タグ:本と音楽のコラボ ( 59 ) タグの人気記事

80年代のヒット曲を捜索中

12/3(日)の花糸公演、前半は宮沢賢治。
後半は"あの頃の歌"的な感じで
80年代あたりのヒット曲や
ニューミュージックを
歌ってみようかと検討中です。

ちょっと調べて
キーワードだけメモをしました。

b0345420_01143399.png


他にも何か
あったかなぁ。。σ(´・д・`)




[PR]
by kannochie | 2017-04-27 01:14 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

自分を知りたいという欲

歌い手は楽器が体内にあって
目に見えないせいか
発声について
自分の感性や感覚に
頼ることが多いです。

もし声帯が見えて
♭ミの音は、あと0.02ミリ
左右の声帯を近づけて!と
言ってもらえたら
どんなにわかりやすいだろう…。

でも、それができないので
自ずと自分の感性や感覚に
敏感になり、頼ることになります。

自分をどのように
コントロールしたら
思い通りの声が出るのか…?
それを突き詰めていくと
「自分とは何か?」になるのかな。

もっとも、これは
歌い手だからなのか
私の特性によるものなのか…
それは、わかりません。

でも自分ってこういう面が
あるんだなって気づいた時
発声にも必ず気づきがあるのです。
だから知りたいのです、自分を。

明日は花糸の稽古。
5/14図書館コンサートと
12/3の公演の稽古&ミーティング。

越えたい壁もあって
歌いたい歌もまだまだあるのです。
だから、自分を知りたいのです。



写真は、我が家の草花。
いつも癒しをありがとう(*^^*)
b0345420_02204697.jpg






花にらかな…夕方になったら花が閉じました。
b0345420_02215392.jpg





b0345420_01192187.png

[PR]
by kannochie | 2017-04-25 02:19 | 図書館コンサート | Comments(4)

すずめとめだかに見る先生と生徒の関係

このタイトルでピンときた方は、
きっと童謡にお詳しい方ですね!

今度の図書館コンサートで
「すずめの学校」と「めだかの学校」を
演奏しますが、この2曲から
当時の先生と生徒の関係がうかがえますよ!


すずめの学校
作詞/清水かつら 作曲/弘田龍太郎
チイチイパッパ チイパッパ
すずめの学校の先生は
ムチを振りふり チイパッパ

めだかの学校
作詞/茶木滋 作曲/中田喜直
めだかの学校の めだかたち
だれが生徒か先生か
みんなで元気に遊んでる


この歌詞を見たとき
「すずめの学校」を歌うのに
少々抵抗があったのですが…
よくよく読んでみると
ムチでぶっている訳ではなく
ムチを振っているんですね。

まぁ、ぶたないとしても
ムチを持ってくる先生は
コワイですけどね(^_^;)




5/14(日)13時~@TRC八千代中央図書館
「わらべうたと赤い鳥2」
参加費500円(小学生以下無料)
図書館ホームページにて告知が始まりました。


こんなお話をしながら皆さんと一緒に
手遊び歌をうたったり、朗読をしたりします。
もしよろしければ、足をお運び下さい♪

5/2(火)10時より受付開始
TRC八千代中央図書館
047-486-2306
b0345420_01192187.png





[PR]
by kannochie | 2017-04-21 01:16 | 図書館コンサート | Comments(2)

うまく繋がりますように

ハンドベルを指導している友人がいます。
ピアニストでもあるこの友人も八千代っ子。
小学校や山形の宮内で
一緒に演奏をしたことがあります。
彼女、美人さんなんですよ~!

現在一緒にやって頂いている
ピアニスト渡部さんも
イケメンでしょ。
花糸のひろこさんも美人でしょ。

「菅野さんは、共演者を顔で選んでいるんですか?」と聞かれたことがあります、ホントに。笑



さて、ハンドベルの彼女から、
演奏する場がなくて困っているので
何か機会があったら…と言われていました。

今年度の図書館コンサートが
5/14と12月に決まって、
ぼんやりと「クリスマスかぁ~♪」なんて
考えていたら、突然ビビッと繋がりました。
クリスマスと言えばベル!!
ハンドベルですよね!?

ハンドベルの彼女と図書館の両方に連絡を取り、
明日直接お話をしてもらうことになりました。
うまく繋がるといいなぁ…☆♪


TRC八千代中央図書館
b0345420_03022752.jpg


b0345420_03032489.jpg




[PR]
by kannochie | 2017-04-19 02:59 | 図書館コンサート | Comments(2)

宮沢賢治を追いかけて

昨日の日曜日は家にこもって
宮沢賢治を
ずっと追いかけていました。

宮沢賢治の詩や
童話の一部
童話の中の挿入歌に
曲がつけられているものが
結構ありました。

合唱が多いようですが
独唱の作品もありましたので、
花糸で演奏可能かを
吟味しながら、
音源を聴き
楽譜があるのか
入手は可能なのかを調べたり、
譜読みをしたり、
宮沢賢治本人や作品について
調べたりしていると
もう夕方でした。

春の夕暮れ、気分転換に
自転車で出かけましたよ。
花糸のメンバーに
楽譜も届けたかったので。

久し振りに晴れて
気持ちがよかったな。
今日は雨降りに
なっちゃったけど…。

あちこちに春が来ていて
ウグイスの声も聞こえました。
写真は自転車に乗って見つけた春。
b0345420_01451319.jpg

左上は家ランチのパスタ。
マイタケとベーコンのトマトソースでございます。

マイタケは免疫力アップが
期待できる食材ですので
風邪撃退のためにも
…というより好きなので
たくさん入れました。

久し振りのお料理でした…!(^o^;)


[PR]
by kannochie | 2017-04-18 01:44 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(6)

宮沢賢治の最後の手紙「楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きませう」

本格的な春もまだだというのに、
冬のお話で恐縮です。
12/3(日)の花糸公演で、
宮沢賢治を取り上げることになりました。

カワイ出版の東日本大震災復興企画
「歌おうNIPPON」プロジェクトによる
委嘱作品「宮沢賢治の最後の手紙」を演奏します。

この作品はピアノと朗読と歌で構成されていて、
教え子への手紙がテキストとなっています。
賢治が亡くなる10日前に書いた手紙です。

その一節。
「楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きませう」


宮沢賢治の投げた
この言葉の波紋が
同心円を描きながら
広がっていきます。
心がさわさわと
波立っていきます。

これから冬にかけて、
宮沢賢治の言葉と
格闘していくことになりました。


月日の流れがはやいと
感じられるこの頃、
ふと立ち止まった時に
これからの人生が
怖くなったり
まだ大丈夫だと思ったり。

ふと振り返った時に
これまでこんなにも
歩いてきたのかと
怖くなったり
まだ大丈夫だと思ったり。

液体でも固体でもない
シャーベットのような
こういった心もとない
不安な気持ちを
宮沢賢治の言葉と音楽によって
昇華させたいと思うのです。




こちらは大好きな絵本の一つ。
宮沢賢治作「やまなし」
b0345420_02334845.jpg


[PR]
by kannochie | 2017-04-12 02:32 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

予定外でしたが髪を切りました。気持ちも新たに前進します。

23回目のカフェブレニーミニ音楽会を終えて
春の雨に翻弄される桜を眺め
美容院の椅子に座ったら
急に髪を切りたくなって
憧れのボブスタイルにしました。

b0345420_21515827.jpg


でも歌う時に髪がアップできるよう
美容師さんと慎重に長さを検討。
本当はもう少し
襟足を短くしたいけれど、これが限界。
でも、スッキリサッパリしました!







さ。次はこちら。
b0345420_21531108.png

童謡の歴史について
話を聞いて頂きながら
一緒に歌ったり
歌に合わせて手遊びをしたりします。


児童雑誌「赤い鳥」は99年前の
1918年7月に創刊されました。
今回のコンサートでは
「赤い鳥」に掲載された
童謡だけでなく
「赤い鳥」のファンだったという
やなせたかし
「赤い鳥」に投稿をしていた
金子みすゞ

こちらの二人の作品も
取り上げながら
「赤い鳥」以降の童謡を
楽しんで頂く企画になっています♪


軽くなった髪と共に
軽やかに駆け抜けます!
願わくば春風のように~♪
シャラララ~ン🌸




[PR]
by kannochie | 2017-04-09 21:50 | 図書館コンサート | Comments(2)

わらべ歌と赤い鳥2~童謡九十九年史~@八千代市立中央図書館

17'5.14(日)
わらべ歌と赤い鳥2~童謡九十九年史~
が八千代市立中央図書館であります。

今日の午前中は、ピアニストのひろこさんと
キャッチコピーの推敲をLINEでやり取り。
女性同士のせい?同世代のせい?
着眼点が似ているんです(*`艸´)

だから
色んな人と出会って
その感性に触れることが大切だと
こういう時に感じるのです、
ヒリヒリするほどに。

だって、誰も他人にはなれない…!



【わらべ歌と赤い鳥2~童謡九十九年史~
聴くだけでなく、歌うこともできるコンサートです。今年は赤い鳥創刊99周年。唱歌に始まり、童謡が生まれ、現代まで歌い継がれるわらべ歌等を一緒に楽しみましょう。その他に、図書館スタッフによる絵本の読み聞かせもあります。





好評だった昨年のチラシ
b0345420_01134972.jpg


今年はデザイナーの
高橋さんにお願いできなくて
残念なのですが、
図書館スタッフさん作のチラシも楽しみです♪



図書館コンサート「わらべ歌と赤い鳥」の記事です。もしよろしければご覧になってください。




[PR]
by kannochie | 2017-03-10 01:06 | 図書館コンサート | Comments(2)

星座のごとく、点在するアイディアを線でつなぐ。

八千代中央図書館で打合せをしてきました。
図書館コンサートは5月・12月
花糸公演は12月になりそうです。

5月の図書館コンサートでは、図書館側からのご要望で、わらべうたと童謡を取り上げることになりました。

打ち合せ後、さっそく図書館内の「研究室」へ。こちらでは童謡雑誌「赤い鳥」の復刻版が閲覧できます。
その他にも児童文学や童謡の歴史や作品・作者に関する資料が揃っています。



昨日の記事で書いたアイディアの作り方
①気になる言葉を片っ端から調べ
②関連性を見つけ
③情報の裏を取り
④携帯のメモ帳や、ネタ帳にぼんやりと書き付け
⑤日々ぼんやりの中で忘れては、時折思い出す

今は②の辺り。
借りてきた本やかつてのネタ帳を見返しながら、できる限りの視野の広さを持って関連性を探っていきます。
それはまるで、点在する星を見えない線で結ぶ星座のよう…!

b0345420_02452927.jpg





[PR]
by kannochie | 2017-03-02 02:42 | 学校公演 | Comments(0)

アイディアの作り方

明日は花糸の企画会議。
b0345420_02543560.png

<花糸紡ぎて>というコラボユニットの言い出しっぺが私なので、きっと私が代表なのですが、ここでの私は完全に末っ子キャラです笑
色々な「思いつき」を「アイディア」に格上げし、さらに「企画」へと昇華してくれる、ひろこ姉さん・典郁姉さんに感謝です。
ちなみにピアニストのひろこさんは年下、読み聞かせの典郁さんの年齢は知りません。念のため笑


私のアイディアの作り方は
①気になる言葉を片っ端から調べ
②関連性を見つけ
③情報の裏を取り
④ネタ帳や携帯のメモ帳にぼんやりと書き付け
⑤日々ぼんやりの中で忘れては、時折思い出す
と、こんな感じです。


歌いたい曲が先にある時には、
①の前に
曲のイメージを言葉にする
という工程が入ります。


今、気になっているのは
宮沢賢治・西条八十・金子みすゞ・谷川俊太郎といった詩人。その人物像が立体的に見えるようなステージができないかな←まだ単なる思いつき笑




[PR]
by kannochie | 2017-03-01 02:50 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(4)