15.2.20 合唱団さくらの会 練習ノート

童謡メドレー1の音程を確認しながら、表現を深めていきました。


発声
それぞれの発声練習の意図を、できるだけお伝えしながら発声練習をしました。

スーと8拍 息を流す練習は、お腹から声を出せるようになることを意図しています。そうすることで、支えもしっかりしますし、声が前に出るようになると思います。

地声の練習は、支えを意識できるようになること、胸の息も使えるようになることを目指しています。
頭声を意識する余り、汽笛のように上に抜けるだけの声では、パワー不足ですし、不安定になりがちです。
そこに、胸の息の使い方を取り入れていきたいなぁと思っています。

今日は高い音にもチャレンジして頂きました~!
シ♭までは中間音。そこまでは同じフォームで歌えます!
シから上は、虎やライオンが噛みつくような顔?口?で歌ってみましょう。発声練習では高いドまで出ましたよ!
曲の中には こんなに高い音は出てきませんが、高い音を出しておくと、ミ ファ ソ辺りの響きが良くなるように思います。




みかんの花咲く丘

一番最後の3声 4声になるところを練習しました。各パートの音程を確認した後に、2→3→4声と重ねていくことで、ハーモニーもきれいになってきました。伸ばしている間に、だんだんきれいになっていくので、ついつい伸ばし過ぎてしまいました。楽譜通りにいきますので、はじめから美しいハーモニーが奏でられるよう、練習を積んでいきましょう。

8分の6拍子は、拍子に乗るのが難しいですが、4小節で1つのフレーズが作れるとよいと思います。
丁寧に歌おうとすると、テンポが遅くなりがちですね。前に進む意識を少しだけ持って、歌って頂けたらと思います。





子鹿のバンビ

P36 2段目 はるーのー あさー
"あ"をしっかりと言い直して下さい。



P36 2段目
もり の こや ぶで うま れ た とー

言葉が揃うように練習しました。
母音がはっきりしないと言葉が不明瞭になりますが、言葉にテンションを与えるのは子音だと思います。
もりの(molino)のm l nという子音をはっきり長めに発音することで、言葉が生きてきます!
2番の歌詞も同じように、子音をはっきりと発音してみて下さい。




背くらべ

音域が広いので、低めの音の時には息の量を少しセーブして頂いています。これも習慣になりつつあり、よくできていたように思います!

高い音へ進む時、フレーズの山の直後(=高い音の後)は、特に支えを意識して下さい。ここで不用意に声を出すと、音が下がりやすいです。





うみ

風景画を描いているような気持ちで、一つひとつの情景を丁寧に伝えていきましょう。ビブラートのきいた声よりは、すーっと心地よく耳に入ってくる、素直な声で歌って頂きたいなぁと思っています。よくできていたように思います。



七つの子

歌い出しをPで始めます。そうすることによって、フレーズをうまく作ることができます。


アルト
P40 2段目 なぜなくの
ソミシシシの音程、ミの音に気をつけましょう。

P40 3段目 ななつの
ミミファソミの最後の2つの音ソミをしっかりと支えて、音が下がらないようにして下さい。そうすると、次のメロディ(子があるからよ)の音程も安定します!

P41 2段目 なくんだよーーー
"よー"と7拍伸ばすところ、ファ#は高めに歌うつもりでお願いします。ソからファ#への下降音程をデリケートに。

P41 2段目 やーまーのー
"のー"で次に向けて膨らませて下さい。

P41 3段目 いってみてごらん
ささやくような気持ちで歌ってみて下さい。つまり、声量は小さめに、でも言葉はハッキリと。今日はよくできていました!


ソプラノ
P40 3段目 なーなーつの
レ→ミは、支えをしっかり使えるよう、早めに準備をして歌いましょう。

ミレシソと音が下降してきます。音程が不安定になりやすいですので、丁寧に歌いましょう。


P41 2段目 なくんだよー
"よー"は7拍しっかりと伸ばしながら、アルトの動きをよーくよーく聴いて下さい。とても美しいハーモニーです!

P41 2段目 ルルル
"P40 3段目 なーなーつの"と同じ注意事項ですが、音が上昇する時の支え、下降する時の支え 両方しっかりとお願いします。


森の小人
だんだん思い出してきて、よくなりました。体に染み込ませていきましょう。ソプラノとアルトで、リズムが違う所がしっかりと歌えるようになることが課題ですね。
テンポは速めですが、焦らず落ち着いて歌うことて、言葉もばっちり揃いました!




全体を通して
音が高くなったり、跳躍したりする時に、支えをしっかりしようと思うと体に力が入ります。そうすると、固い声になってしまうので、今日は「ふんわりと上がって下さい」と声を掛けましたら、うまくできたように思います。その感覚を掴んで頂きたいです!



次の曲は、緑色の本"いとしのエリー"の中の
歌の翼に です。
次回の練習の際に、楽譜をお持ち下さい。


すこーしずつ、春の気配が感じられるようになってきました。
季節の変わり目は、体調を崩しがちです。
どうぞお気をつけて~♪


b0345420_21374803.jpg

[PR]
by kannochie | 2015-02-22 01:40 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 名前の由来 修道女アンジェリカ >>