人気ブログランキング |

母音唱の効果

今日はまとまった時間が取れたので
ゆっくり練習ができました。

最近、合唱団さくらの会の
練習でも連呼しているのが、
階名唱・リズム読み・運梯、そして母音唱。

さくらの会の練習では
「毎回、言うことが違うわね(>_<)」
とお思いのかたも
いらっしゃるかもしれませんが、
自分が練習をする中で
効果のあったことをご紹介しています。

発声の理論は確かにありますが、
歌は楽器が見えないので
個人の「感覚」に頼るところが
大きいのも事実。

そして、アドバイスするには
「言葉」を媒介しないとなりません。
言葉の伝え方も受け取り方も十人十色…。

ですから何通りかの
異なる表現に言い換えて
お話しするよう心掛けていますが、
もう少し私にボキャブラリーが
欲しいところです(^^;

ですが、間髪入れずに
テンポよく練習を進めたほうが
曲の仕上がりが良いこともあります。
悩ましいところです。



さて、母音唱と言えば
劇団四季が有名ですが、
自分の練習にも
取り入れてみましたら
歌声の響きが薄くなるところが
よくわかります。


今日は、母音唱・階名唱
リズム読みをしながら
シューベルトの野ばらと
トスティのローザ(ばら)を練習しました。

ゆっくり練習できると
歌も心も安定します…♪

b0345420_23360870.jpg


by kannochie | 2018-02-04 23:32 | カフェコンサート | Comments(2)
Commented by nyankai at 2018-02-05 23:42
そうなんですよね。
札幌の合唱団では、私はひたすら教えてもらっていれば良い立場なのですが、地元の団では、他のメンバーが少しでも良い声が出せるように、楽に声が出せるように、何か役に立ちたいのですが、どうやって伝えれば良いのかわかりません。
母音による違いって、録音を聴いてみると愕然とする時があります。私は「ア」が安心してしまうのか、声が散漫になってしまいます。何十年やってるんだと、つっこみたくなります。何十年たっても勉強ですね。
Commented by kannochie at 2018-02-06 00:04
nyankaiさん
こんばんは。
本当にいつまで経っても勉強です。
でも、まだまだやりたいことも できないことも
たーっくさんあるのでヽ(*´∀`)ノ
楽しんでいます♪

私は言葉が見つからない時には
歌ってしまうことにしています。
言葉よりもよく伝わることがあります。
名前
URL
削除用パスワード
<< 金子みすゞコンサートの後半は、... 18'2.2さくらの会... >>