと思っています。


★Lascia ch’io pianga
ソプラノとアルトの声の響きを揃えるために、ソプラノとアルトの各パートを全員で歌いました。
少しまとまったように思います。

Aの8小節
各パート内の声の響きを揃えるために母音唱を練習しました。とても良くなって、ハーモニーも聞こえてきました。
毎回8小節くらいずつ続けていこうと思っています。次回はBの部分を。

発音をしっかりすることと、レガートに歌うことを両立するのは難しいですが、この曲を練習することによってできるといいなぁと思っています。




★誰かがちいさなベルをおす
1~3番までの音程・リズムの確認をしました。

2番の歌い出しも良くなってきましたね。2番が難しいと思いますので、ゆっくり丁寧に練習したいと思います。

1番の歌い出し~4小節目の母音唱をしました。この復習と、5~8小節目の母音唱を次回は練習します!




合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_00021009.jpg


[PR]
# by kannochie | 2018-05-19 23:29 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

ラ・ボエームを巡る確執。プッチーニ×レオンカヴァッロ

6月のミニ音楽会で
プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」から
私が街を歩くと を歌います。

ラ・ボエームは
作曲家であり、台本作家でもある
レオンカヴァッロの作品と
作曲家プッチーニの作品があります。
二人は旧知の仲です。

この二人が街で偶然再会し
懐かしい昔話などをしている内に
現在取り組んでいる作品の話に
なったそうです。

プッチーニは「ラ・ボエーム」を
作曲していると言い、
レオンカヴァッロは驚き、
そして怒りました。

なぜなら、「ラ・ボエーム」は
かつてレオンカヴァッロが
プッチーニに勧めたものだったからです。
その時には興味を示さなかったので
レオンカヴァッロは
自分で作曲を始めたところでした。


喧嘩別れした後、
レオンカヴァッロは翌朝の新聞に
「『道化師』で有名な作曲家
レオンカヴァッロが
新作オペラ『ボエーム』を作曲中」
と書かせたとか。

プッチーニもこれに対抗して
新聞記事を書かせたようです。

この頃から熱い情報戦略が
繰り広げられていたのですね。


写真は私のお気に入りの画像。
プッチーニアリア集のCDジャケットです。
b0345420_01230668.jpg



[PR]
# by kannochie | 2018-05-17 01:21 | カフェコンサート | Comments(0)

刺激を求めて

映画・本・舞台・絵画・おしゃべりなどの
刺激は、マンネリ化した脳に
新鮮な風を送りこんでくれます。

時にいじけたり
他人をうらやましく思ったり
自信を失ったり…
こんな時はたいてい
他人のことばかり気になっています。
そうなると、それ以外のことが
見えなくなっていきます。
閉塞感で窒息しそうです。


そんな時の突破口が刺激です。
映画・本・舞台・絵画・おしゃべり…
これらの刺激が鈍っていた感性を
呼び覚ましてくれます。

…と、刺激を受けすぎたのか
私、どこかでまた風邪を拾ったようです。

免疫力アップにバナナが良いそうなので
さっそくバナナです。納豆も食べました。

b0345420_01284793.jpg

無くしたと思ったブレスレットが
出てきました。ヤッター!
写真は「今の私の求めるもの」


[PR]
# by kannochie | 2018-05-16 01:17 | 大切なこと | Comments(0)

明日は稽古

明日はミニ音楽会の稽古。
初めて歌う曲もあるので
不安と期待と…楽しみもあるかな。

我が家の薔薇をお伴に消灯します。
おやすみなさい。
b0345420_01104995.jpg



[PR]
# by kannochie | 2018-05-15 01:06 | ちっちゃな独り言 | Comments(0)

イタリア人は夕方から明け方までずっと歌い続けるのだと信じ込んでいました(^^;

6月のカフェブレニーミニ音楽会で
1904年にレオンカヴァッロが作詞作曲した
<マッティナータ>を歌います。
レオンカヴァッロは文学にも造詣が深く、
台本を手掛けたり
詩を書いたりしていたようです。

マッティナータは
レコード会社の依頼で作られて、
完成後すぐにカルーソーの歌と
レオンカヴァッロ自身のピアノ演奏で録音され、
レコード販売されたそうです。

マッティナータとはイタリア語で朝の意味。
セレナータ(夜曲)と対をなすのですが
「イタリア人は夕方から明け方まで
愛しい人のいる部屋の窓下で
ずっと歌い続けるのだ」と私は
信じ込んでいました(; ゚ ロ゚)

調べてみましたが、
そんな解説は見つけられず…(^o^;)
思い込み、恐ろしや~


日常からちょっと離れて
スイーツと珈琲と音楽を楽しんでみませんか?
ご予約を承っております。
カフェブレニー 047-401-1802

2018年6/9(土)13時~/16時~
パティシエ特製スイーツ
珈琲・軽食つき3,000円


下の写真は昨日の女子会で食べた
苺とリコッタチーズと小柱のパスタ。
ほんのり苺味が意外と美味しかったのです♪

b0345420_23531092.jpg




b0345420_01000070.jpg

[PR]
# by kannochie | 2018-05-13 23:52 | カフェコンサート | Comments(0)

<陽はすでにガンジス川から>♪連鎖する曲♪

6/9(土)カフェブレニーミニ音楽会
♪連鎖する曲♪で
<陽はすでにガンジス川から>を演奏します。

この曲はバロック時代のイタリアの作曲家
アレッサンドロ・スカルラッティ
(1660-1725)の作品です。

ガンジス川から昇った太陽が
早朝の露を光らせ、
草原が金に輝く様子を歌っています。

17世紀のイタリアでは、
太陽は「東方」に位置する
インドのガンジス川から昇る
と考えられていたらしいのですが
ホントかなぁ…??(´・ω・`)?

だって
1606年 ケプラーが
惑星の運動の法則を発表し、
1632年 ガリレオが
地動説を完成させ、
1666年 ニュートンが
万有引力の法則を考案してますよ。

これらの天文学的な知識は
一般的には
まだ知られていなかったのかな?

ま、いずれにしても
ヨーロッパ人にとってインドは
神秘的で憧れの場所だったのですね。


b0345420_01000070.jpg


[PR]
# by kannochie | 2018-05-13 01:37 | カフェコンサート | Comments(2)

18'5.11さくらの会練習ノート

《今回の練習曲目》
となりのトトロ
Lascia ch’io pianga
誰かがちいさなベルをおす

《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミファソファミレド)
レガートma(ドレミファソファミレド)
レガートno(ドミソミド)
スタカート(ドレミレド)
ロングトーンla


★となりのトトロ
レパートリーの一つにしたい曲ですね。
ユニゾンでは声の響きを揃える練習、2声や3声に分かれるところではハーモニーの練習ができると思います。


★Lascia ch’io pianga
Dの部分を中心に練習しました。
ロングトーンの後に入いる子音が揃うようにしましょう。
例えばDの3小節目questeは
ques-te←このように
表記されていますが、
歌う時にはque-steのように
歌うと良いと思います。


歌詞をハッキリ発音しようと思うと、
子音が長くなって
音楽が途切れてしまうことがあります。
母音をよく響かせて
裏拍もしっかり歌うようにしてみてください。

Dから8小節目
sf(スフォルツァンド)の前のクレッシェンドは、
今の段階ではあまり強くしないで、
sfで急に強くしてsiを際立たせるようにしましょう。



★誰かがちいさなベルをおす
1~3番までの音取りが一通り終わりました。
ソプラノもアルトも
2番の歌い出し~4小節あたりの音程が
取りにくいと思います。
丁寧に練習して和音になれていきましょう。
ハーモニーの練習としてハミングも取り入れていきます。



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、
合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_00021009.jpg

[PR]
# by kannochie | 2018-05-12 01:51 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

『毎日体重計に乗って記録する』これ大事。

またまた来てしまったレストラン51。
ホントに美味しいんです。
丁寧にお仕事をされていることが
ぐぐぐっと伝わってきます。

b0345420_01260069.jpg


b0345420_01262669.jpg


b0345420_01264493.jpg



ランチのお相手あっこは船橋東高校の同級生。
18'8/19のコンサートチケット
一番乗りでご購入頂き、
ありがとうございました!

あっこの息子さんは
バスケットボールチーム千葉ジェッツで
お仕事をされているそう。
お嬢さんも大学のバスケ部。
ゴリゴリの体育会系です。

バスケットの試合、観てみたいなぁ!
ジェッツはBリーグの中で
観客動員数第1位なんだそうです。
そういうところも気になります。

さて、美味しいものを頂きましたが
ゆるゆるのジョグを始めたのが良かったのか
GW増量分は戻りましたv(o´ з`o)♪ヨカッタ~!
毎日体重計に乗って記録するって大事ですね。


[PR]
# by kannochie | 2018-05-11 01:17 | 大切なこと | Comments(2)

18'6.9(土)カフェブレニー♪ミニ音楽会は30回目を迎えます。

こんなに長く続くなんて…!
ありがとうございます。

カフェブレニーでミニ音楽会を
することになったいきさつは…
ブログのどこかに書いた気もするのですが
見つからないので改めて
書いてみようと思います。

もし重複していたら
30回記念ということでお許しを。


もう5年近く前のことでしょうか。
ピアニスト佑二くんとの
デュオリサイタルのような
コンサートが終わったばかりでしたが
継続的に稽古していこう!と
つどったものの、やはり集中できず(>_<)

その時、佑二くんから
「前に話した、近所のお洒落なカフェに
行ってみましょうかー」と提案があり
「そうだね」となりました。

それがカフェブレニーだったのです。
珈琲も美味しいし
お洒落空間だし
ここでコンサートができたら
ステキだろうなぁ、と妄想。

それには、まずマスターと
話をしなくっちゃならない。
むむむ…どう話し始めよう?と考えながら
チャンスをうかがっていると…
店内にあの曲が流れ始めました。

♪白い恋人たち
https://youtu.be/J6vUmvFN80k

稽古していた曲の1つでしたので
マスターを意識したやや大きめの声で
「佑二くん!白い恋人たちは
このくらいのテンポなんだね」と
切り出しました。

佑二くんもすぐに気がついて
「このくらいのテンポがいいですかねー」とか
言ったと思います。

ここからは『我ら音楽やってます』を
マスターへ全力アピール笑

その内にマスターも会話に加わって、
「芸術的な何かをやりたいと思っていた」と
意気投合(*^O^*)
こうして、カフェブレニーミニ音楽会が
始まったのです。

しばらくして佑二くんの紹介で
パティシエのなっちゃんも加わり、
特製スイーツ付きのミニ音楽会となりました。
しあわせ♡


映画に行くような気軽さで、
ミニ音楽会という非日常空間を
楽しんで頂きたいと思っています。



b0345420_01000070.jpg

[PR]
# by kannochie | 2018-05-10 00:52 | カフェコンサート | Comments(2)

2018年6月ミニ音楽会のキャッチコピーは「連鎖する曲」

6月ミニ音楽会のキャッチコピーが
ようやくできあがりました。
こちらです↓

♪連鎖する曲♪
『共通する言葉によって連鎖していく楽曲を
いくつかお届けします』


「共通する言葉によって連鎖していく楽曲」
というところを
どう表現したらいいのか
悩んだのですが
伝わっていますでしょうか??


例を挙げて説明しますと…

初恋→浜辺の歌→宵待草
というプログラムだとすると

【初恋/石川啄木】
函館の大森浜に腹這いになり、
妻節子との初恋を思い出して
歌ったものらしい。

共通する言葉「浜」

【浜辺の歌(2番)】
ゆうべ浜辺をもとおれば
昔の人ぞしのばるる
寄する波よ かえす波よ
月の色も 星のかげも

共通する言葉「月」

【宵待草】
待てど暮らせど来ぬ人を
宵待草のやるせなさ
今宵は月も出ぬそうな


こんなふうに
キーワードを共有する歌を
連ねてプログラムを作ってみました。


日常からちょっと離れて
スイーツと珈琲と音楽を楽しんでみませんか?

ご予約を承っております。
カフェブレニー 047-401-1802

2018年6/9(土)13時~/16時~
パティシエ特製スイーツ
珈琲・軽食つき3,000円

こちらの本にカフェブレニーが
紹介されました。
ミニ音楽会のことも載っています。

b0345420_01372115.jpg









[PR]
# by kannochie | 2018-05-09 01:34 | わかりやすく伝える | Comments(2)

2018年GWの収穫は「少しずつ」やれたこと。

今年のGWはやりたかったことを
少しずつやれたかなと。
それもこれもブログのお陰なのです。

GW前に、昨年のブログを見直したら
分類魔のことも
楽譜を整理したいことも
本を読みたいことも
記事にしていて
恥ずかしくなりました。

「このままじゃ、今年も
同じことになっちゃう~(*_*)」と
危機感が募りまして

少しずつ楽譜をファイリングし、
収納棚を整理してスペースをつくり、
カフェコンサートのプログラムを決め、
少しだけ本を読みました。


5/1にお伺いした
とうらくさんの展示会では
こちらを購入致しましたよ。
とうらくさんのブログ

b0345420_22105336.jpg



光を通す土で作られているそうです。
とうらくさんもおっしゃっていましたが、
この土でランプシェードをつくったら
幻想的で美しいでしょうね~!


b0345420_22124755.jpg


b0345420_22131322.jpg






そして、広島で薬剤師になった友人が
帰省したのでみんなで集いました。

b0345420_22141906.jpg




GW後はいつも太るので
減量も今日から少しずつ…!
今日からお仕事だったので
今日から少しずつです。


庭の薔薇が盛りです。
b0345420_22245434.jpg




「少しずつやる」ということが
以前は苦手でしたが、
瞬発力も弱まってきましたので
「少しずつやる」を習慣にしたいなと。



[PR]
# by kannochie | 2018-05-06 22:07 | ゴールデンウィーク | Comments(4)