おみくじに書かれている歌

おみくじに書かれている歌が
気になって調べてみました。

私のひいたおみくじにあった歌↓

b0345420_13224228.jpg

桃桜 花とりどりに 咲き出でて
風長閑なる庭の面哉



おみくじには
大吉から大凶の各吉凶に
昇り・並・下りがあって、
おみくじに書かれている歌が
それを表しているそうです。

昇りの大吉は
これから春の兆しに溢れ
木々が芽吹き花が咲くという歌。

並の大吉は
水が澄み渡り、光射し込む
穏やかな季節の到来を歌ったもの。

下りの大吉は
今は春の花が咲き誇っているが
春の嵐の兆しのような
暗雲が空に広がって来ています
といった内容。

歌の解説では
現在とこれからが語られていて
歌にはアドヴァイスが
託されているといいます。


私のひいたおみくじを
この視点で見てみると…

桃桜 花とりどりに 咲き出でて
風長閑なる庭の面哉


のどかな庭の
美しい花の咲き匂って
春の盛りの楽しいように
上吉の運に向かいます。

けれど油断せずに信心して
行い正しく
いささかも不義の楽しみに
身をあやまたぬようにせよ


あらら?
昇りの大吉かしら…\(^^)/
歌の解説にあるように、
油断せずにやっていこうと思います。


[PR]
by kannochie | 2018-01-09 23:12 | ハッピー | Comments(2)
Commented by mamako48722 at 2018-01-10 01:47
千恵ちゃん、
私も勉強になりました🌝。
おみくじに書かれている歌、それぞれを表しているんですね。
この歳になってあらためて知る事って多いです。

おみくじ、もう30年以上も買って居ません。。(笑)
Commented by kannochie at 2018-01-10 07:58
mamako48722さま、黄葉さん
素敵な歌だったので
ちょっと調べてみたんです。

黄葉さんのところでは
おみくじはないですよね(>_<)
名前
URL
削除用パスワード
<< 春の海 やっと初詣。出ました大吉。 >>