タグ:ネタ帳 ( 93 ) タグの人気記事

あわてんぼうのサンタクロースの謎と私の解釈

吉岡治/作詞 小林亜星/作曲
<あわてんぼうのサンタクロース>を
図書館コンサートで歌うのですが、
歌詞にいくつかの謎があります。

こちらは1番の歌詞↓↓↓

あわてんぼうのサンタクロース
クリスマス前にやってきた
急いでリンリンリン
急いでリンリンリン
鳴らしておくれよ、鐘を
リンリンリン リンリンリン 
リンリンリン



「鳴らしておくれよ、鐘を」とは
誰が誰に言ったもの…?

そもそも、なぜサンタさんは
鈴を鳴らしながら来るの?


調べてみましたよ(*^^*)

サンタさんのソリは
トナカイがひいていますが、
寒い地域では
トナカイがソリをひくのは
一般的なんだそうです。

そして、雪道など
蹄の音がしない場所では、
ソリが走っていることを
周りに知らせるために
鈴をつけていたとか。

だから、サンタさんも
鈴をつけたソリに
乗っているんですね!

さてさて、
<あわてんぼうのサンタクロース>へ
話を戻しますと
サンタさんは慌てています。
ですから、サンタさんが
ソリをひいているトナカイに
「鳴らしておくれよ、鐘を」と。
つまり「トナカイさん、急いで急いで~」
と言っているのでは…?

と、ここまで書いて気がつきました(^^;
鐘と鈴って同じもの…?

えっと、また調べてみました(*^^;)



鐘は多くの人へ
知らせるためのもの。

鈴は特定の人へ知らせたり、
音自体を楽しむことが目的で
知らせるという役割を持たないもの。


ということは…
サンタさんのソリのベルは
みんなに知らせる役割の「鐘」になるのかな!?

という訳で、私は
慌てているサンタさんが
ソリをひくトナカイさんを急かして
「鐘を鳴らしておくれよ」と
言っていると解釈します。

そして、サンタさんは
あえて「鐘」と言っていますので、
自分の存在をみんなに知らせたいのかも…!
という解釈も添えておきます(^_-)☆

b0345420_10450274.jpg

みんなと一緒に歌いたいので
風邪ひかないでね!
インフルエンザにも気をつけてね~!




[PR]
by kannochie | 2017-12-17 01:29 | 図書館コンサート | Comments(0)

休みの時にしたいことを考えていたら閃いた!

年末年始のお休みには本を読みたい。
弟から借りたままになっている
<みかづき>←
まだ読んでなかったのー?って
声が聞こえます。
はい、ごめんなさい。
年末年始は籠って読みまくりますo(^o^)o

もう一つは夢枕獏の<陰陽師>シリーズ

b0345420_01170793.jpg

これも読みたいと思って
だいぶ経ってしまいました(^^;
…と、陰陽師のことを思い出したら
私のアンテナが反応!💡


花糸の読み手のりかさんは京都生まれ。
標準語の朗読ではイントネーションに
苦労しているのですが、
言い換えれば「京言葉のネイティブ」

京言葉での朗読…素敵だと思うのです。
実は稽古中から
のりかさんには京言葉朗読のことを
話してあって、本を捜索中です。


閃いたというのは
京言葉×陰陽師

陰陽師の活躍する場所は京都。
京都をテーマに花糸で何かやれないかな…

京言葉×陰陽師×音楽=?


どうやって
音楽を盛り込んでいくか…
と、まだ ただの閃き。

しばらく頭の中で
泳がせておきましょう。


[PR]
by kannochie | 2017-12-14 01:14 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

宮沢賢治の世界を振り返って

宮沢賢治の世界へのプロローグとして
賢治の人生をまとめたものや年譜を
お客様には前もってお渡ししましたので
プログラムは簡単なものにしました。
その扉がこちら。

b0345420_00521989.png


童話集「注文の多い料理店」の序を載せました。
チラシにも一部を掲載しましたが、
賢治の作品との向き合い方を
教えてくれている気がするのです。

全てをわかろうとしなくていいんだよ、と
賢治が優しく言ってくれている気がするのです。





 わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗らしやや、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。
 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹にじや月あかりからもらつてきたのです。
 ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。 
大正十二年十二月二十日 宮沢賢治





[PR]
by kannochie | 2017-12-07 00:49 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

東逸子の美しい絵本「銀河鉄道の夜」

今日は花糸公演のリハーサル。
朝9時集合でした。
こちらは読み手ののりかさんが持ってきた絵本。
なんて美しいのでしょう・・!

b0345420_23490496.jpg

のりかさんのアイディアで
朗読の時にこちらの絵本を飾ることにしました。

東逸子さんというイラストーターを
私は知りませんでしたが
他の作品も観てみたいと思いました。




[PR]
by kannochie | 2017-12-01 23:44 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

我が子と思って

以前、師匠より
「声は我が子と思って育てなさい」
と言われました。

だいぶ長いお付き合いですが、
今でも我が子に
翻弄されております(^o^;)
でも、この子を育てられるのは
文字通り「私だけ」なので
これからも共に歩んで参ります。

我が子が太めのせいなのか?
私は声が出るようになるまで
時間がかかります。
だから?発声練習がキライです。
だって声出ないんですもの(-_-;)

でも、発声練習の大切さは
身にしみております。
最近取り組んでいる課題のためにも、
もちろん必須な訳で
発声練習へのモチベーションも
(珍しく)高まっています。

今日は久しぶりに
まとまった時間が取れて、
ゆっくりと練習ができました。
そうなると、声も出てくるし
楽しくなってきます♪



さて、こちらの写真は双子楽譜。

b0345420_23062953.jpg

と言っても、1つは改訂版なので
ふたつは似て非なるもの。

60曲の内の1/3程が
刷新されていましたので
迷いましたが、両方連れて帰りました。
2/3は重複しているんです。
売り上げアップのためですかね(-_-;)
楽譜屋さん、お願いしますよ~!


来年にはこの中から新曲を
聴いて頂こうと思っています(*´∀`*)ノ♪



[PR]
by kannochie | 2017-11-26 23:05 | 練習・稽古 | Comments(0)

アンサンブルは楽しい

昨日は花糸の稽古
クラリネットを演奏してくださる
ゲストの綾子さんと初稽古

「注文の多い料理店の序」に
曲がつけられた作品を
演奏するのですが、
ピアノと歌だけだと
何となく硬質な音楽の感じでした。

でもクラリネットが入ることで
牧歌的というか
素朴というか…
優しいのどかな音楽になりました。

丁寧に音を重ねていく
という練習をしたお陰で
音楽の構成も見えてきました。

合唱の作品を一人で歌うので
また少し違った味わいを
出せたらと思っています。

宮沢賢治/詞 林光/曲【序詞】
https://youtu.be/bFRrbMQ9eIE



稽古の後はお腹がペコペコ(>_<)
最近マイブームのサブウェイで
生ハムとマスカルポーネのサンドを野菜多めで。
おいしいね~♪

b0345420_12245702.jpg




もしよろしければ足をお運びください。
御予約承っております。
12/3(日)14時開演 一般3000円 当日3500円
@ピアノサロン楽(千葉県船橋市)北習志野駅より徒歩2分

b0345420_12255573.png




[PR]
by kannochie | 2017-11-13 12:19 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

宮沢賢治の世界へのプロローグ(仮)試作

試作品ができましたヽ(*´∀`*)ノ
頭の中にあったイメージが
こうして形になっていくのは
本当にホントに た・の・し・い!!

花糸メンバーに
サンプルを見てもらって
修正を加えたら
チケットを購入して下さった皆様へ
お届けしたいと思います。

b0345420_23124161.jpg

どうぞよろしくお願い致します。





[PR]
by kannochie | 2017-10-29 23:08 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

花糸紡ぎて公演「本と音楽3」のチケットご購入の方々にもれなく…!

「宮沢賢治の世界 プロローグ(仮)」
というリーフレットを
チケットを購入して下さった皆様に
もれなく差し上げる予定です。

コンサートに行くともらう
(たまには購入する)
プログラムや曲目解説。
あれを事前にもらえたらいいのになぁと
ずっと考えていたのです。

それがあったら
事前に曲を調べたり
YouTubeで聞いたりして、
コンサートを
もっと楽しめるのになぁ~って
ずっと思っていたのです。

ブログはそのための
ツールの一つでもあるのですが、
まとまった文章は
やっぱり紙面で読みたいですし、
プログラムは
知的財産の一つですから
ブログですべてを公開することは
やはりできません(>_<)


そこで思いついたのが
チケットご購入の方々への「全プレ」
=全員にプレゼント!
まだ手描きイメージですが、こんな感じ。

b0345420_01583275.jpg


チケットは雰囲気を確かめるために
前回のものを添えました。

他のコンサートとの
差別化もできますしね(^_-)☆


問題は・・
準備間に合うのか…かんの!


マニアワセル!!( ̄0 ̄)/



[PR]
by kannochie | 2017-10-07 01:36 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

宮澤賢治作品の構成~12/3花糸公演に向けて

明日は花糸の
ミーティングです。
12/3コラボステージ第1部
宮澤賢治作品の
構成を考えます。

演奏する曲や
朗読する作品は
決まっていますので
どんなトークをどこに入れるかなど
そんな話になると思います。
b0345420_00213825.jpg

今日はその下ごしらえで
宮澤賢治のことを
ネットサーフしながら
調べていたら
あっという間に
3時間が経っていました(^o^;)


疲れちゃったなぁ(>_<)
でも練習しないとなぁ。。

こういう時には
「基礎練習だけやろう」と
決めてとりあえず歌うと
やる気スイッチが
入ることがあります。

今日は見事に
やる気スイッチオーーン!

オンになった練習の中で
「むむ…?これかなっ!?」という
ちょっとした発見もあり+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
わーい!嬉しい!!
やる気スイッチありがとう♪


さて、睡眠不足が続いていたので
早めに休むことにします。

おやすみなさ~い(´ε` )zzZ



[PR]
by kannochie | 2017-09-11 00:18 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

ルサルカの抱擁が冷たい理由~月に寄せて♪カフェブレニーミニ音楽会vol.26

10/14のカフェブレニー
ミニ音楽会で
オペラ<ルサルカ>から
「月に寄せる歌」を歌います。


ルサルカとは、
スラヴ神話に登場する
水の精霊のこと。

若くして亡くなった花嫁や
水の事故で亡くなった女性が
ルサルカになると
言われているらしい。

だから、ルサルカの抱擁は
冷たいのですね。
王子はルサルカに
「手も足も(心も)冷たい」と言い放ち
他の女性へ心変わりするのです。

それなのに、ルサルカの姉たちは
王子に捨てられた妹が
湖に戻って来ることを
許さなかった…。

彼女たちもまた
人間になりたかったのですね。
自分の欲望のために
水の世界(=自分達)を捨てた妹を
どうしても許せなかったのでしょう。


古代スラヴ人にとって
森・川・沼などは
不安や疑惑
恐怖の場所だったようです。

ルサルカの住んでいた湖は
こんな感じだったのかしら…?

b0345420_01415532.jpg


森の奥にある湖に住む
水の精ルサルカは
人間の王子に恋をしています。

ルサルカは
「水の国から出て人間になりたい」と
父親に打ち明けます。
失望した父親は
湖の中へと去っていきます。

そして、ルサルカは一人
この「月に寄せる歌」を
歌い始めるのです。


空の深みのお月さま
あなたは
遥か遠くから 
明るい光を送り出し
広い世界を
移ろいながら
人の住みかを
見つめてる。 
月よ、しばらくそこにいて。
教えて、いとしい人はどこ?




[PR]
by kannochie | 2017-09-10 01:41 | カフェコンサート | Comments(0)