タグ:自分って? ( 92 ) タグの人気記事

【自分史3】教員を辞めた理由は「初志である音楽の道へ進むため」

職場の校長先生が考えてくれました。
辞職理由:初志である音楽の道へ進むため。
このフレーズは、プロフィールとして今も使わせてもらっています。

ここへ至るまでには、幾つかの要因がありました。


1、結婚をする必要がなくなったこと。
それまでの私は
自分に全く自信がなくて、
相手から感謝されたり
必要とされることに、
自分の価値を
見出だしていたように思います。
なので、当時の彼とは
共依存のような
関係だったかもしれません。

でも、教員をする内に
漠然と何かが変わり始めたのです。


そして、決断。
お別れ。


大変でしたが
難航する話し合いの中で
ずいぶん自分を見つめ、
自分を思い知りました。
そう、思い知ったのです。

私の人生の大きな分岐点。
ここで私は違うレールに
乗り換えたのです。





2、「生徒が歌い手になるなら、私がなる!」と思ったこと。
教員の時、音楽部会で
こんな研究発表がありました。
ある男子生徒の歌声が、
小学校~大学の間に
どのように変わったを記録し、
研究したものです。

音大に進んだという教え子のことを
嬉しそうに報告する
その先生を見ながら、
私は「生徒が歌い手になるなら
私がなる!」と思ったのです。

そして、教え子の成功を
素直に喜べない自分は、
教員失格だとも思いました。




3、教員になったのなら、やっぱり担任を持ちたいと思ったこと。
5年で異動できるので、
そのタイミングで
中学校へ行く可能性も
ありましたが、
教員を3年続けたら楽しくて
辞められなくなると思いました。

教員はまたできるチャンスがあるけれど
歌は待ってくれないと
思ったのです。



そして、離任式。

私は「ありがとうさようなら」
という歌を
みんなの前で歌いました。


ありがとうさようなら


これ以上ぴったりな言葉が
あるでしょうか。


ありがとう。さようなら。



帰宅後、玄関で
頂いたたくさんの花束を抱いて
ただただ泣きました。







その3か月後
こんなに素晴らしい作品と
出会えるなんて
想像することもできませんでした。

私のデビュー作品「うたよみざる」
初めての舞台は学校公演でした。
こちらは数年後の一般公演の時のパンフです。

b0345420_00200542.jpg







[PR]
by kannochie | 2017-03-27 00:07 | 自己紹介 | Comments(2)

【自分史2】楽しかった教員時代と運命について。

小学校で採用になる前、
浦安の中学校で
10月からの半年間、講師をしました。

採用試験の願書と一緒に
講師登録の申込書があったので
全員が登録するのだと
思っていたのです(^_^;)

私は3年生に配属されました。
卒業アルバムの「好きな先生部門」
第3位に入選しましたよ!笑



中学校の卒業式では歌い始める前に、
胸に手を当てて3年生をぐるり見渡しました。

君たちをここまで導いてくれた先生と親に、
感謝の気持ちを込めて歌えよ、という
無言のメッセージのつもりでした。

これがうまい具合に伝わったのか、
やんちゃだった子も泣きながら歌っていました。
まるで金八先生のようでした。

後で聞いたところによると、
来賓で来ていた浦安市長に
「見たことのない音楽の先生だが
あれは誰だ?」と尋ねられた教頭先生が
「講師ですが、4月から八千代で
採用が決まっています」と答えると
「なんで浦安で採用しないんだ!」と
言ってくれたそうです。

人の運命は、わかりません。
浦安で採用になっていたら、
中学校で採用になっていたら、
また違う人生だったかもしれません。





4月。晴れて教員として採用された小学校の
校長先生に会うと
「かんのちえ?
…なんか聞いたことあるぞ」と言われました。

はい、そうです。
先生がまだ教頭だった時、
私はその小学校に通っていましたからね。

そうなんです。
小学校の時の教頭先生が、
職場の校長先生として目の前にいたのです。

そして、独特のダミ声(失礼ですね(汗)で、
「せっかく菅野さんが来たんだからよぉ、合唱部やれよ」と。
はい。この一声で合唱部発足です。笑




小学校には音楽集会がありました。
各学年が合唱や合奏を披露する集会です。
小学生は素直で柔軟ですから、
未熟な指導でも声を聴いて
どんどん上手になっていきます。

これも後で聞いた話ですが、
この音楽集会の時、
校長先生は体育館の片隅で
肩を震わせて泣いていたそうです。

あ。負けず嫌いの
体育会系の校長先生でしたから、
私にはそんな素振り
微塵も見せませんでしたけどね。




楽しかったなぁ。
大変だったけれど、とっても楽しかった。

こんな楽しい日々の中でしたが、
結婚をするつもりだった彼とは
お別れすることになりました。

私の人生の大きな分岐点。
私は違うレールを走ることに決めたのです。




こちらは、きょんちゃんからもらった絵はがき。
一番左の絵はがきを差し替えると
昼の桜と夜の桜が楽しめます!春だなぁ。
b0345420_01000853.jpg

b0345420_01002410.jpg



こちらもきょんちゃんにもらった
アイシングクッキー♡
b0345420_00550368.jpg





[PR]
by kannochie | 2017-03-22 00:46 | 自己紹介 | Comments(4)

【自分史1】僭越ながら、センエツナガラで教員になりました。

大学を卒業して、なんとなく歌を続けたいと思っていたけれど、ぼやぼやしている内に、これまた何かに巻き込まれるように結婚の話になった。彼に押しきられた形だ。
それまでは、のらりくらりかわしてしたのにね。

ところが、我が親が大反対。
「歌を頑張るというから応援してきたのに、結婚とは何事だ!結婚したいのなら、その前に勤めて社会を勉強してからにしなさい」と。

それもそうかなと思い、勤めるとしたら何かなぁー?と考えたら、幼い頃からなりたいと思っていた先生しかなかった。



教員採用試験の勉強はしなかった。根拠のない自信があった。もうそれは揺るぎなく、かといって気負うでもなく、フツーに教員になると思っていたのだ。図々しい。市内の小学校は同期8人しかいないのに。


千葉県の採用試験は、楽器も演奏しなくてはならない。
フルート科の友人にフルートを借り、レッスンまでしてもらうこと数回。「さすが歌科!ビブラートがすでにできている!」と褒められ、いい気になって試験に臨む。

ご存知の方も多いと思いますが、フルートは(管楽器全般は?)楽器が温まらないと音が出ない。
吹き始め数分間空振り(^_^;)
その後、奇跡的に音が鳴り吹けました。「遠き山に日は落ちて」


ピアノの初見の試験もあります。度々ブログに書いていますが、音大受験を決めた高2秋からピアノを始めましたので、ほとんど弾けません。音大では試験曲を毎度じっくり練習して卒業しました。

課題曲はトロイメライ。
原曲が何かわからないほどゆーーーっくり弾いて、
なんとか最後までいったら
試験官の先生の無慈悲な一言。

「生徒が弾いて下さいと言って、楽譜を持って来たらどうするんですか?ハイ、もう一度!!」

えっ?もう一度?
これ試験ですよね?
と思いましたけど、
もちろんもう一度弾きましたよ。

二回目でどのくらい弾けるようになるかをみたかったのか?はたまた、諦めずに食らいついてくる根性をみたかったのか…?わかりません。



そして集団討論。
私はこれで合格しました。
間違いないです。

何をやるのか全くわからなかったので、試験前日に高校の同級生に電話をしました。彼女は一足先に教員になっていたからです。

自分は中学校の採用試験を受けていないから、よくわからないと言いながら教えてくれたのは「集団討論って、僭越ながら私が司会を務めさせて頂きます。初めは意見が出ないと思いますので、私の考えをまず述べさせて頂きます。とかいうやつでしょ?」とのこと。


センエツナガラ…このフレーズが気に入りました。



討論会場には試験官が2名、受験者10名がおり、当然初めて会う人ばかりです。試験官は制限時間を発表すると「ハイ、どうぞ!」とだけ告げて、あとはダンマリです。

各自の机上に置かれた封筒に、討論のお題が入っています。
不登校についてのお題でした。
中学3年間、不登校の友人のお世話をしたことがありましたので、落ち着いていました。そして気づいたのです。

そっか。
ここでセンエツナガラね!

「センエツナガラ、私が司会を務めさせて頂きます。初めは意見が出ないと思いますので、私の考えをまず述べさせて頂きます。」



試験とは思えぬ熱い討論が繰り広げられたのです。時間ぴったりに結論も導けました。

試験が終わった後も討論が止まりません。廊下で涙ぐみながらまた語り、いい討論だったね!と興奮覚めやらず。

そして三月上旬。

電話がかかって来ました。
「中学校ではありませんが、八千代市内の小学校の音楽教員として採用できます。」



こちら教員時代のわたし
b0345420_07491773.jpg



教員なりたて、コロッコロ時代のわたし笑
b0345420_23361963.jpg



[PR]
by kannochie | 2017-03-21 01:42 | 自己紹介 | Comments(6)

誕生日記念にご紹介します、私の周りの人々

3/19はミュージックの日。
音楽関係者の労働団体「日本音楽家ユニオン」が1991年に制定。「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合せ。

3/19は聖ヨセフの祝日。
ヨセフは、イエス・キリストの父なので、父の日とする国もあるそうです。


そして、私の誕生した日でもあります。
一年に一度なので、ちょっと特別なことを書きたいなと。そこで思い付いたのが、このブログのタイトルにもなっているaround me(私の周り)の人々をご紹介することでした。


3月は少し時間に余裕があるので、普段なかなか会えない人とランチをしたり、お酒を飲んだり、おしゃべりをしたりしています。
手帳を見たら3月は5件、4月の頭に1件。
そりゃ~太る訳だわ(^_^;)


3月に会った人々、そして これから会う人々をご紹介します。

【高校の同級生あっこ】
高校時代には天パの髪をロングにしていたけれど、今やショートがお似合いのママです。
自分のことを「流れに身を任せてやってきた」と言っていたけれど、いやいやどうして、ポイントを捉えることが上手いんです。ま、頭がいいということなんですけどね。迷いなく瞬時に判断できる能力、私にも分けて頂きたい。
この人に「どんちゃん(=私)は、何でもそつなく器用にこなすよね。」と言われ、まぁ驚きました。
不器用な私も端からはそのように見えているのだとしたら、嬉しいですね~!




【舞台人まろくんとピアニスト】
えっと…何年振り?10年以上…?(^o^;)
こちらのピアニストは学生の頃からの友人ですが、二人の子育てをしながら大学院を受験して、そして卒業しました。どんだけ根性あんのよ!って話。

そして、もう一人は舞台人のまろくん。
"和もの"が似合うので「まろくん」と呼んでいます笑。この二人の共演がきっかけで、再会ランチとなりました。

まろくんとは、作曲家三木稔先生の作品でご一緒しました。その後は、亜門さんのミュージカルなどにも出ていましたが、5年前に視力を失って舞台を降板。どれほど無念だっただろう…。
今は元気に歌ったり、教えたりしているようで、ホントに良かった!
まろくんとは、三木作品仲間を交えて、また会います。



【23歳のママ】
彼女は大学院に通いながら結婚をし、ママになることを決めました。母は強し。
本人からみんなに直接伝えた方がいいと思って、お祝いの会を企画。いやー楽しかった!!楽しすぎてシンデレラの馬車がカボチャになりましたとさ(^_^;)

b0345420_23451241.jpg

このケーキは
メンツの一人マットくんのバースデーケーキ。
3/17で24歳。薬剤師の卵。
b0345420_23452581.jpg



集ったメンツの一人、ハタケから頂いたお菓子。
とっても美味しかった、桃若姫。
b0345420_23474284.jpg




【保健の先生と用務員さん】
小学校の音楽の教員をしていた時、お世話になったお二人。よほど大きな学校でない限り、音楽の先生は学校に一人。つまり仕事を直接教えてくれる人がいないのです。授業をどう進めたらいいのか?校内音楽会って何するの?初任1年目で資料を作って職員会議で提案なんて…よくやっていたなぁ。あ。気づいていないだけでいっぱい迷惑かけたんですね(汗)そんな中、とてもかわいがってもらいました。
私が教員をやめてからも応援してくれています。コンサートにも来て頂いているのですが、終演後はなかなかゆっくりお話しできなくて、やっと会えます!


迷惑をかけるだけかけて辞めてしまった教員というお仕事。教えてもらったことを少しでも若い人へ還元して社会のお役に立てたらと思っています。でも実際は、若者から教わることが多いんですけどね(^_-)




【きょんちゃん】
かつて一緒に学習塾で仕事をした2つ歳上のお姉さん。
一緒に仕事をしていた時よりも今の方が仲が良くて、私も自然体でいられます。「仕事仲間とは仲良くなりすぎないように」というブレーキがかかるのです。なぜでしょうね。馴れ合いになるのを防ぐためなのかな?自分でもよくわかりません。だから、仕事を離れてからの方が仲良くなることが多いかも…!
きょんちゃんとは、お店で薫製したものを出してくれる「薫製バー」に行きます。楽しみ♪




【もりちゃん&さっちゃん】
さっちゃんとは同じ職場でした。仕事をしている時も仲が良かったと思いますが、ずっと応援してもらっています。教員を辞めることを、新聞発表の前にさっちゃんに伝えなきゃと思いつつ、なかなか言えなかったのも、今では楽しい思い出。さっちゃんだけでなく、ママにも応援してもらいました。
さっちゃんとは着眼ポイントが似ていて、共感できるところがたくさんあります。でも、さっちゃんの方が物を深く見る目を持っています。さすがです。

もりちゃんは意志の人ですが、排他的ではなく柔軟に振る舞えるところがすごいのです。そして、思いもよらない視点から意見を言ってくれることがホントにありがたいです。嫌味でない さりげない心配りのできるところも、見習いたいです。




誕生日という節目に
大好きな花の一つ 沈丁花を添えて。
b0345420_23443024.jpg

この一年も充実した日々にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。






[PR]
by kannochie | 2017-03-19 23:43 | 集い | Comments(4)

男らしくとか、女らしくではなく、自分らしく。

ホワイトデーにさきがけて
中1男子から頂いたのは
手作りクッキー。
b0345420_02152446.jpg
スイーツ男子ですね。
お父さんと一緒に
作ったんですって。
作っている姿を想像すると
ほのぼのします。
ありがとうございます。


最近はスマホを持っている
中学生もたくさんいますが、
男子はピンク、女子は黒が
多い気がします。

ピンクは もはや男子カラー。
女子は男子よりも
成長が早いせいか
大人っぽいものが好きなんですね。
だから黒なのかな?

そう言えば…
ディズニープリンセスの月謝袋
誰も使いたいって言わないな(>_<)
b0345420_02170214.jpg




男らしくとか、女らしくとか
そういうことでなくて
自分らしいことが一番。

手作りクッキーの
中1男子くんは
普段はバスケ命で
物作りが大好きな少年。
小さい時から
レゴをやっていたんですって。
そのせいか、
空間認識力がスゴいんです!

レゴの延長に
手芸やお菓子作りが
あったようで
始めたばかりだけど
楽しいと言っていました。

楽しいことや
良いと信じるものを
私も自分らしくやっていこうと、
手作りクッキーを食べながら
思いました。


[PR]
by kannochie | 2017-03-14 02:13 | 大切なこと | Comments(0)

明日がないとしても

次はないと思って
本番にのぞむ。
お客様に楽しんで頂けなければ
次の本番など ないのだ。

明日はないと思って生きる。
まだやりたいことも
歌いたい曲も
身につけたいテクニックも
たくさんたくさんあるけれど
もし明日がないとしても
後悔はないな。
あ~楽しかった~!
と思える人生だと思う。

何かを追いかけ
何かに追われ
追い詰められて
踏んばる毎日だけれど
きっとこんな日々が好きなのだ。

いつでも音楽のことを
声のことを
抱えている歌のことを考えている。

今現在は
ブレニーミニ音楽会の曲と
発表会の曲。

それから
いつか歌いたい曲も持ち歩いている。
その一つがこちら。
b0345420_01342048.jpg

愛の夢~3つのノクターン第3番
O lieb, so lang du lieben kannst!
おお、愛しうる限り愛せ

ソプラノ向けの歌曲として初めは作曲されましたが、リスト自身によってピアノ独奏版に編曲されたんですって!
知りませんでしたよ~(^^;
第3番が有名ですね。歌いたいな。

でも、明日がないとしても
それはそれでいい。
毎日が楽しいからね。




[PR]
by kannochie | 2017-03-13 01:32 | 練習・稽古 | Comments(2)

カレーが食べたくなるのは 体調不良の前兆だとか(>_<)

スパイスたっぷりの
カレーが食べたくなってね、
みんなで行きましたよ。
b0345420_02020951.jpg

私はキーマカレー
辛さ4段階中の3をセレクト
次は一番辛い4にするーー!!


カレーが食べたくなるのは
体調不良の前兆だとか(>_<)

ならば
スパイスの力を借りて
免疫力のアップと
血行の促進を図りましょう。

最近やっと気がついたのです。
私は2・3月が苦手らしいと。

昨年はちょうど発表会の打合せの日に、まさかの胃腸炎。しかもインフルエンザ明けの胃腸炎(´ノω;`)

打合せには、ピアニストの渡部先生と行ったのですが、体調が悪いことは伝えませんでした。短い時間なので、うまくやり過ごせると思ったのです。
でも後で「菅野さん、すごく機嫌が悪いので、自分が何か悪いことをしたかなって心配しました。」と言われ…自白しました。隠し事はダメなんです、やはり。もれなくバレます(^o^;)


思い返してみると、
こんなふうに誕生日の頃
体調を崩すことが多いかも。
ですので、今年は気をつけています。

40㎏痩せるきっかけとなった
胃腸炎も誕生日の3/19でした。
誕生祝いをしてくれるというので、
胃が重たいのに出掛けたのです。
まさに強欲(*゚ε´*)

銀座に着いた時には、
もう食べられる状況ではなかったので、
お粥の美味しいお店にかえてもらって。

その後、ゆるゆる散歩をして
(私はフラッフラ笑)
カフェでひと休み。

ケーキでも…と
なったのですが
ケーキが
どうしても
どうしても入っていかない。

食いしん坊の巨漢乙女が
甘いものを食べられないなんて!!
これは事件でした。
その後の8ヶ月ほどで
13㎏体重が落ちました。


そうしたらね、周りから
「菅ちゃん、痩せたね」
「キレイになったね」と言われ
これまたビックリ。

ここで
ダイエットへのスイッチが
パチリと入ったのだと思います。





[PR]
by kannochie | 2017-03-09 02:01 | Comments(2)

ベンチでランチはなぜ美味しい??

午後2:50。
タンポポさんとオオイヌノフグリさん
いらっしゃいませ。
コラボありがとう。春ですね♪
b0345420_01044428.jpg




いま食べないと
9:30まで食べられないので
ベンチでランチ。
なぜ美味しい?
b0345420_01040878.jpg





ブロ友さん達のところで見た美しい河津桜。
まさかこんなに近くで
本物と会えるなんて…!
ありがとう。

b0345420_01065318.jpg






[PR]
by kannochie | 2017-03-05 01:00 | 季節・季語 | Comments(0)

欲張り菅野のしたいこと

野菜をね、むしゃむしゃバリバリ食べたくなってね、実行しました~!
b0345420_23493885.jpg

満足です。バッタはこんな気持ちなのかな。
野菜を食べながら、他にもこんなことやりたいなぁと、思いついたものを気の向くままに挙げてみます。


地方でのコンサート(=旅の仕事)。色んなところでコンサートをして、土地の方々と美味しいもの&お酒を頂きながらお話をする。これ最高!

バンジージャンプかスカイダイビング。高いところが怖いのは、飛びたくなるからだとわかったので、それならばいっそ飛んでしまおうかと。怖いのかなぁ(^o^;)

トレーナーの指導のもと、体を鍛えてナイスバディに。なれたらいいね!

還暦記念パーティーを開いて、友人みんなに演奏してもらう。私も歌います。

魔法にかかったように、ある日突然ピアノがバリバリ弾ける。

油絵を始める。

ダンスを習う。

ロングブーツを買い求める。

無心で温泉に浸かる。

ママさんバレーに参加してみる。

電動自転車を試乗する。

素敵な傘を買う。

数検をうける。

オリジナルのフレグランスを試作する。

医者になる。

アクアリウムを作る。

月へ行く。

家庭菜園に夢中になる。

ひと晩中、星を眺め続ける。

フラワーアレンジメントの心得を知る。

マジックができるようになる。

メダカを取りに行く。

高機能パン焼き器と高機能オーブンを買う。

家中の鉛筆をナイフで削る。



・・続きはまた今度!


[PR]
by kannochie | 2017-02-16 23:48 | ハッピー | Comments(2)

明日は 2017年生まれたて春のプレオープン?

明日は暖かくなるそうですよ。
2017年生まれたて春の
プレオープンになるかしら…?
こちらはレッスンの帰りに見つけたちっちゃな春。

b0345420_00465614.jpg


花や木や空が大好き。
それらの雄大な姿
可愛らしい姿
健気な姿の写真も大好き。

いつの間にか
写真ブロガーさんのお友達が
たくさんできて、とても嬉しいのです。
私は専らスマホなのですが(^_^;)


手前がボケていて ちょこっと奥に焦点が合ってる、そんな雰囲気のある写真を撮ってみたくて…。
私なりのちっちゃな春を切り取ってみました。




[PR]
by kannochie | 2017-02-16 00:37 | 季節・季語 | Comments(0)