タグ:離任式 ( 1 ) タグの人気記事

【自分史3】教員を辞めた理由は「初志である音楽の道へ進むため」

職場の校長先生が考えてくれました。
辞職理由:初志である音楽の道へ進むため。
このフレーズは、プロフィールとして今も使わせてもらっています。

ここへ至るまでには、幾つかの要因がありました。


1、結婚をする必要がなくなったこと。
それまでの私は
自分に全く自信がなくて、
相手から感謝されたり
必要とされることに、
自分の価値を
見出だしていたように思います。
なので、当時の彼とは
共依存のような
関係だったかもしれません。

でも、教員をする内に
漠然と何かが変わり始めたのです。


そして、決断。
お別れ。


大変でしたが
難航する話し合いの中で
ずいぶん自分を見つめ、
自分を思い知りました。
そう、思い知ったのです。

私の人生の大きな分岐点。
ここで私は違うレールに
乗り換えたのです。





2、「生徒が歌い手になるなら、私がなる!」と思ったこと。
教員の時、音楽部会で
こんな研究発表がありました。
ある男子生徒の歌声が、
小学校~大学の間に
どのように変わったを記録し、
研究したものです。

音大に進んだという教え子のことを
嬉しそうに報告する
その先生を見ながら、
私は「生徒が歌い手になるなら
私がなる!」と思ったのです。

そして、教え子の成功を
素直に喜べない自分は、
教員失格だとも思いました。




3、教員になったのなら、やっぱり担任を持ちたいと思ったこと。
5年で異動できるので、
そのタイミングで
中学校へ行く可能性も
ありましたが、
教員を3年続けたら楽しくて
辞められなくなると思いました。

教員はまたできるチャンスがあるけれど
歌は待ってくれないと
思ったのです。



そして、離任式。

私は「ありがとうさようなら」
という歌を
みんなの前で歌いました。


ありがとうさようなら


これ以上ぴったりな言葉が
あるでしょうか。


ありがとう。さようなら。



帰宅後、玄関で
頂いたたくさんの花束を抱いて
ただただ泣きました。







その3か月後
こんなに素晴らしい作品と
出会えるなんて
想像することもできませんでした。

私のデビュー作品「うたよみざる」
初めての舞台は学校公演でした。
こちらは数年後の一般公演の時のパンフです。

b0345420_00200542.jpg







[PR]
by kannochie | 2017-03-27 00:07 | 自己紹介 | Comments(2)