タグ:本 ( 19 ) タグの人気記事

八千代っ子ですが、船橋ラブです!

電子ピアノの搬入で、お世話になっている船橋市行田のカフェブレニーへ来ました。
敬老園の運転手さん、ありがとうございました。

搬入後は、大好きなマンデリンを。
b0345420_16175536.jpg






2月のミニ音楽会では、
珈琲&チョコレートの物語に音楽を合わせられないかな、とマスターに話したら本を貸してくれました。楽しそう!
お正月に読んでみます~。
b0345420_16193480.jpg








そして、自分へのクリスマスプレゼント?
ずっとずっと欲しかった名刺入れを買っちゃいましたーヽ(^○^)ノ♡
b0345420_16202626.jpg








帰りに乗った電車は・・
もしや一日2往復のみの京急乗り入れ電車かも?

この情報は、知り合いの乗り鉄に教えてもらいました。
乗ることを重視している鉄道ファンを"乗り鉄"というんですってね。こちらも最近知りました(*^^*)


京成船橋~大神宮下の車窓からの景色が大好きです。
合唱団の帰りにいつもすっごく大きな夕焼けが見えるのです。
夕焼け写真はまたの機会として、今日は大きな青空を。
b0345420_16231416.jpg











[PR]
by kannochie | 2015-12-22 16:17 | 日常 | Comments(3)

クリスマスコンサートありがとうございました!~読み聞かせ舞台の鑑賞。

寒かったので、カイロを身につけたまま歌ったら汗だく。
ピアニストに撮ってもらったのですが、
テッカテカの写真になりましたー!いやはや…苦笑
b0345420_15043957.jpg







さて、本番が午前中に終わりましたので、
読み聞かせの舞台を観に来ました。
b0345420_15050867.jpg
図書館コンサート・読み聞かせコンサートへの
ヒントを頂きました。
帰ったらプログラムを練ります!










[PR]
by kannochie | 2015-12-20 18:30 | 舞台 | Comments(4)

来年のことを言うと鬼が笑うかもしれませんが、先を見通して動くことも必要ですよね。

『来年のことを言うと鬼が笑う』

明日のことでさえわからないのに来年のことを言うなんて、普段は笑わない鬼でさえ呆れて笑ってしまうよ、という意味だとか。



鬼に笑われてもいいんで
今後のスケジュールのお知らせですヽ(^○^)ノ

各々のチラシができましたら
そちらと共に、詳細は追ってお知らせします。


もしよろしければ、足をお運び下さい♪

よろしくお願いします。







2015.12.20(日)関係者のみ
◆クリスマスコンサート◆
@敬老園
ピアニスト:渡部佑二 歌:菅野千恵







2016.1.31(日)13時 ¥500
図書と音楽のコラボ
図書館コンサートvol.1
◆わらべ歌と「赤い鳥」◆

@八千代市立中央図書館

電子ピアノ演奏:成家ひろこ
読みきかせ:図書館員
歌と話:菅野千恵

予定演目
カナリヤ 通りゃんせ あんたがたどこさ他
森の絵本(読みきかせ)
b0345420_01314006.jpg

先日立ち上げた"本と音楽のコラボユニット"で出演します。

聴くだけでなく、歌うこともできる参加型コンサートです。

中央図書館に所蔵されている児童文芸雑誌『赤い鳥』復刻版にちなんだ、懐かしい童謡や読みきかせをお楽しみ下さい。
b0345420_01321163.jpg

1月9日(土)より予約開始。












2016.2.13(土)13時/16時 ¥3000
◆カフェブレニー♪ミニ音楽会vol.16◆
@カフェブレニー(西船橋行田)
パティシエ:木村奈都子
ピアニスト:渡部佑二
歌:菅野千恵

バレンタインにちなんで、チョコレートの歴史や物語を音楽とシンクロできないか、ただいま模索中~!







2016.3.6(日)
図書と音楽のコラボ
図書館コンサートvol.2
◆パパママお子さまコンサート(仮)◆
親子で楽しめる参加型コンサートです。






2016.3.13(日)13時 ¥3000(予定)
◆読みきかせ音楽会◆
@ピアノサロン樂~GAKU(北習志野)
読みきかせ:下河内典郁・土屋文代
ピアノ:成家ひろこ 歌:菅野千恵

本と音楽のコラボユニットによる初の自主公演。

物語と音楽の出会いは、きっと大人も楽しめる癒しのひと時になると思います。

長い間歌わせてもらっている"パパとあなたの影ぼうし"の作詞作曲は、こんのひとみさん。
b0345420_01332977.jpg


こんのさんの作品の読みきかせが聴けるかも…!?









2016.3.26(土)
◆わたべ音楽教室・合唱団さくらの会発表会◆
@きららホール(船橋)
日頃の成果を発表します。応援のほど、よろしくお願いします。






[PR]
by kannochie | 2015-12-16 01:29 | コンサート | Comments(2)

僭越ながら水木しげる氏について少しお話をしてもよろしいでしょうか。

今日2015年11月30日、ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる氏が亡くなったと、23時を過ぎる頃に知った。

大好きでした。

あまりの衝撃に、まず連絡をしたのは弟。笑
弟も知ったばかりで、ショックを受けていました。

ニュースを色々検索していたら、これまた私の大好きな荒俣宏氏がコメントを寄せていました。
妖怪研究において、水木しげるは荒俣宏氏の師匠だったとか…。
これは存じませんでしたが、お二人共似た匂いがします。余談ですが、夢枕獏の陰陽師も同じような匂いがして、私は好きです。

水木しげる氏の本との出会いは『ねぼけ人生』。高校1年の時に友人から単行本を借り、後に文庫本を買いました。(画像お借りしました)
b0345420_02033101.jpg


自分とはなんぞや?自分の価値とは?
なぜ生まれてきたのか?

そんなことばかりを悶々と考えていた高校時代から、私を支えてくれた一冊でした。何かに迷った時は『ねぼけ人生』に戻るのです。

今、手元にないのが本当に残念。半身浴をしながら読んでいて水没させてしまったのです(>_<)

『のんのんばあとオレ』もあるばずなんだけどな・・。
久しぶりに、ゆっくり読み返そうと思います。
b0345420_01384994.jpg

水木しげる先生、ありがとうございました。合掌







[PR]
by kannochie | 2015-12-01 01:36 | 大切なこと | Comments(4)

ホットレモネードを飲んでみましたよ!すっぱいものが苦手なのにね。

ノンカフェインの温かい飲み物が頂きたくて

スタッフオススメ!にひかれて頼んだのが

ホットレモネード。
b0345420_14282310.jpg




ノンカフェインのものが

他に無かったんです(^o^;)

でも、そんなにすっぱくなくて良かった。

よい香りに癒されました~♪




さてさて、

これから図書館コンサートの企画を(^^)/









[PR]
by kannochie | 2015-11-16 14:20 | 日常 | Comments(2)

芙蓉の花と吉野弘『生命は』

短大の演劇科を受験する生徒さんを持って
様々な詩に触れることができました。

『生命は』という詩は、
こちらの芙蓉の花から発想を得たそうです。《花言葉事典より》

b0345420_15091232.jpg

芙蓉の花はめしべが長いために、自らの花粉をめしべが受け取りにくくなっています。 受粉のために、虫や風といった他者を必要とするシステムが自然の中にあるのですね。





生命は
                                      吉野弘
生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命はすべて
そのなかに欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない








[PR]
by kannochie | 2015-09-05 15:07 | 大切なこと | Comments(2)

茨木のり子vol.2『汲む』

汲む―Y・Yに―   茨木のり子

大人になるというのは
すれっからしになるということだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女の人と会いました
そのひとは私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子どもの悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと……
わたくしもかつてのあの人と同じぐらいの年になりました
たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです



こちらの写真は、庭のみかん。その青さが沁みます。
b0345420_23511958.jpg










[PR]
by kannochie | 2015-08-20 23:47 | 音楽 | Comments(2)

自分の感受性くらい

自分の感受性くらい
茨木のり子 詩


ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
b0345420_13141402.jpg


本当だ。これ以上ばかものにならぬよう
ここに記しておこう。





[PR]
by kannochie | 2015-08-06 13:12 | 音楽 | Comments(2)

演劇専攻の入試対策

短大演劇専攻の入試に挑む高校3年生のサポートをすることになりました(>_<)


詩(例年 谷川俊太郎の作品が出題されているらしい)を自分なりに解釈し、主人公を設定して朗読をするという試験の対策です。

私は方法論をきちんと学んだ訳でもないので、私なりのアプローチの仕方を愚直に示して、あとは生徒さんにアレンジしてもらうしかないと思うのですが…f(^_^;

私自身の勉強にもなりますし、
大好きな谷川俊太郎の詩だということもあり、
お受けすることにしました。




入試は9月初旬。



あと1ヶ月…。



生徒さんと、谷川俊太郎と、己と
がっぷり向き合う夏になりそうです。



本棚より奇跡的に発掘!
b0345420_13574438.jpg

谷川俊太郎のライヴにも行きたいな!









[PR]
by kannochie | 2015-07-30 13:56 | ちっちゃな独り言 | Comments(0)