タグ:コーラス ( 138 ) タグの人気記事

16.1.22さくらの会練習ノート

花・3つのわらべうた・歌の翼に・童謡メドレー1の練習をしました。


副鼻腔に響かせることを意識して声を出していきました。私は効果を感じています。

皆さんはいかがでしょうか?

どのように声を出して欲しいかをお伝えするために、時々私が歌っていますが、聴いて頂いた後にはとてもよくなるのです。こういうことも指導者として勉強中です。


《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ
思い切って大きな声で歌うと気持ちがいいですよね〜。地声でも眉間から声の出るイメージを持って歌いましょう。大きな声を出そうとすると、自然とお腹から声が出てきます。その感覚を掴んで下さい。


ハミング 
以前は、鼻腔にモヤモヤと響く感じで歌うようにと指示をしていましたが、次のステップとして、最近では響きを細く当てて前へ流すようにしています。声を自分の方へ引っ張ると、自分の耳にはよく聞こえる かもしれませんが、遠くには声が飛んでいないことが多いです。 練習の中でだんだん好くなってきたように思います。


LaLaLa レガート
ハミングでできていたことが、 レガートではできなくなっていましたので、 ハミングとレガートを組み合わせて練習をしました。 効果的だったようなのでこれからも継続していきます。

スタカート

LaLaLa ロングトーン 





《曲の練習》


暗譜をすることも大切ですが、音符を見ながら歌うことも大事です。 次のフレーズがどのようなものなのか?音が高いのか、低いのか?支えをどのくらい意識したら良いのか?などを考えて、それに合った準備しながら歌い進むことが大切です。

休符をしっかりと意識して 歌いましょう。 一つひとつの音をはっきりと歌って欲しいですが、 あまり勇ましくならないようにしましょうね。




三つのわらべうた

通りゃんせ
次のフレーズを意識するタイミングを覚えて、 次のフレーズの準備を習慣にしていきましょう。早めに準備ができれば、 音程も良くなります。

ソプラノで音が高くなるところは、今の 段階では、 歌いやすい大きさで歌っていきましょう。それが できるようになりましたら、だんだんと抑制した声で歌えるようにしていきます。
アルトは音域が広くて大変だと思います。次のフレーズをしっかりとイメージして歌うことが大切です。
とても良くなってきました。次からは会話に聞こえるように工夫していきましょう。




ずいずいずっころばし
遅れないようにしようと頭を軽く振ってリズムを取ったり、体を動かしたりすることで、返ってテンポが悪くなるということがわかりました。揃っていると、とても気持ちがいいです。




歌の翼に
余裕が出てきましたね。3番まで通して歌えるようになってきました。
ソプラノもアルトも次のフレーズを意識して、しっかりと準備をして歌うことが大切だと思います。そうすることで、音程を保っったり、より良い声で歌えます!





童謡メドレー1
七つの子
最後のハミングのパートを確認しました。柔らかい響きのハーモニーを目指していきましょう。また、2小節で1つのフレーズを作るよう心がけて下さい。


みかんの花咲く丘
1番最後のパートが分かれる部分を中心に、音程の確認をしました。ハーモニーも良くなってきましたので、毎回少しずつ練習を積んで精度を上げていきましょう。


うみ
最終的にはfではなくmfで歌って頂きたいのですが、今の段階では声を前に流していくこと、そうすることによって高い音も伸びやかに歌えるようになることを目指していきます。それにはfになってしまっても構いませんので、声を前に流していきましょう。1・2番合わせてもたったの16小節の歌ですが、大きな海とその遥か彼方への憧れを表現して欲しいと思っています。





インフルエンザが流行ってきたと聞きました。体調には充分にお気をつけ下さいね。

新入会の方も、だんだんん慣れてきたのではないでしょうか。今回の練習で、楽しそうに歌って下さっているように特に感じました。

発表会まであと2ヶ月。皆さんで素敵な舞台にしましょう!


コサージュを探していますが、なかなか手頃で良さそうなものが見つかりません。情報をお持ちでしたら、ぜひお知らせ下さい。


では、また来週!













b0345420_11551828.jpg







[PR]
by kannochie | 2016-01-23 04:32 | 合唱団 | Comments(0)

16.1.15さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・童謡メドレー1の練習をしました。


練習の際にもお伝えしましたが、地声やハミング等の基礎練習の時から副鼻腔を意識すると、声がよく伸びて音程もよくなるようです。
自分が練習する中で、私自身が感じていることでもあります。しばらく続けてみようと思っています。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ
→地声の練習は、他の合唱団ではあまりやっていないのかもしれません。また、抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、第三者の指導のもとで、意図を持って練習をすれば効果があると思います。

でも、喉が痛くなってしまうような出し方は禁物ですから、その際にはすぐにお申し出下さいね。


ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 
→少しずつですが、音を保てるようになってきました。
歌ってみて、うまくいかなくて、また歌ってみて・・の繰り返しが練習です。安心して失敗できる?練習空間にしたいと思っています!


楽しく歌って、そして少しずつできることを増やしていけたら、どんなにステキでしょう~♪





《曲の練習》



一つひとつの音をはっきりと歌うようにしましょう。ソプラノとアルトのバランスがよくなって、合唱としてのまとまりが見えてきました。



歌の翼に

前回の練習に比べて、テンポはよくなっていると思います。また、これまでは歌うのが精一杯という印象でしたが、少し余裕が出てきたように思います。


ソプラノはロングトーンが課題ですが、カンニングブレスをしたり、支えを意識することでよくなりましたね。このような体験を積んで、いつでもできるという状態を目指します!

拍の取り方・発声の両面からのアプローチも続けていきます。



アルトは旋律を丁寧に歌って下さい。歌いやすい中間音は響きが薄くなりやすいので、より豊かな響きを目指していきましょう。



ソプラノもアルトも歌いながら、次の旋律をイメージして、それに適した体の働きを意識することが理想です。




三つのわらべうた

通りゃんせ

次のフレーズを意識するタイミング等の指示を出しながら指揮をしてみました。早めに準備ができれば、音楽もスムーズに流れていきますし、曲想も生きてきます!



あんたがたどこさ

大袈裟なものまねで笑って頂きましたが、合唱曲として成立するような歌い方が求められると思います。長い音符もしっかりと歌いつつ、遅れないようにしたいですね。



ずいずいずっころばし

歯切れのよさが魅力の曲ではありますが、雑に聴こえないようにしたいですね。相反することのようにも思えますが、曲が走らないようにセーブしながら歌ってみてはいかがでしょうか?





童謡メドレー1

通して歌って頂きました。
メドレーの最後、パートが細かく分かれるところで、どの旋律を歌うのかを決めていきました。



発表会が迫ってきたこともあり、みなさんの"熱"に圧倒されっぱなしです。

息切れしないよう、そして風邪などひきませんよう、充分にご注意下さいね。

また来週、元気にお会いしましょう!
\(^o^)/~♪♪


b0345420_11551828.jpg











[PR]
by kannochie | 2016-01-17 16:58 | 合唱団 | Comments(2)

16.1.8さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・童謡メドレー1の"子鹿のバンビ"を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ
この練習の3つの効果
大きな声が出るようになりました。
支えを意識できるようになりました。
ロングトーンも音を保てるようになりました。


ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 

年末年始をはさんで久しぶりの練習でしたが、皆さんよく声が出ていたと思います。




《曲の練習》
ソプラノとアルトのバランスを見直しました。ソプラノへ移動して下さった方ありがとうございます。

声を揃えていくこと・ハーモニーを磨いていくこと・リズムや言葉を明確にしていくことを目標に練習を進めていきます。歌い慣れてきた頃かと思いますが、新鮮な気持ちで歌うよう心がけて下さい。


歌の翼に
各パートの旋律を復習しました。ソプラノの人数が増えたことにより遅れてやすくなりますので、今まで以上にテンポに気をつけていきましょう。まずは拍の頭を揃えるよう意識しましょう。ただ、遅れる原因はテンポの取り方だけではなく、発声によるところもあります。発声練習で高音がより楽に出るようになると、テンポも改善されると考えています。

三つのわらべうた
通りゃんせは音域が広いので、次を見通した準備が必要です。それには「次に歌うフレーズを前もってイメージすること」が必要です。(←友人のバリトン歌手も同じことを言っていて嬉しかったです。余談でした・・)それができるようになるには、発声に対する不安を出来るだけ減らすことが重要だと思うのです。ですから、発声練習をしっかりやっていきます!

他の2曲も各パートの復習をしました。音程やリズムを繰り返し確認することは、一見遠回りのように感じるかもしれませんが、とても大切です。パート練習後に合わせた時にステップアップしているのを感じている方も多いと思います。地道な練習ですが、曲想にも影響する大切な練習だと感じています。




童謡メドレー1
子鹿のバンビ
最終的にはテンポよく歌って頂きたいのですが、歌い慣れてきたこともあり、少々雑になってきたように感じました。メドレーの第1曲目、オープニングです。
バンビの誕生を森全体が喜び、その愛らしい姿に目を細めている、そんな情景ではないでしょうか。躍動感だけでなく、そういった温かさも伝えたいですね。





空気が乾燥していますので風邪等ひきませんよう、ご注意くださいね。
また来週、元気にお会いしましょう!


b0345420_11551828.jpg










[PR]
by kannochie | 2016-01-11 12:01 | 合唱団 | Comments(0)

15.12.18さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・この広い野原いっぱい・見上げてごらん夜の星を・童謡メドレー1の"子鹿のバンビ"と"背くらべ"を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

◎地声オ◎
ヴォイストレーニングのレッスン等を通じて、地声の練習の大切さを感じています。いつもより高い音(ラの音)まで練習しました。
安定した声が出ること、高い音が出しやすくなることが期待できます!


ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 




発表会が近くなってきたせいでしょうか。皆さん益々の意欲的で、声もよく出ていますよ!







《曲の練習》

花 
各パートの音程を復習しました。大きなフレーズで歌えるようにしていきましょう。


歌の翼に
3番まで歌える体力がついてきました。歌い込んでいきましょう!



三つのわらべうた
通りゃんせをしっかり聴かせられるかように仕上げたいと思っています。まだまだ音程に振り回されている感じですので、発声練習で改善を図りながら、曲想を深めていきましょう。




この広い野原いっぱい
音程を中心に復習をしました。3声になるところがやはりポイントになりますね。
「声を揃えて!」と指示をすることがありますが、これは声の出し方ではなく、"母音の音色"を揃えて欲しいと思っています。
もっとキレイなハーモニーにしたですね。発声練習でハーモニーもまたやっていきましょう!






見上げてごらん夜の星を
ちょっと重たくもっさりとした感じだったでしょうか。もっと洗練をしてシンプルに歌いたいと思います。
企まず、狙わず、大事に歌っていきましょう。





童謡メドレー1
子鹿のバンビ・背くらべ
音程を確認しました。以前は、元気いっぱいの「子鹿のバンビ」でしたが、良い意味で落ち着いてきましたね!

「背くらべ」は、音域が広いので、次のフレーズを早目にイメージして歌わなくてはなりません。これを定着させたいと思っています。これができるようになったら、もっと表現も広がります!




次の練習は、1/8(金)です。
さくらの会も3年目を迎えます!

今年もお世話になりました。
来年も一緒に歌えることを楽しみにしています♪

どうぞ良いお年をお迎え下さいね~(^^)/


b0345420_04221485.jpg











[PR]
by kannochie | 2015-12-22 00:12 | 合唱団 | Comments(0)

15.12.11さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・童謡メドレー1を練習しました。


新入会の方をお迎えしました。見学の方もいらっしゃいましたね。
お仲間が増えるというのは、本当に嬉しいことです。これからよろしくお願いします!





《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ 

ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 






最近、更に声が出るようになりませんか?嬉しいですねー!









《曲の練習》

花 
音程が曖昧になっているところ、何となく流れてしまっているところを練習しました。



歌の翼に
まだ不安定ではありますが、良くなってきていますねー!



三つのわらべうた
各パートの音程を確認しました。お互いに相手のパートのメロディーを知ることで、思いやったり、よく聴いたり、ハーモニーを味わったりすることができるようになります。



童謡メドレー1
発表会にこのメドレーは外せないかなと思っています!
久しぶりに練習しましたので、音程やポイントを確認しました。
3声・4声に分かれるところでは、どのメロディーを歌うかの確認もできました。









12月18日の練習が、年内最後になります。(25日はお休みです!)




3月の発表会の衣裳やメイクの準備も進み、モチベーションも高まってきましたね。これからの音楽作りが本当に楽しみです。


音楽的な要求は、これからもしていきますが、間違うことやうまく歌えないことを決して恐れずに、楽しく歌っていきましょう!
それを克服するために稽古をしているのですから~。


これは私自身にも言えることですし、私の指導理念(ちょっと大げさですが)でもあります。





それでは皆様!
大掃除を頑張り過ぎず、余力を残して18日の練習へお越し下さいね!笑

お待ちしております~♪(^^)/

b0345420_01080804.jpg











[PR]
by kannochie | 2015-12-15 13:16 | 合唱団 | Comments(2)

15.12.4さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・故郷を離るる歌・この広い野原いっぱい・見上げてごらん夜の星を
を練習しました。


2週間振りの練習でしたので、確認や復習が中心でした。



基礎練習 毎回同じようなことを書いている気がしますので、今回は省略しますね。違う練習や意図を伝えたい時に、また詳しく書きます!

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ 

ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 



花 
フレーズ後半、特にブレスの直前は支えが緩みがちですので、より意識していきましょう。


歌の翼に
1~3番まで通しました。それぞれの前半部分は良くなってきましたので、後半がスタミナ切れにならないようにしたいですね。




三つのわらべうた

通りゃんせは、音域が広いのでしっかりと準備をして歌えるようにしていきます。そのためには、次のフレーズを考えながら歌い進むことが必要だと思います。


他の2曲も歌い慣れてきて、ともすると散漫な感じになりがちですが、アグレッシブに歌って頂きたいです。





故郷を離るる歌
フレーズ最後で音が上昇します。時間がかかっても構いませんので、丁寧に歌ってからしっかりとブレスをしましょう。

慌てて歌い進まなくて大丈夫です!





この広い野原いっぱい
ポルタメント(音をずりあげること)をかけずに、歌いましょう。3声の和音をもっとキレイに聴かせたいですね~。響きが重要だと思います。





見上げてごらん夜の星を
皆さんの声のキャラクターにあっているんですね。ステキです。抑制された歌声を目指したいと思っています。響きが揃ったらもっと良くなると思いますよ~♪



繰り返しになりますが、
12月の練習は3回(4日、11日、18日)25日はお休みです。


発表会の衣裳やメイクのことが話題になりましたね。楽しみです!


声も出るようになってきましたから、これからはそれを磨いていきましょう~♪こちらも楽しみです!


何かとお忙しい時期だと思いますが、体調に気をつけてお過ごし下さいね。また来週、お待ちしております(^^)/

b0345420_01080804.jpg













[PR]
by kannochie | 2015-12-06 17:58 | 合唱団 | Comments(4)

音楽はタイムマシーン。曲を聴けば封じ込められていた想いが溢れ出す。

2015年11月29日 習志野高校吹奏楽部定期演奏会へ出かけました。さっちゃんとまゆたんと一緒です。

まずはランチ。食べてばかりだなぁ…気をつけなくっちゃ!反省中です。
b0345420_13481458.jpg


b0345420_13483631.jpg

でも、ミドル女子とランチとおしゃべりは切っても切れない!笑








習志野文化ホール満席でした。
総勢200名以上の吹奏楽は圧巻!
b0345420_13491697.jpg

アリアを歌ったことのあるオペラ《サムソンとデリラ》の"バッカナール"良かったなぁ~♪

《オペラ座の怪人》も歌ったばかりだったので、思い入れもあって楽しく聴かせて頂きました。



吹奏楽部ですが、合唱にも取り組んでいて

谷川俊太郎作詞/木下牧子作曲『春に』

松井孝夫作詞・作曲『マイバラード』も演奏されました。






マイバラードで、私の気持ちの蓋が開いてしまったのです。






"蓋が開く"は、さっちゃんとまゆたんが使っていた表現。

曲を聴くことによって、凍結していた想いが一気に昇華して溢れ出すことを言います。






昨年4月に亡くなった音楽の先生のことが、鮮やかによみがえってきたのです。

教育実習でお世話になった先生でした。




実習中、マイバラードを何度も歌ったのです。




指導案を書いている私に朝5時まで付き合って下さるような、熱い元気いっぱいな先生。

まだ50代、力のある先生だったのに。





涙が止まりません。



こんな想いを自分が抱えていたことも驚きでした。






合唱の後は、振り付けのレクチャーコーナー。

演奏会の最後に会場のお客さんも、吹奏楽部の皆さんと一緒に踊るのが恒例なのです。




泣き笑いしながらオタオタ振り付けを覚え、

練習が終わった頃にはスッキリ(ノ´∀`*)







これからも、音楽の力・言葉の力を信じて歌っていこうと思います(^^)/














[PR]
by kannochie | 2015-11-30 13:46 | 音楽 | Comments(0)

15.11.20さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・故郷を離るる歌・見上げてごらん夜の星を
を練習しました。





ストレッチ 数をカウントはしていますが目安と考えて下さい。合わせる必要はありませんので、ご自身のペースで行って下さいね。

呼吸8拍 歌声の基本①呼吸 
均一に息が出せるように。拡散しないようにするといいですね。


地声オ 歌声の基本②支え 
お腹から声が出して、安定した歌声にすることが目標です。できる限りの大きな声で歌って下さい。時間を取ってたっぷりやりました。だんだん声が出るようになってきましたね。これからもっと楽しくなってくると思います!


ハミング 歌声の基本③響き 
眉間の奥にある副鼻腔に響かせましょう。胸や喉に力が入らないようにしましょう。力を入れることは簡単ですが、抜くことは難しいですよね。私も工夫をしてみます。

LaLaLa レガート 
上記の基本3つを統合する練習です。シ〜ミ♭がしっかり出せるようになりたいですね。息を薄く流していくようにするとよいかもしれません。


スタカート 
スピード感を持って流れの中で歌うように心がけてみて下さい。上記の練習では、注意深く聴いたり、試したり・・頭を使って歌う感じですが、スタカートの練習では理屈抜きに楽しく歌って下さい。「気がついたら高い音まで歌えていたわ!」というのが理想です。
頭でっかちになりすぎないようにするための練習でもあります。

LaLaLa ロングトーン 
長い音・フレーズ後半の音を保つための練習です。得意な音域では、しっかりと保てるようになってきましたので、少しずつ音域を広げていきましょう。
今日は、ロングトーンの練習を少し長く取りました。
発声練習が終わった後の皆さんの「はぁ〜〜」というため息(?)が印象的でした笑。頑張り過ぎちゃったかしら・・。



来週の練習がお休みだということ、今日は寒くて体が硬くなりがちなこと・・
これらのことを踏まえて、いつも以上に丁寧に発声練習をしてみました。
お疲れだったと思いますが、曲の練習ではよく声が出ていたように思います。






私の意図は充分にご理解頂いていると思っています。フレーズの最後で伸ばす音の時に、音が下がりやすいです。ブレスをするその瞬間まで、しっかりと支えを保っていきましょう。



歌の翼に
2・3番を練習しました。音程・支え・集中力!とポイントとなる場所で声を掛けながらではありましたが、歌えるようになってきましたね!とても嬉しかったです。ですが、曲想などまだまだこれからですから、少しずつ仕上げていきましょう。




三つのわらべうた

通りゃんせを中心に練習をしました。

ソプラノは高い音が続きますので、支えをより意識しましょう。歌い進んでいく中も
集中力が落ちないよう心掛けて下さい。

アルトは、音が低くなっても響きのある声を意識していくことが必要です。そうすることによって、ソプラノとのハーモニーが作りやすくなります。また、高めの音域へ跳んでも対応しやすくなります。





故郷を離るる歌

ブレスの位置を確認しました。
P36 2段目 なーでしこ V かきね
P36 3段目 なーがむる V おわり
ここでブレスをするように決めました。2・3番ももちろん同じ位置でブレスです。

後半の繰り返しはカットします。

今日は音を取ることに終始しましたが、日本語ではあり得ないような音の跳躍がありますので復習をします。
フレーズの最後で音が上昇するところを重点的に練習したいと思っています。「歌の翼に」と同様に、この曲も皆さんを多いに成長させてくれると思います。特に、支えの勉強になると思います!






見上げてごらん夜の星を

埴生の宿・見上げてごらん夜の星を こういう曲が皆さん得意ですよね。しみじみと心に響く歌声だったと思います。シンプルでロングトーンがたくさんあるこの曲は、声やハーモニーの美しさが際立ちます。声の透明度を上げていきましょう!







繰り返しになりますが、来週11月27日の練習はお休みです。

今日とてもいい声が出ていたので、次の練習日までに時間があくのが残念ですが・・体を使って、息を流していくように歌ってみて下さいね。


次回の練習は12月4日。もう師走なんですね・・。
12月の練習は3回(4日、11日、18日)、25日はお休みです。

寒い季節になりましたので、体調にはお気をつけ下さいね。




b0345420_01080804.jpg








[PR]
by kannochie | 2015-11-21 01:58 | 合唱団 | Comments(0)

15.11.13さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・故郷を離るる歌・この広い野原いっぱいを練習しました。





ストレッチ 自分の体の調子に耳を傾けながら、ゆったりした気持ちで取り組んで下さい。寒くなってきましたので、コンディションが変わる時期だと思います。


呼吸8拍 歌声の基本①呼吸 
均一に息が出せるように。拡散しないようにしましょう。


地声オ 歌声の基本②支え 
お腹から声が出して、安定した歌声にすることが目標です。できる限りの大きな声で歌って下さい。


ハミング 歌声の基本③響き 
眉間の奥にある副鼻腔に響かせましょう。強く出そうとすると胸に力が入りますので、お腹から息が上がってくるのを意識してみて下さい 。


LaLaLa レガート 
上記の基本3つを統合する練習です。シがしっかり出せるようになりたいです。


スタカート 
スピード感を持って流れの中で歌うように心がけてみて下さい。高い声への抵抗を払拭することもねらいの一つです。


LaLaLa ロングトーン 
長い音・フレーズ後半の音を保つための練習です。得意な音域では、しっかりと保てるようになってきましたので、少しずつ音域を広げていきましょう。






花 
久しぶりに全員で各パートの復習をしました。リズムを明確に歌っていきましょう。



歌の翼に
ソプラノP31 2段目 最後の小節 いけーに
ここで音が下がらないように、しっかりと支えましょう。それができると、この後のフレーズも良くなりましたので。




三つのわらべうた

通りゃんせも全員で各パートの復習をしました。
ソプラノは支えを意識して高い音を出すこと、アルトは低い音も響かせることや音の跳躍に気をつけて歌うことを確認して、練習しました。



故郷を離るる歌
難しそうには聴こえないのですが、歌いにくいところがいくつかありましたね。

ブレス
P36 2段目 なーでしこ V かきね
P36 3段目 なーがむる V おわり
ここでブレスをするように決めました。2・3番ももちろん同じ位置でブレスです。

上記のようなブレスの前で音が上がるところが少し難しいでしょうか。
特に音が上昇するところは、丁寧に歌っていきましょう。






この広い野原いっぱい
この曲も全員で各パートの復習をしました。

一番下のパートP19 3段目 2小節目
かいて→だ が、ド→ソへ音が跳躍します。音が取りにくいので、練習をしました。

各パートの声質を揃えていくと、ハーモニーも良くなると思います。








ひと雨ごとに寒さが増してくる季節。

ノロウィルスやマイコプラズマ肺炎がはやっているという話も聞いています。

お気をつけ下さいね~!

11/20(金)お待ちしております(^^)/



その次の11/27(金)は渡部先生のコンサートがありますのでお休みです。


b0345420_01080804.jpg











[PR]
by kannochie | 2015-11-15 02:08 | 合唱団 | Comments(0)

15.11.6さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・この広い野原いっぱい・見上げてごらん夜の星をを練習しました。
練習と一緒で、この練習ノートもついつい長くなってしまいます・・。
簡潔にまとめるように心がけたいと思います!




発声練習
ストレッチ 体をほぐして、無駄な力が入らないようにすることが目的です。

呼吸8拍 歌声の基本①呼吸 均一に息が出せるように練習していきましょう!

地声オ 歌声の基本②支え お腹から声が出せると安定した歌声になります。

ハミング 歌声の基本③響き 眉間の奥にある副鼻腔に響かせましょう。

LaLaLa レガート 歌声の基本3つを統合する練習です。

スタカート 高い声への抵抗を払拭することもねらいの一つです。

LaLaLa ロングトーン 長い音・フレーズ後半の音を保つための練習です。







それほど意識しなくてもできるようになったことが増えてきたと思います。これからは、リズムや言葉を明確にしていくことが課題です。



歌の翼に
寒くなってきて、声のエンジンがかかるまでに少し時間がかかるようになってきました。こういう時には焦らずに、より体を使って歌っていくようにしましょう。



三つのわらべうた
通りゃんせを中心に練習おをしました。3度の和音が多いのでハーモニーはもっと美しくなると思います。まずはパート内で声を揃えることを意識していきましょう。



この広い野原いっぱい
3声になるところを中心に練習をしました。出しやすい音域は、響きの薄い声になりがちです。そのような低めの音も、響きを意識して歌ってみて下さい。



見上げてごらん夜の星を
音は取れましたので、ハーモニーや曲想を深めていきます。歌詞を見直してみますと、「星の光が幸せを歌っている。」という骨格が見えます。これがこの曲のテーマだと思います。歌詞の一つひとつを大切に扱って、優しく丁寧に歌っていきましょう。発表会の最後の曲(トリ)の候補です!


立冬も過ぎ、いよいよ寒い季節になりますね。
睡眠をしっかり取って、免疫力を上げていきたいです!



11/27(金)は渡部先生のコンサートがありますのでお休みです。
11月の練習は3回になりますので、お気をつけ下さいね。




b0345420_01074280.jpg















[PR]
by kannochie | 2015-11-09 01:11 | 合唱団 | Comments(0)