18'2.16さくらの会練習ノート


《練習曲目》
うぐいす
となりのトトロ
さびしいカシの木
川の流れのように


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング(ドレミレド)
レガートno(ドミソミド)
スタカート
ロングトーンLa 

◆うぐいす
歌い出しはpです。強くなりすぎないように。
「うぐいす」の「ぐ」は鼻濁音ですが、音はしっかりと上がりましょう。
「歌い出し~すきとおる」の4小節でクレッシェンドして、「はるの」でMaxがくるようにしたいです。
「つめたさ」の語感を大事に、丁寧に発音しましょう。
2回目の「うぐいす」以降は、1回目よりも大きな山になります。mp→mf→pとなります。

2番の「うちゅうがいっしゅん」の「ちゅ」「しゅ」はしっかりと発音して下さい。
「いっしゅん」の後の休符を意識しましょう。全ての音が一瞬なくなります。




◆となりのトトロ
歌い方を確認しました。
「トトロトトロ」の部分はしゃくりあげないで、シンプルに歌いましょう。

3声の部分が課題ですね。2声は良くなりましたので、もう少し頑張りたいところです!


P12の2段目
むかしからすんでる
オカリナふいてる
P12の4段目
あなたにおとずれる
すてきなしあわせが
上記4か所は、言葉が曖昧になりやすいので、しっかりとしゃぺる意識を持って。

P14の3段目トトロトトロ
油断しやすいところです。レの音を出すための準備を整えてから歌えるようにしましょう。
ユニゾンになりますから、大きな声は必要ありませんので、声の響きを揃えましょう。




◆さびしいカシの木
ソプラノ
歌い出し「やまのうえの」の「え」のドの音はしっかり上がりましょう。
以下、同様です。
P30の3段目の1小節目「さびしい」の
「びし」のシ
P30の3段目の3~4小節目「くにへいきたい」の「へ」「い」のシ


アルト
P31の2段目の2小節目
「きえてしまった」の「た」の音。しっかりきめて、4拍のばせるようにしたいです。
P32の1段目の3小節目
クレッシェンドを活かして、沸き上がるような感じに。
P32の3段目の2小節目
「なれてしまった」は上記のきえてしまったと同様に。


◆川の流れのように
2番を集中的に練習しました。
ソプラノ
P5の2段目の4小節目
ハミング
「ドラシドー」の後の「ドー」が下がりやすいので気をつけて下さい。
pで歌うとより難しくなりますが、できるようになってきています。支えを意識していきましょう。

P5の3段目の3~4小節目
いつかはまた はれるひが
ここは弱めに歌っておきましょう。楽譜にもmpとあります。この後のクレッシェンドのためにも、スタミナのためにも、ここで頑張りすぎないことがとても大切です!



アルト
歌い出し
「いきることはたびすること」の「は」
「おわりのないこのみち」の「のない」の音は不用意に歌わないようにしましょう。

P8の3段目の1~2小節目
ヴォカリージaは、mpで歌い始めて2小節目くらいからクレッシェンドしてみてください。fへ一気に駆けあがる感じで。





合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_00021009.jpg



[PR]
by kannochie | 2018-02-19 15:47 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 命短し 恋せよ乙女 2018年2月17日カフェブレ... >>