タグ:童謡・唱歌 ( 72 ) タグの人気記事

16.11.25さくらの会練習ノート

・・練習日について・・
12/2・9・16の3回(23・30はお休み)
1/6・13・20・27の4回です。

新年は1/6からです!よろしくお願いします。



冬のメドレー・オンブラマイフの練習と、春のメドレー・赤とんぼの復習をしました。


《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング+maーaーa

スタカート

no-o-o(ドミソミド)

ロングトーンla




冬のメドレー

おおさむこさむ
やまから「こぞうが」の音程、正しく歌えていましたよ。

「やってきた」の"き"の無声音は、揃っていませんでしたので、次回確認をしますね。


たきび
「あたろうか?」←ソプラノ
「あたろうよ」←アルト
いい感じでしたね!



前回、リズムを正しく歌うように指示しましたが、ちょっとやり過ぎの感じがしました。フレーズも感じられるように歌えるとよいと思います。


冬の夜
ハーモニーはもっとキレイになると思います。下降形のメロディーで音が下がらないように気をつけてみましょう!



冬景色
音域が広いので、しっかり準備をしてから歌い始めましょう。


スキーの歌
ソプラノもゆっくりなら歌えるようになりましたね。まずは、正しく歌えるよう、焦らず練習をしていきましょう。
アルトが主旋律になりますから、ぐぐっと前に出てくる感じで、明るくハツラツと歌って下さい。



雪の降る街を
音程や強弱を確認しました。曲の雰囲気に流されている感じがしました。リズムや音程、言葉のさばき方などをもう一度意識して、きっちりと歌ってみましょう!



オンブラマイフ
練習の後半で歌ったのが良かったのか、今までで一番良かったと思います。
練習中に歌詞の話が出ましたが、カーラエダマービレと歌うところは全て"マ"に向かってフレーズを作っていきます。ちなみにamabileはイタリア語で「いとしい」「愛らしい」の意味です。


春のメドレー
一度通しました。久し振りでしたがよく歌えていたと思います。以前より歌えるようになったなぁ~と、皆さんの上達が感じられて、私はとても嬉しかったです!
「うぐいす」「花のまわりで」では音程を確認しましょう。



赤とんぼ
3・4番を復習しました。ソプラノのハミングのファの音が課題ですが、以前より良くなっていますよ。発声練習で、声の出し方を確認していきます。


次回は秋のメドレーをやると申し上げましたが、ほとんど練習していませんでしたね。失礼しました。

次回は、うぐいす・花のまわりで・夏の思い出・浜辺の歌・椰子の実の復習と、冬のメドレー・オンブラマイフの練習をする予定です。こんなに歌えるかしら…(^_^;)


昨日の雪で、季節は一気に冬へ…風邪やインフルエンザもはやり始めましたので、どうぞお気をつけ下さいね~(^^)/

b0345420_21404163.jpg



[PR]
by kannochie | 2016-11-26 01:22 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.11.18さくらの会練習ノート

・・12月と来年1月の練習日程について・・
12/2・9・16の3回(23・30はお休み)
1/6・13・20・27の4回です。
☆3/25に発表会もありますので、新年は1/6から練習をすることになりました。よろしくお願いします。



オンブラマイフ、冬のメドレーを中心に練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

maーaーa

スタカート

no-o-o(ドミソミド)

レガートi

ロングトーンla



オンブラマイフ
発声練習で声がよく出ていたので、オンブラマイフをやってみたのですが、なんとなく声がもったりとしていて、遅れて聴こえる感じでした。ですので、子音を前に出して母音の発音が拍と合うようにと指示しました。

ソプラノ
高い音へ跳ぶ時、特に下からずり上げているような印象でした。それが原因で遅れて聴こえていたようです。
響きのポイントや支えを意識して、十分に準備をしてから(=先に息を流すような感覚で)歌いましょう。



アルト
ソ・ラ辺りの音は、歌いやすい高さなので逆に響きの薄い声になりがちです。音楽が安っぽく聴こえてしまいすので、支えや響きを意識して歌ってみましょう。




冬のメドレー

おおさむこさむ
やまから「こぞう」が
↑音程気をつけましょう。

「やってきた」の"き"は無声音です。ちょっと意識をすれば大丈夫です。やりすぎると「やってった」に聴こえてしまいますので(^o^;)



たきび
「あたろうか?」←ソプラノ
「あたろうよ」←アルト
このように歌って、会話に聞こえるようにしましょう。




符点のリズムとそうでないリズムがありますので、音符をよく見て歌いましょう。正しく歌うと曲もしまりますね!


冬の夜
P51の3段目
ハーモニーの練習を重点的にしました。正しい音程で歌うこと、声質や母音の発音のしかたを揃える必要がありそうです。
これから少しずつ取り組んでいきますね。


冬景色
ソプラノ
レより上の音は、支えをしっかりと。この曲は音域が広いのでメロディーに翻弄されないように、次のフレーズをイメージしながら歌いましょう。

アルト
P52の3段目~
レの音が下がらないように気をつけましょう。ハミングで練習をしている響きを意識してみましょう。




スキーの歌
3度の和音が多いので、つられやすいかもしれませんね。まだまだ余裕がない感じですので、毎回練習をすゆようにします!


ペチカ
歌詞にはペィチカとありますが、調べてみると誤りである可能性が高いようですので、「ペチカ」と歌っていきます。楽譜をよく見て、正しいリズムで歌えるようにしましょう。
この曲、ユニゾンはもったいないなぁ…合唱譜がないか探してみます!



雪の降る街を
ソプラノ
音も高く、ロングトーンもたくさんあり、しかもメドレーの最後の曲。スタミナが必要ですね。後半はまだ歌い切れていませんので、時間をかけて練習をしていきます。

アルト
同じ音が続くところが多く、なんとなく単調になりがちです。情感豊かに歌えるよう練習していきましょう。



寒かったり、暖かくなったり…体調を崩している人が多いようです。どうぞお気をつけ下さい(^^)/

b0345420_21404163.jpg

[PR]
by kannochie | 2016-11-18 23:39 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.11.11さくらの会練習ノート

赤とんぼ、オンブラマイフ、スキーの歌、雪の降る街を
を中心に練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

ハミング+maーaーa

レガートe

スタカート

ロングトーンLa



赤とんぼ
先週歌えなかったので、思い出し稽古という感じでした。抑制的な歌い方で仕上げたいと思っていますが、今の段階では伸びやかに歌うよう心掛けて下さい。その方が声も音程も安定します!

歌い始め「夕焼け小焼けの赤とんぼ」は、強弱とフレーズの持っていき方で"うねり"が作れるとよいと思います。

赤とんぼの"赤"を丁寧に、やや強調して歌って下さい。


ソプラノ
「負われて」の"れ"の音程がしっかり上がれると、次の"て"も下がらないので、意識してみて下さい。

アルト
音が跳躍せず、すぐ隣の音へ上がる時も、響きを意識して歌って下さい。丁寧な感じが伝わります。






オンブラマイフ
良くなってきましたね。歌うための体力がついてきたように思います。

ソプラノ
最後のページの「カーラエダマービレ」の"マ"の音程&その後の「ビレ」の音程。ここがポイントですね!

アルト
よく歌えていますので、よりレガートに、より大きなフレーズが作れるとよいと思います。




冬のメドレー
ユニゾン、よくなりましたね!

おおさむこさむ
「やってきた」の"き"は無声音になります。yattekta←こんな発音になります。
歌詞を音読するとわかりますよ!yattekitaとは発音していないですよね。



スキーの歌
音が取れていなかったところ、できるようになりましたね。みなさん練習してきて下さったようで、ありがとうございます!

まだ不安そうですので、次回も音程を確認します。



雪の降る街を
ソプラノ
この曲、意外と音が高く簡単ではありません。後半はロングトーンが聴かせどころとなります!

アルト
半音が取りにくいですね。また、ソプラノの音程が動くのに、アルトは同じ音を保つところも難しいですね。来週、もう一度音程を確認しましょう!



・・12月と来年1月の練習日程について・・
【12月】12/2・9・16の3回(23・30はお休み)
【1月】1/6・13・20・27の4回です。

3月に発表会も控えていますので、新年は1/6から練習をすることになりました!よろしくお願いします。



風邪が流行っています。
気をつけてくださいね~♪

b0345420_21404163.jpg



[PR]
by kannochie | 2016-11-12 02:03 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.11.4さくらの会練習ノート

オンブラマイフ、スキーの歌を中心に練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン

レガート


オンブラマイフ
発声練習では声は出ていたのですが、曲になったら響きが薄く揃っていないような感じがしました。

発声練習で、声をコントロールするためのポイントについてお話ししましたが、ちょっと行き過ぎてしまったのかもしれません。

声が揃わないので、ハーモニーもうまく作れませんでした。ですので、練習の後半で再度歌って頂こうと思ったのですが、時間が無くなってしまいました。配分が悪くてすみません。
次回の練習で、発声を含めもう一度確認しましょう。




冬のメドレー
ユニゾンも、全員で気持ちを合わせて歌うことが必要だと感じました。ただ歌っているだけでは、何も伝わってこないです…ユニゾンの怖さですね。

メドレー後半の音取りが終わりましたら、曲のキャラクターを考えながら歌い込んでいきましょう♪



スキーの歌
上のパートをアルト、下のパートをソプラノが歌います!

同じ歌詞なのに、異なるメロディーがついているので混乱しやすいですね。さらに、音が跳んだり、逆に半音の下降形だったり…この曲もなかなか手強いようです。
シやシ♭の音も取りにくいですしね(>_<)
時間をかけて、丁寧に仕上げていきましょう。


11月になりました。
寒くなってきましたね。
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。
b0345420_21404163.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-11-04 16:53 | 合唱団さくらの会 | Comments(2)

16.10.28さくらの会練習ノート

赤とんぼ、冬の夜、冬景色、スキーの歌、オンブラマイフを練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

レガート

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン


呼吸は安定していて良かったと思います。地声は無理をして大きな声を出そうとすると喉に力が入ります。いつも「大きな声で」と声をかけていますが、歌へのスイッチをオンにするつもりで、のびのびとおおらかに歌って下さい。


ハミングやmaーaーaは大きな声にならないように。細くあたるポイントを見つける感じです。




赤とんぼ
裏拍をしっかり歌うこと、さらりと歌い進まずに丁寧に歌うことを意識するとよいと思います。

ソプラノ4番のハミングが難しいですね。ソプラノだけだと歌えますが、アルトが入ると音程が悪くなります。
発声の仕方も要因かと思いますので、発声練習でもう少し高い音までやってみようと思います。




冬のメドレー
「冬の夜」と「冬景色」のアルト、「スキーの歌」のソプラノの練習をしました。

「冬の夜」は易しそうに見えますが、意外と難しいですね。支えをしっかりと意識して、安定して歌えるようにしていきます。





オンブラマイフ
声が出てきたところで歌うとまた違いますね。良くなってきたと思います。
ソプラノの二重母音(1つの音符に母音を歌うところ)、ラエと発音するところで音が下がらないようにしましょう。



もう10月も終わりますね。
急に寒くなってきましたから、体調にお気をつけ下さいねー(^-^)/

b0345420_16103871.jpg





[PR]
by kannochie | 2016-10-28 23:43 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.10.14さくらの会練習ノート

オンブラマイフ、赤とんぼ、虫の声、<冬のメドレー>のおおさむこさむ、たきび、雪、冬の夜を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

レガート

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン


今回は声がよく出ていましたので、響きの練習よりも、レガートの練習を優先した方がいいと思い、いつもと順番が少し変えました。


オンブラマイフ
ソプラノ
P31ディヴェジェタービレ と歌うところが2箇所ありますが、旋律がミレドシと下がってきます。音が下がらないように気をつけましょう。
P31の2段目マービレ
ここも音程が悪くなりやすいので、丁寧に歌っていきましょう。


アルト
P31の2段目マービレの「ビ」
レ→ラ♭へ跳躍します。ラ♭が下がらないように。
 


赤とんぼ
「裏拍をしっかり歌う」という練習をしました。スラーが書いてあるところはもちろんですが、そうでないところも裏拍を意識することで、丁寧に歌うことができます。
ただし、そうするとテンポが遅くなることがありますので、「歌い進む」ことも忘れずに。

ソプラノの4番のハミング。良くなってきましたが、2段目のファの音がちょっと苦しそうに聴こえます。発声練習をしっかりやっていこうと思います。このパッセージもちょっと難しいと思いますが、アルトと調和してきたように思います。たっぷりと歌えるよう練習していきます。

秋のメドレーは、歌ったことのある曲が多かったので割愛し、<冬のメドレー>に進みました。

おおさむこさむ・たきび・雪はユニゾンですので、皆でリズムや音程を確認していきました。
「おおさむこさむ」や「たきび」では、面白さが伝わるような曲作りをしたいと思います。

「冬の夜」はソプラノパートを全員で歌いました。
P51の3段目 いろりびはーの符割を確認しました。




虫の声
生き生きと楽しい虫の合奏が聞こえてくるようでした。
「ちょんちょんちょんちょん すいっちょん」最高です!



風邪がはやっているようですから、体調に気をつけて下さい(^-^)/


b0345420_16103871.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-10-18 22:43 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.10.7さくらの会練習ノート

オンブラマイフ、赤とんぼ、虫の声、少年時代を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



オンブラマイフ
ソプラノ
声はよく出るようになってきています。ですので、これからは響きを揃えていくようにしましょう。
練習中も何度かお話していますが、目の奥といいますか、副鼻腔の響きポイントを意識して声を出すようにしましょう。
発声練習の時のハミングで、それを見つけていきましょう!


アルト
声も響きも良くなってきましたので、跳躍するときに音が下がらないように気をつけましょう。また、レガートを意識して、大きなフレーズを作ってくれるとソプラノもぐっと歌いやすくなると思います!
 




赤とんぼ
美しい日本語の歌の代表的な作品です。山田耕筰の作品では、発音に気をつけて歌う人が多いです。
例えば、「や」はiya「ゆ」はiyu、「か」はkwaと発音すべし、という方もいます。

私は、そう決めつけなくても、会場で歌詞が自然に、はっきりと聴こえればよいと思っています。
会場の大きさや響き方・お客様の数等で、聴こえ方は違いますから。

でも、山田耕筰はこうあるべき!と考える人がいる、ということは知っておくべきだと思います。


ソロと違って合唱では、全員がピッタリと揃っていないと、歌詞が伝わりにくいと思います。加えて、時代を経てわかりにくくなってしまった言葉(負われて、桑の実、ねえや等)も多いので、子音のタイミングや母音の発音などを揃えていきたいと思っています。



少年時代
豊かな響きの声で、でも軽快に歌う、ということが勉強できたかなぁと思っています。




虫の声

「あれ?鈴虫が鳴いている!」
→子供が驚いた様子、嬉しそうにお母さんに報告する様子が伝わるといいですね。

ちんちろちんちろりん
→擬音語。それらしく聴こえるよう、ニュアンスを作って。

「あれ?松虫も鳴いている!」
→虫の声に気がついた少年は、ちんちろりんの後に、より耳を澄ましたのでしょうね。


こんな風に、ドラマを作っていくと曲も生き生きとしてきましたね。ブレスの仕方なども工夫しながら、曲を作っていきます。



涼しくなってきましたね。体調に気をつけて下さいね(*´∇`*)


b0345420_16103871.jpg

[PR]
by kannochie | 2016-10-10 16:07 | 合唱団さくらの会 | Comments(2)

16.9.23さくらの会練習ノート

【練習日のお知らせ】
来週の9/30(金)はお休みです。



オンブラマイフ、赤とんぼ、少年時代、虫の声を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



オンブラマイフ
通して歌うと、後半で音が上がりきらなかったり、ロングトーンでの支えが弱くなったりしますが、長く歌えるようになってきましたね。
持久力ついてきたと思います!

P29の歌い出し
ソプラノはもう少し声量があった方がよいです。しっかり歌い始めてみて下さい。

P30の1段目2・3小節目
「ラエ」と発音するところ、全員でタイミングを揃えましょう。
ラエーやラーエなど色々聞こえます。

ソプラノ
「マービレ」の「ビレ」で音が下がらないように気をつけて下さい。「マー」は、意識できていますので、あと一息です!

アルト
「ラエ」のラ♭の音、丁寧に上がって下さい。
 


赤とんぼ
例えば、P12の2段目「はたけーの」の「ー」のようなところはスラーです。丁寧に滑らかに歌いましょう。

ソプラノ
P13の2段目3~4小節目
ハミングのドミファミの音程に気をつけましょう。特にファの音が下がらないように。
P13の3段目3小節目
ドの音は、前もってしっかり準備を整えて歌うようにしてみましょう。
P14の1小節目
「とまって」の「て」の音(レ)も下がりやすいので注意しましょう。次のファの音も歌いやすくなると思います。

アルト
この曲のラ♭の音が少し低いことがあります。例えばP12の2段目「はたけーの」の「け」の音など。曲全体に言えそうですので、ラ♭に要注意です。


少年時代
リズムを刻むことと、レガートに歌うことの両立はなかなか難しいですね。それと同様に、支えや響きがしっかりとした声で軽やかに歌っていくことも厳しいなぁと改めて感じています。

ソプラノはP11の1段目のリズムが甘くなりがちなので、気をつけてみて下さい。




虫の声
アルトの音取りをしました。ソプラノとは3度の和音が多いので、もっときれいなハーモニーになると思いますので、練習していきます。

擬音語(ちんちろ・りんりん等)はそれらしく聴こえるよう、やや子音を強めに発音したり、母音を明るく発音したり、工夫してみましょう!

一番最後のフレーズ「ああ おもしろい むしのこえ」は2番のみゆっくりになります。



次回の練習は10/7(金)です。
きっと虫の声が賑やかになっていることでしょう。
でも、明日はまた暑くなるとか。体調にお気をつけ下さいね(*´∇`*)ノ

b0345420_14023172.jpg







[PR]
by kannochie | 2016-09-26 22:21 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.9.16さくらの会練習ノート

【練習日のお知らせ】
9/30(金)はお休みです。


オンブラマイフ、赤とんぼ、少年時代を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



オンブラマイフ
今回は、よりレガートに歌って頂くよう指示をしました。拍や歌詞があいまいにならないようハッキリ歌うことと、レガートに歌うことは相反することのようですが、そのバランスがうまくいった時に、心地よく音楽が流れるのだと思います。

今回の練習では、ロングトーンが支えきれずに後半で音が下がることが多かったように思います。




赤とんぼ
ソプラノ
ハミングの部分が課題になっています。「ウ」やハミングの方が歌いやすいとのことでしたので、それで歌っていきます。
P13の2・3段目の2分音符のドが下がりやすいです。その1つ前のシの音から気をつけていきましょう。


アルト
転調直後のシ♭も取れるようになりました。今後はよりレガートに歌えるよう練習していきましょう。



少年時代
ポップスではありますが、しっかり支えや響きを意識して歌うようにしましょう。
音が上昇するところ、盛り上がった後に音が下降するところで、音が下がりやすいです。

リズムについては、練習の時にもお話ししましたが、意識しすぎて"跳ねる"ような感じになることがありますが、まずはリズムを体に入れてから修正していきますね。




季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。
どうぞお気をつけて(^-^)/

b0345420_14023172.jpg








[PR]
by kannochie | 2016-09-17 12:35 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)

16.9.9さくらの会練習ノート

【練習日のお知らせ】9/30(金)は5週目にあたりますのでお休みです。

浜辺の歌、オンブラマイフ、赤とんぼ、虫の声を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



浜辺の歌
発声練習で声がよく出ていましたので、歌って頂きました。拍を意識して歌うとテンポにもうまく乗れると思います。そうすると、音程やフレーズが自然とうまくいくようです!


オンブラマイフ
前回、注意をしたところは良くなってきたと思います。高い音がうまくいった後、気が抜けて音程が悪くなることがあります。下降音程にも気をつけてみて下さい。

こんな風に書くと、「結局、気をつける所は全部!?」となってしまうのですが…一つできるようになれば、次のステップがあるということなんですね~。



赤とんぼ
ソプラノ・アルト共に、なんとか音取りができましたね。

ソプラノはハミングのところが課題ですね。しばらくは「ル」で歌っていきましょう!

アルトは転調するところが課題でしたね。
14ページの1小節目のシ♭の音。そして、そこから半音ずつ下がってくる旋律が難しいと思います。次回も練習します!



虫の声
みんなで主旋律の確認をしました。覚えているものと符割りが違うところがありましたが、みんなで揃えることができました。
次回、アルトの音取りをします。



秋雨の季節でしょうか…?雨が続くようですね。
季節の変わり目です。どうぞお体に気をつけて。金曜日にお会いしましょう~♪

b0345420_14023172.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-09-13 00:26 | 合唱団 | Comments(0)