タグ:東の麓 ( 1 ) タグの人気記事

【自分史8】コンサートは父の入院がきっかけだった。

父が1ヶ月ほど入院したことがあります。
当時、両親と弟は山形県の赤湯という温泉街で、揚げ饅頭の製造販売をしていました。
そこは父親の実家、私から見れば「おじいちゃんの家」になる訳ですが、ここで父と母と弟は『どらまん』という揚げ饅頭をつくっていたのです。私は千葉で一人暮らし。

父は通院でもよかったのですが、
母や弟の負担も考えて入院となり、
私が山形へ出向いて手続きをしました。
病室へ行くと、パジャマ姿で
ベットに腰掛けている父がいました。
この時、初めて思ったのです。
「いつか本当にこういう日が来るのだなぁ」と。
そう、今回は家族の都合もあって
入院となりましたが、いつか本当に
お世話になる日が来るのです。

「両親が元気な内に、
歌を聴いてもらわなくっちゃ!」
これが、コンサートをしようと思った
きっかけです。

父の実家近くのレストランでコンサートをしました。皆さんに喜んで頂き、2回目のコンサートも開催できました。

と、コンサートの数日前だったでしょうか・・。
ピンクの可愛い割烹着を着て、
店の手伝いをしていると
宮内駅前商店会の名刺を持った男性が
二人訪ねて来ました。
父の実家から車で15分ほどの
宮内という町の方々でした。

宮内は、童謡なしょ話の詞を書いた結城よしをの故郷で「童謡の町 宮内」をアピールしていきたいとのお話。そして、その一環として行われる「待合室コンサート」のお話を頂いたのです。


人生はどこで何が起こるか、本当にわかりません。


それから15年ほど
「待合室コンサート」をして、たくさんのことを学びました。

何を演奏し、何を話したら
お客様に喜んでもらえるのか。
どうしたらお客様の足を
止められるのか。

色々試してわかったことは…
よく知られている曲を演奏する。
でも、音楽家としての「見せ場」も必要。
トークは長すぎてもダメ。
お客様だけでなく、主催者にも喜んでもらえるものを工夫する。
新しいことをやってみる。例えば、お箏とやってみる。ソプラノやテノールとのデュオをやってみる。


ここで試行錯誤しながら
トークコンサートの原形が
できあがっていったのでした。




こちら打ち上げでよく頂いた
宮内のお酒<東の麓:あずまのふもと>
美味しいのだ、これが!(#^.^#)
b0345420_02394454.jpg




[PR]
by kannochie | 2017-04-16 02:37 | 自己紹介 | Comments(2)