タグ:自分って? ( 74 ) タグの人気記事

自分を知りたいという欲

歌い手は楽器が体内にあって
目に見えないせいか
発声について
自分の感性や感覚に
頼ることが多いです。

もし声帯が見えて
♭ミの音は、あと0.02ミリ
左右の声帯を近づけて!と
言ってもらえたら
どんなにわかりやすいだろう…。

でも、それができないので
自ずと自分の感性や感覚に
敏感になり、頼ることになります。

自分をどのように
コントロールしたら
思い通りの声が出るのか…?
それを突き詰めていくと
「自分とは何か?」になるのかな。

もっとも、これは
歌い手だからなのか
私の特性によるものなのか…
それは、わかりません。

でも自分ってこういう面が
あるんだなって気づいた時
発声にも必ず気づきがあるのです。
だから知りたいのです、自分を。

明日は花糸の稽古。
5/14図書館コンサートと
12/3の公演の稽古&ミーティング。

越えたい壁もあって
歌いたい歌もまだまだあるのです。
だから、自分を知りたいのです。



写真は、我が家の草花。
いつも癒しをありがとう(*^^*)
b0345420_02204697.jpg






花にらかな…夕方になったら花が閉じました。
b0345420_02215392.jpg





b0345420_01192187.png

[PR]
by kannochie | 2017-04-25 02:19 | 図書館コンサート | Comments(4)

人間ドックを受けて考えたこと。

昨日はシンワメディカルリゾートで人間ドック。

写真はホームページからお借りしています。
こちらの上2枚の写真は検査ゾーン。
待ち時間が少しある時には、
下2枚の写真の
ごろりと横になれる個のスペースでひと休み。
b0345420_13573430.jpg







こちらの上2枚の写真はスパ。
私は肩こりがあるので
頭・首・デコルテのマッサージを選択。
下の左がお風呂。右が食事処。
b0345420_13574686.jpg




追加料金なしでこれらが利用できる
お得なプランでした。
ここを教えてくれたモリちゃん&さっちゃん
ありがとう♡


前回の3年半前は、スタッフさんが若くて
スタイリッシュなユニフォーム姿が
眩しかったのですが
今回はベテランの方もたくさん居て
初めはちょっと違和感がありました。

でも、こざっぱりと
清潔感のある
ベテランさんが多くてステキでした。
そして何よりも安心感が良いなぁと。


お腹のエコー検査のおばちゃん。
「息吸って、吐いて、ハイそこで止めまーす!」とテンポよく指示をくれるので
おばちゃんのペースにまんまと乗せられ、
最後には
おばちゃんの要求に的確に応えたい!と
頑張っていた自分…苦笑(^o^;)

おばちゃん曰く、
腎臓にちっちゃい石が1つあるわね。
でも、ここにある石は
一生降りてこないから大丈夫。
私が言うのもどうかと思うけど、
他の内蔵も大丈夫、心配ないわ、と。

このおばちゃん
ずいぶん時間かけてエコーやってくれたんですよ。

あっち向けだの
今度はこっちとか
足を向こうへやれとか
腕を上げろとか…
「注文の多い料理店かーぃ!?」って
ツッコミたくなったわぁ。


でも、テキパキと気持ちよい
ベテランの方の仕事に触れ、
私もこういうところを
目指したいと思いました。



[PR]
by kannochie | 2017-04-23 13:56 | 大切なこと | Comments(2)

サイドの髪ちょろりんの話

自分が衣裳を着て歌う時には、
髪をキッチリ上げることにしている。
こんな感じ。
b0345420_01344584.jpg

ふんわりニュアンスのある髪型に
憧れる気持ちは大きい。
けれど、ミドル女子にとっての
「ふんわりニュアンス」は
「やつれて不潔っぽい」と紙一重。

ステージ上で髪にさわったり、
直したりするなんて言語道断。
野暮というものでございます。
ステージ上は非日常空間でなくてはなりませぬ。

でもね…。
知り合いが美容師さんに
言われたんですって。
「写真を撮る時にはサイドの髪が
ちょっとあったほうがいいよ」って。
そこで先日の発表会で
ちょろりんしてみたのです。
b0345420_01361860.jpg


キメ過ぎがカッコ悪い時
つまり、
僭越ではございますが
ちょっと歌わせて頂きますね
という場面で
サイドちょろりんを
試しているのですが…

なんかね~やっぱり
良くない気がします(^o^;)

かと言って
キメ過ぎもカッコ悪いしな~(T^T)

「サイドちょろりん」
新たな研究課題です。






[PR]
by kannochie | 2017-04-20 01:33 | 舞台 | Comments(4)

【自分史8】コンサートは父の入院がきっかけだった。

父が1ヶ月ほど入院したことがあります。
当時、両親と弟は山形県の赤湯という温泉街で、揚げ饅頭の製造販売をしていました。
そこは父親の実家、私から見れば「おじいちゃんの家」になる訳ですが、ここで父と母と弟は『どらまん』という揚げ饅頭をつくっていたのです。私は千葉で一人暮らし。

父は通院でもよかったのですが、
母や弟の負担も考えて入院となり、
私が山形へ出向いて手続きをしました。
病室へ行くと、パジャマ姿で
ベットに腰掛けている父がいました。
この時、初めて思ったのです。
「いつか本当にこういう日が来るのだなぁ」と。
そう、今回は家族の都合もあって
入院となりましたが、いつか本当に
お世話になる日が来るのです。

「両親が元気な内に、
歌を聴いてもらわなくっちゃ!」
これが、コンサートをしようと思った
きっかけです。

父の実家近くのレストランでコンサートをしました。皆さんに喜んで頂き、2回目のコンサートも開催できました。

と、コンサートの数日前だったでしょうか・・。
ピンクの可愛い割烹着を着て、
店の手伝いをしていると
宮内駅前商店会の名刺を持った男性が
二人訪ねて来ました。
父の実家から車で15分ほどの
宮内という町の方々でした。

宮内は、童謡なしょ話の詞を書いた結城よしをの故郷で「童謡の町 宮内」をアピールしていきたいとのお話。そして、その一環として行われる「待合室コンサート」のお話を頂いたのです。


人生はどこで何が起こるか、本当にわかりません。


それから15年ほど
「待合室コンサート」をして、たくさんのことを学びました。

何を演奏し、何を話したら
お客様に喜んでもらえるのか。
どうしたらお客様の足を
止められるのか。

色々試してわかったことは…
よく知られている曲を演奏する。
でも、音楽家としての「見せ場」も必要。
トークは長すぎてもダメ。
お客様だけでなく、主催者にも喜んでもらえるものを工夫する。
新しいことをやってみる。例えば、お箏とやってみる。ソプラノやテノールとのデュオをやってみる。


ここで試行錯誤しながら
トークコンサートの原形が
できあがっていったのでした。




こちら打ち上げでよく頂いた
宮内のお酒<東の麓:あずまのふもと>
美味しいのだ、これが!(#^.^#)
b0345420_02394454.jpg




[PR]
by kannochie | 2017-04-16 02:37 | 自己紹介 | Comments(2)

【自分史7】トークコンサートルーツの話《お客様行かないで!編》

この記事とは別の自分史7を
書いていたのですが、
時系列を考えると
先に挙げるべきことがありましたので、
以前に書いた記事を編集したものを
【自分史7】として改めてアップしました。

<2015/5/14の記事を編集>
お陰様でカフェブレニーでの
ミニ音楽会も2015年6/13(土)で
12回目を迎えます。ありがとうございます。

さて、次回のプログラムを決めるにあたり
これまでのコンサートの資料などを
引っ張り出して色々見ておりました。
そして、現在の音楽会の原型となった
コンサートのことを思い出しました~!!

教員を辞めた次の年から4年ほど
トリックアートの美術館で
コンサートをする機会を頂きました。

このコンサートも教員時代の同期の
お口添えによって実現しました。
ゆりちゃん、ありがとう!

最後の2年間では、
コンサートを20回以上しましたので、
ほぼ月1のペースです(>_<)


一番初めのコンサートのプログラムが
資料の中から出て来ました。
b0345420_02065852.jpg

オールクラシック。
しかも有名どころの曲もほとんどなく
自分が歌えるもの
自分が歌いたいもの、という感じです(T^T)

なんにも わかっていな~~い、私!!(>_<)

絵を見に来た方がついでに
立ち寄れるコンサートです。

こんな選曲をしたら結果は明らか!
絵を見ながら列が流れていく。
その合間に聞いて下さるお客様も
いらっしゃいましたが
ほとんどは、立ったまま。

並べられた椅子に
座って下さったお客様も
一曲終わると立ち去ってしまう…

誰もコンサートに興味はないのです(ToT)
いや~悔しかったです。

なんとかして
お客様を立ち止まらせて
椅子に座ってもらって
最後まで聴いて頂きたい!
これが目標になりました。

そうなるには、どうしたら良いのか…??








[PR]
by kannochie | 2017-04-16 00:00 | 自己紹介 | Comments(0)

90歳のカフェ友さんができました。

カフェでの勉強を切り上げて、
片付けをしていると声をかけられた。
「ここ、空きますか?」

空きますよ と返事をしながら振り返ると、
カフェでよく見かける品の良いご婦人。
白髪が美しい。

広げていた楽譜を見て
「コーラスをやっているの?」と聞かれたので、
歌う仕事をしていることを伝えると
「あら。そうなの!私、90歳なんですよ。」と。

辞書をひきながら
古典を読んでいるのをよくお見かけして、
スゴいなぁと思っていたことをお伝えした。

「頭も体も使わないと衰えていきますからね。でも90歳なので、よそ様のお顔が覚えられないんですよ。」

b0345420_17032452.jpg



5/14の八千代中央図書館コンサートのチラシ
昨日の稽古でもらったばっかり!(σ´∀`)σ♪
かんちえマガジンも数部
今朝かばんに入れたばかり!(σ´∀`)σ☆

この2つをお渡しして、
またお会いしましょうと席を譲りました。

「ここの席、とっても集中できるの。3~4時間は読めるわね。」

はい。それも存じておりますよ。
エアコンの風も控えめ
店員さんからも死角になるこのお席
空いていれば私も必ずここへ座りますから!(^_-)


私も将来このご婦人のように、
好奇心を持って本を読んだりできるかしら…。
そうありたいな。





[PR]
by kannochie | 2017-04-12 17:01 | 出会い | Comments(2)

今日は朝活。変顔で失礼します。

ブログ一覧で変顔がいきなり
目に飛び込んで来るのも
ご迷惑かと思い、チラシが最初で失礼します。

b0345420_12390070.jpg



朝活したらちょっと眠くなってきたので
ジドリ写真で笑って元気回復。
笑うってスゴいなー!
左上がお気に入りですが
改めて見るとゾンビですね笑笑

b0345420_12584592.jpg




[PR]
by kannochie | 2017-04-06 12:36 | 自己紹介 | Comments(6)

かつて歌ったCMを見つけました。

【過去の記事を再編集しました。】
YouTubeを眺めていたら
かつて歌ったCMがありました。

仕事がなくてどんよりしていた日々。
歌ったCMがテレビから流れてくると
元気が出て、「頑張ろう!」という
気持ちになりました。
2~3回しか見たことないですが(^o^;)



9万9千800円のパソコン買うならソーテック♪






最後の最後で「保険工房!」と歌う
一声だけのCMでした~笑
10分で収録終了でした。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0345420_00143025.jpg


[PR]
by kannochie | 2017-04-05 00:00 | 自己紹介 | Comments(2)

【自分史6】ビビりな自分とさよならしよう

「うたよみざる」で知り合った方が
エイジェントを紹介してくれました。

私の人生の7割は「いい人の恩情」で
成り立っている。

今回の人といい
うたよみざるへ
つないでくれた人といい…
私の人生の7割は「いい人の恩情」で
成り立っている。間違いない。


このエイジェントから
CMや映画のコーラスのお仕事や
オーディションの話を頂きました。

初めてのオーディションは
子役オーディションで有名なアニー!
サーバントの中の一人
女中頭みたいな役。
最後の二人まで残ったのですが
ビビりなために
チャンスを逃したというお話です。


オーディション当日
日テレに行くと
子役を目指すキッズとママの
ものすごい数に圧倒され
場違い=アウェイ感満載。

かなり頑張って
大人のオーディション会場まで行くと
これまた、たくさんの人人人。

しかも
スタイル抜群で
美人と可愛い人しかいない。
金髪茶髪ほぼほぼ舞台メイク…
そんな人ばかり。
当時はダンサーが多かったと思います。

完全に場違いです。
私のぽっちゃり写真覚えていますよね?
あのナリですから。

その中から9人だけが
いきなり呼ばれて別室へ。
(やや)ぽっちゃりの「明らか歌い手です」
みたいな9人に私も入っちゃった。

自由曲を1曲用意するよう
言われていたので
私は「美女と野獣」を歌いました。
場はアウェイでも歌は本職だから
ちょっとは頑張れました。
外国人の演出家の先生が
ノリノリで聴いてくれたのが救いでした。

そしたら私、呼ばれましてね。
「演出家がもっとアップテンポの曲も
聴いてみたいと言っています」と。

いやいやいや( ̄▽ ̄;)
いやいやいや…何言っちゃってるんですか。
そんな用意ないですよ。
ハイ!アウトーー!


今ならね
アニーをちゃんと観て←
どんな役どころで
何が求められているかを考えて
雰囲気の違う曲を
2~3曲持って行きますよ。
何なら頂いていた台詞以外の
場面も予習して行きますよ。


結局、
最後の選考に残った二人は
その場でアニーの中の歌を
稽古して歌いました。
アニーの予習してないんで初見です(^_^;)
ホントに初見って苦手なんです。

歌の次は、
台詞のオーディションです。
事前にもらった台詞。
暗記できてないけど←
練習したからがんばろって思ったら

「えっと、演出家が違う場面の台詞を
聞きたいと言ってますので
差し替えお願いしま~す!」

はっ!?Σ(゚д゚lll)

「30分差し上げますので
準備お願いしま~す!」
って、広い部屋に二人だけ
ぶちこまれて各自台詞の稽古。
こういう状況もものすごく苦手。

相手の声ばかりが耳に入ってきます。
一人にならないと集中できないーー!
何度読んでも
台詞が頭に入ってきません。
あー、トイレに行って
練習すれば良かったのかな笑


結果はもちろん惨敗orz


こんなビビりな自分とは
さよならしたい!
さよならしよう!!
いや、さよならするんだーー!!






<アニー>ホームページより拝借しました。
b0345420_00592715.jpg




[PR]
by kannochie | 2017-04-04 00:58 | 自己紹介 | Comments(2)

外したくない予定は先に入れる。これ大事。

ミュシャが来ている。
「ブログに書いておけば
時間をつくって行けるだろう」
とは、浅はかな考えだった。

予定に組み込まなければ
映画も展覧会も
観劇も休みもナイのだ。


今年はバーチカルの
手帳にして3年目。
音楽の予定はピンク
それ以外の予定は黒
その日までにやる
タスクは水色で書いている。

色を分けることで
頭が整理され優先順位が
はっきりするようになった。
また、忘れっぽい頭脳には
水色のタスク記入がとても有効。
何度も助けられた。

休みになると
変に落ち込んだり
ちょっとした罪悪感のある
回遊魚体質なので笑
何もナイ日はいらないが
遊び=心の栄養補給は必要。


駅の看板で
ミュシャが来ていることを知った。
アンテナもっと高くしないとな(^o^;)
b0345420_23024431.jpg



ツイッターで誰かが言っていました。
ミュシャの絵は
タロットカードの絵のようだと。
たしかに~!でも好き~!
スラヴ叙事詩が
やはりスゴいらしい。


さらに
草間彌生 わが永遠の魂 展も。
チェックしていたのに
いつ行くか決めないまま忘れてた。アホね。
外したくない予定は先に入れる。これ大事。




[PR]
by kannochie | 2017-04-02 23:02 | 大切なこと | Comments(0)