タグ:カフェブレニー ( 46 ) タグの人気記事

バレンタイン狂想曲…?

もらったりあげたり。チョコレートが行ったり来たり。あ。20歳のお友達ユウくんに彼女ができました。( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆おめでとうー♡
b0345420_03260367.jpg

バレンタイン狂想曲というタイトルを思いついて、おっいいぞ!と思ったけれど、あれ?もしかしてそんな曲が本当にあるんじゃないかしら?って思い直して検索したらマンガや小説のタイトルらしきものが出てきました。面白い音楽になりそうなんだけどな。バレンタイン狂想曲。






夕方にね、チョコレートをあげたらね、これもらったの。
b0345420_03295885.jpg
どうせすごくスッパイんでしょ?ニヤニヤしながら大丈夫とか言ってもわかってるんですからねっ!?(^o^ゞ





ミニ音楽会のトーク原稿。昨日下書き、今日清書。今日は昼間にピアニストとの稽古もあったからちょっとハイテンションですが今日も楽しい一日をありがとうございました♪「バレンタイン狂想曲」著作権フリーです。あ。マンガさんと小説さんが先でした(^_^;)




[PR]
by kannochie | 2017-02-15 03:25 | ちっちゃな独り言 | Comments(6)

寒さとカフェラテとトーク原稿

寒くてさむくて
あったかいカフェラテが恋しくて
トーク原稿書くぞと意気込んでの
サンマルクカフェ。

あったかくなったら
浮気心ムクムク。
本命チョコクロを外して
アーモンドシュガーパイ。
サックサクのホーロホロ
b0345420_18504366.jpg

エルヴィスプレスリーと
木下牧子と
マリアカラスについては
大体まとまったので(^o^;)
トーク原稿
マラソンなら20キロ地点。

あと半分。
まだまだ先だなぁとか
もう少しだなぁとか・・
ふぅふぅ言いながら走るも、また楽し♪

b0345420_00234778.jpg


[PR]
by kannochie | 2017-02-12 18:47 | カフェコンサート | Comments(0)

10品目の豆乳サラダラップが美味しい。

ヴィドフランスで販売中の「10品目の豆乳サラダラップ」がオススメです。10品目の野菜を豆乳入りのドレッシングで和えて、トルティーヤで巻いてあります。
b0345420_04241676.jpg

これのお陰で
ブレニー&みすゞコンサートの稽古
頑張れました~♪(^o^)v




[PR]
by kannochie | 2017-02-09 04:23 | 美味しい | Comments(4)

象は鼻が長い

2/18のミニ音楽会で、
作詞/やなせたかし、作曲/木下牧子の
「さびしいカシの木」を歌います。

歌詞を見ていくと…
1・2番では
<さびしいカシの木が>と
歌われますが

3番では
<さびしいカシの木は>
となっています。


そうです!
「が 」と「は 」です。


そこで思い出したのが
「象は鼻が長い」という文。

長いのは鼻。
象が長いのではありません。
「~は」:主題・テーマ
「~が」:主語・主格 を表しているそうです。
出典/三上章著『象は鼻が長い』



このことを踏まえて考えてみると、1・2番の<○○○が>は、カシの木自身が一人称で語る言葉もありますので、主観的な感じがします。

一方の3番は、<○○○は>と歌うことで、客観的というか俯瞰的になります。


さびしさを達観した心とはどんなものなのか…考えています。





2/18(土)13時~/16時~
珈琲・特製スイーツ・軽食つき3,000円
16時の部に余裕があります。
もしよろしかったら足をお運び下さい~♪
b0345420_00234778.jpg





[PR]
by kannochie | 2017-02-08 02:38 | カフェコンサート | Comments(0)

16.10.7さくらの会練習ノート

オンブラマイフ、赤とんぼ、虫の声、少年時代を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



オンブラマイフ
ソプラノ
声はよく出るようになってきています。ですので、これからは響きを揃えていくようにしましょう。
練習中も何度かお話していますが、目の奥といいますか、副鼻腔の響きポイントを意識して声を出すようにしましょう。
発声練習の時のハミングで、それを見つけていきましょう!


アルト
声も響きも良くなってきましたので、跳躍するときに音が下がらないように気をつけましょう。また、レガートを意識して、大きなフレーズを作ってくれるとソプラノもぐっと歌いやすくなると思います!
 




赤とんぼ
美しい日本語の歌の代表的な作品です。山田耕筰の作品では、発音に気をつけて歌う人が多いです。
例えば、「や」はiya「ゆ」はiyu、「か」はkwaと発音すべし、という方もいます。

私は、そう決めつけなくても、会場で歌詞が自然に、はっきりと聴こえればよいと思っています。
会場の大きさや響き方・お客様の数等で、聴こえ方は違いますから。

でも、山田耕筰はこうあるべき!と考える人がいる、ということは知っておくべきだと思います。


ソロと違って合唱では、全員がピッタリと揃っていないと、歌詞が伝わりにくいと思います。加えて、時代を経てわかりにくくなってしまった言葉(負われて、桑の実、ねえや等)も多いので、子音のタイミングや母音の発音などを揃えていきたいと思っています。



少年時代
豊かな響きの声で、でも軽快に歌う、ということが勉強できたかなぁと思っています。




虫の声

「あれ?鈴虫が鳴いている!」
→子供が驚いた様子、嬉しそうにお母さんに報告する様子が伝わるといいですね。

ちんちろちんちろりん
→擬音語。それらしく聴こえるよう、ニュアンスを作って。

「あれ?松虫も鳴いている!」
→虫の声に気がついた少年は、ちんちろりんの後に、より耳を澄ましたのでしょうね。


こんな風に、ドラマを作っていくと曲も生き生きとしてきましたね。ブレスの仕方なども工夫しながら、曲を作っていきます。



涼しくなってきましたね。体調に気をつけて下さいね(*´∇`*)


b0345420_16103871.jpg

[PR]
by kannochie | 2016-10-10 16:07 | 合唱団さくらの会 | Comments(2)

訳詞を歌うということ ポカホンタス

明日のカフェブレニー ミニ音楽会で
ディズニー映画《ポカホンタス》から
"カラー オブ ザ ウィンド"という曲を歌います。

この映画は、実話が元になっています。
1607年の開拓時代、ヴァージニア植民地を目指して、イギリスから白人が入ってきました。その一員であるキャプテン・ジョン・スミスと先住民のネイティブアメリカン、ポカホンタスの運命的な恋を描いた作品です。


b0345420_17504587.jpg


b0345420_17515327.jpg




カラー オブ ザ ウィンドは、あまり有名ではないかもしれませんが、とってもステキで深い曲です。

自然の声を聴こうとしない キャプテン・ジョン・スミスを諭すように、ポカホンタスが歌います。


今回のミニ音楽会では、訳詞を歌うのですが
原語の英語と日本語では
伝えられる情報量が違いすぎます…(T^T)

訳詞で足らないところは、
MCでお話をして聴いて頂こうと思います!!

以下
原語、和訳、♪訳詞の順に並べて比較してみました。




Color of the wind
風の色


You think you own whatever land you land on;
あなたたちが上陸した陸地は、自分たちのものだとあなたは思っている
♪あなたが踏むこの大地を

the earth is just a dead thing you can claim;
地球は自分たちの所有物で、もう死んでいるものだと思っているでしょう
♪よく見てごらんなさい

but I know every rock and tree and creature
でも、わたしは知ってる
すべての石、木、そして生き物に
♪岩も木もみんな生きて

has a life, has a spirit, has a name.
命があって、心があって、名前があるということを
♪心も名前もあるわ



You think the only people who are people are the people
あなたは、こういった人達だけを人間だと思ってるんでしょ
♪あなたが知らない世界

who look and think like you,
自分と同じ肌の色で、自分と同じように考える人達だけを
♪知ろうとしてないだけ

but if you walk the footsteps of a stranger
でも、見知らぬものの足跡を辿ってみれば
♪見知らぬ心の扉

You'll learn things you never knew you never knew.
決して知るはずのなかったことを あなたは学べるのよ、あなたが知らなかったことを
♪開けてのぞいて欲しいの

Have you ever heard the wolf cry to the blue corn moon,
狼が満月に向かって遠吠えするのを あなたは聞いたことがある?
♪青い月に吠える狼と

◇ 注◇the blue corn moon
corn=トウモロコシ。7~9月はトウモロコシの収穫の月なので、8月の満月はcorn moonと言われるそうです。ですからblue corn moonは「青い収穫の満月」という感じでしょうか。


or asked the grinning bobcat why he grinned?
ヤマネコがなぜ牙をむくのかを 尋ねたことはある?
♪わらうヤマネコの歌

Can you sing with all the voices of the mountains?
山々の声と一緒に歌える?
♪あなたにも歌えるかしら?

Can you paint with all the colors of the wind?
風の色で絵を描ける?
♪風の絵の具は何色?

Can you paint with all the colors of the wind?
あなたは風の色で絵を描ける?
♪風の絵の具は何色?





Come run the hidden pine trail of the forest,
森の中のけもの道を走りなさい
♪森の小道 駆け抜けて

Come taste the sun-sweet berries of the earth;
地球で育つ太陽で熟されたベリーを味わいなさい
♪甘い苺はいかが

Come roll in all the riches all around you,
周りにある豊かなものの中に、寝転がってみなさい
♪自然が与えてくれる

and for once never wonder what they're worth.
それらの価値がどんなかを、考えたこともなかったでしょう
♪愛に身を任せるの





The rainstorm and the river are my brothers;
雨と嵐や川は、私の兄弟
♪みんな友達いつでも

the heron and the otter are my friends;
アオサギとカワウソは私の友達
♪鳥もカワウソ達も

and we are all connected to each other
私達はみんな、お互いに繋がっている
♪命は関わりを持つ

In a circle, in a hoop that never ends.
決して終わることのない円や輪の中で
♪丸くて永遠のもの

How high does sycamore grow?
スズカケの木は、どのくらい高く成長するの?
♪あぁあの木の高さ

If you cut it down, then you'll never know.
もし切り倒してしまったら、それは決してわからない
♪もし切れば、わからない

And you'll never hear the wolf cry to the blue corn moon,
狼が満月に向かってなくのを、あなたは聴いたことがないでしょう
♪月としゃべる狼の声

for whether we're white or copper skinned,
例え、肌の色が白くても、褐色であっても
♪あなたには聴こえない

we need to sing with all the voices of the mountains,
私達は、山々の声と一緒に歌う必要があるの
♪山の声と歌を歌って

need to paint with all the colors of the wind.
風の色で絵を描く必要があるの
♪風の絵の具で絵を描く


You can own the earth
あなたは、陸地を手に入れることができるわ
♪そして初めて

and still all you'll own is earth
でも、陸地しか自分のものにできないのよ
♪答えがわかる

and until you can paint with all the colors of the wind.
風の色で絵を描けるようになるまでずっと
♪風の色は何色か





[PR]
by kannochie | 2015-04-10 21:10 | カフェコンサート | Comments(0)