<   2016年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

二十歳飲みの約束

我ら全員3月生まれ。二十歳になったら飲もうという約束を果たしました。約束した頃は、ずっとずっと先のことだと思ったけれど、あっという間だったねー。
b0345420_15073260.jpg


ショーは地方公務員。体、鍛えてますっ!結果が出てきたところなんだと、嬉しそう。このプロ意識見習いたいわー。
理不尽なことやシンドイこともあるみたいだけど、こんな風に言ってました。「大きな目標のために、今やれることを頑張ればいいんじゃん?オレはそれが体作りだから」あらーー!(; ゚ ロ゚)大人ー!
でも、ホントにそうだよね。今やっている準備が役に立つ時が必ず来る。
好き嫌いがはっきりしているショーですが、人に恵まれる運のようなものを持っていると思います。せいぜい先輩にしごかれて活躍できる公務員になって下さい。まだ二十歳。楽しみだね。


クリリンはこれから進むべき道についてちょっと悩んでいるようだったけれど、十分に準備をして事を進める「用意周到型」。
今は準備期間なんだよね。方向が定まるまでは苦しいかもしれないけれど、大丈夫。気持ちが決まれば、クリリンはものすごいエネルギーで進むことができる。パワーがあるよね。まだ二十歳。楽しみだね。

二人とも180㎝。でかくて頼もしい二人は、私にとって「風神・雷神」笑。コンサートにも来てくれるというので、また会えるのが楽しみです!





[PR]
by kannochie | 2016-04-30 15:06 | 集い | Comments(2)

お客様が聴きたい曲ってなんだろう…??


◆よく知られている有名な曲かなぁ。。
夏の思い出・この道・からたちの花・・みんな歌ったなぁ~

私が知らない曲の中に"お宝"があるのかなと思って、タイトルは見たことあるけれど曲は知らないなというものを、片っ端から聴いてみました。
幾つか候補はありますが、なかなかこれぞというものに出会えません(>_<)


『いったいどこへ行ったら君達に会えるんだい?』

b0345420_01070264.jpg



◆あまり有名でなくても素敵な曲はたくさんあるから、そういうものもご紹介したいなぁ。。

◆クラシックに限らず、いい曲いっぱいあるよなぁ。。
ディズニー・ミュージカル・童謡・唱歌・歌謡曲?・校歌を歌ったこともあったなぁ。

色んなもの少しずつが美味しいコース料理のような、そんなコンサートになったら嬉しいな。
楽しい宝探しもあと少し!p(*^-^*)q








[PR]
by kannochie | 2016-04-29 01:05 | コンサートプログラム | Comments(2)

素敵な舞台人&今日のお庭

バレエ界の宝石・上野水香×宝塚のレジェンド・柚希礼音のテレビ番組、ずっと観ちゃいましたー。
だって、お二人とも本当にほんっとに素敵なんですもの。一流の方の言葉は、真髄をつくだけでなくキラキラ輝いています。この言葉シャワーを浴びて、私もパワーをチャージしました。うっとりため息、素敵♡



あ。こちら今日のお庭模様です。
ピンク色の霞のよう。ミツバツツジ。
b0345420_01023823.jpg



濃厚な香りの赤い薔薇が咲きました。
b0345420_01032948.jpg

b0345420_01035761.jpg



みかんの花のつぼみ。もうすぐ咲くかな。
b0345420_01042053.jpg



[PR]
by kannochie | 2016-04-28 00:59 | 幸せ | Comments(2)

「メリーポピンズ」大好きー!


これからのコンサートに向けて、企画を練っています。

直近の6/11(土)カフェブレニー♪ミニ音楽会が最優先なのはわかっているのですが、そればかりを考えいても何もアイディアが浮かばないのでf(^^;…とにかく、歌いたい曲をどんどん出して、どのコンサートでやるかを考える「割り振り方式」にしてみました笑。そうしたら、少し進みましたよ~🐢🐢

そこで今、ディズニー映画「メリーポピンズ」を観ています。(私が姪の誕生日にあげた初めてのプレゼントがこのDVD。それを姪から借りて観ております笑)
50年以上前の作品だなんて、とても思えません。背景の絵は、手描きなんですって!素敵~♪
b0345420_00544415.png

楽譜片手に観ているはずが、いつの間にやら画面だけを追って…夢中になってます(≧∀≦*)

「メリーポピンズ」製作の物語が、2013年「Saving Mr. Banks」(邦題ウォルト・ディズニーの約束)で、映画になりましたね。
お客様には、ご自身の感じるまま自由に「メリーポピンズ」を楽しんで頂きたいなぁ~


8/21(土)うたとピアノのコンサート
11/20(日)コラボステージ 本と音楽vol.2
どちらでメリーポピンズを歌おうかしら…♪





[PR]
by kannochie | 2016-04-27 00:41 | コンサート | Comments(8)

沖縄に行ってみたいヽ(*´∀`*)ノ


沖縄のお土産を頂きましたー。ありがとう。
b0345420_01195646.jpg


行ってみたいなぁ~。沖縄、行ったことないんです(T^T)海キレイだろうなァ。海を眺めながら昼間っからビール…美味しいだろうなぁ(* ´ ▽ ` *)


心は、しばし沖縄へ・・♡


海にも潜ってみたいな。お魚、カワイイんだろうなー。そうそう、部屋でお魚飼ってみたいなぁ~。睡蓮を入れた鉢にメダカを飼うといいとか…。一日中メダカを眺めていられるな~(*´艸`)
あ。でも、やっぱり沖縄の海の魚に会いたいな。

・・茶漬けって最近食べてなかったわー。後で食べてみよっと♪ご馳走さまです。







[PR]
by kannochie | 2016-04-26 01:16 | ちっちゃな独り言 | Comments(4)

鮫島有美子さんの「歌声の響」と「マイウェイ」


これからのコンサートの企画を考えながら、新たな曲との出会いを求めて銀座YAMAHAへ。するとちょうどポータルコンサートが始まったところでした。ショートカットのソプラノ…どなたかと思いきや鮫島有美子さん!そういえば、美しいロングヘアーをショートカットにされたのでした!
b0345420_01162399.jpg

天皇陛下と皇后陛下が作られた「歌声の響」という曲のキャンペーンコンサートでした。平和の祈りを沖縄への想いに重ねて作られた「歌声の響」とても素敵でした。この曲には、シューベルトの「音楽に寄せて」のドイツ語による朗読が挿入されていました。

An die Musik D547 音楽に寄せて
Franz von Schober フランツ・フォン・ショーバー

Du holde Kunst, in wieviel grauen Stunden,
おまえ 優しい芸術よ、どれだけ多くの悲しい時、
Wo mich des Lebens wilder Kreis umstrickt,
人生の激しさが僕を取り囲んだ時に、
Hast du mein Herz zu warmer Lieb entzunden,
おまえは僕の心に温かい愛を燃え立たせ、
Hast mich in eine bessre Welt entrückt!
僕をよりよい世界へと連れ去ってくれたことか!


そして、コンサート最後の「マイウェイ」もとても印象的でした。鮫島さんといえば日本歌曲やドイツリートのオーソリティ。マイウェイのようなポピュラーソングを歌うことに驚いたのですが、なんとコーヒールンバも歌っていらっしゃるんですよー‼すごいな。レパートリー広い!

マイウェイ 
THIBAUT GILLES 訳詞 中島淳

いま船出が 近づくこの時に 
ふとたたずみ 私は振り返る
遠く旅して 歩いた若い日よ 
すべて心の決めたままに

愛と涙と ほほえみに溢れ 
いま思えば 楽しい思い出を
君に告げよう 迷わずに行くことを 
君の心の決めたままに

私には愛する歌があるから 
信じたこの道を 私は行くだけ
すべては心の決めたままに


この2曲、特に歌詞にジーーン(*´ェ`*)
胸の中にあった氷のかけらが溶けていくようでした。



銀座YAMAHAにて、今日の収穫。
b0345420_01171640.jpg



そして、今日のお庭。ミツバツツジ。
b0345420_01184477.jpg








[PR]
by kannochie | 2016-04-25 01:10 | 幸せ | Comments(2)

16.4.22さくらの会練習ノート


この広い野原いっぱいと「春のメドレー」から、どこかで春が・どしょっこふなっこ・春の小川・ちょうちょ・うぐいすを練習した後、メドレーの残りの曲を一度通しました。


《基礎練習》

ストレッチ
体側・腕・背中のストレッチ。日頃から少しすつやるようにしましょうね、お互いに(^o^;)

呼吸
髪の毛のように細く、息を集めるつもりで。強くなったり、弱くなったりしないように。安定して息が出せるようにしましょう。


地声
オ:やはりド~ミの音域で声質が不揃いになりやすいです。お腹を使って声を出すという目標はクリアできてきましたので、今後は「響き」を意識していきましょう。

イ:声が揃ってきたように思います。きれいでした。

ハミング 
できるだけ小さな声で歌ってみて下さい。響きがあたる場所がわかりやすいと思います。

mamama レガート
ハミングと同じところに響かせます。アの母音で響きが落ちやすいので気をつけましょう。

スタカート(ドミソミド)
最高音を歌う準備をして、歌い始めましょう。

LaLaLa ロングトーン 
歌いはじめの音を意識したら、とてもよくなりました。この調子で頑張っていきましょう。




《曲の練習》

この広い野原いっぱい
3声のハーモニーを久し振りに聞きたいと思い、この曲を練習しました。なかなか難しいですね。各パートが歌えていても、声質や響きが合わないとハーモニーが生まれません。また機会を見て練習します!


春のメドレー
アルトのメロディーが難しいですね。音程もそうですが、跳躍が多いので発声もしっかりしていないと歌いにくいと思います。それも合わせて練習していきます。

どこかで春が
P7の1段目2小節目・2段目2小節目
"うま"れてる・"なが"れだす・"ない"ている・"おと"がする
の音程が大切です。準備をしっかりとして上がりましょう。

ソプラノ
P7の3段目
やまのさんがつ こちふいて
音が高いですので、支えと響かせポイント(眉間・鼻)を意識して歌いましょう。

アルト
P7の3段目
やまのさんがつ こちふいて
この4小節の間に、レ~レの1オクターヴの動きが2回もあります。できるだけ同じフォームで歌うのが、うまく歌えるコツです。高いレの方に合わせた発声で歌ってみましょう。



春の小川
音程は取れてきましたので、お互いのパートをよく聴きながら歌いましょう。もっときれいはハーモニーになると思います。


うぐいす
初めの4小節(1番:梅の小枝で鴬は春が来たよと歌います、2番:雪のお山を昨日出て里へ来たよと歌います)は、全員で歌います。ユニゾンです。
その後の鴬の鳴き声の部分は、1・2番で歌うパートを入れ換えます!
ソプラノは1番上の段、2番下の段。
アルトは1番は下の段、2番は上の段
を歌って下さい。

P12の3段目3小節目~P13の1段目1小節目の下の段(=鴬の鳴き声の下の段)
リズムを揃えて歌えるようにしましょう。焦らず歌って下さい!



4/29の練習はお休みですので、次回は5/6です。元気にお会いしましょう(^^)/
楽しいゴールデンウィークになりますように☆*+


b0345420_13475456.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-04-24 19:35 | 合唱団 | Comments(0)

お花は差し上げるのも、頂くのも大好き!

お花をお贈りしたいと思って、高校の同級生ドナにお願いをしました。ドナはお花アレンジのプロフェッショナルです。→ドナのブログへジャンプ

お贈りするお相手は、パンツの似合うアクティヴな女性なのですが…内面は「乙女」と、私はお見受けしましたよ!そこで、ガラスの靴にビタミンカラーのプリザードフラワーをあしらってもらいました。
b0345420_21512346.jpg

b0345420_21514403.jpg
見る角度によって、全く違う表情ですね。
喜んでもらえて良かった~♡お部屋に飾って下さいね。

ドナ、私の熱いリクエスト「ガラスの靴」をありがとう。わがまま聞いてくれて感謝だよー!(ノ´∀`*)







[PR]
by kannochie | 2016-04-22 21:48 | 幸せ | Comments(2)

春の珍事(蜂の分蜂)にご用心!

出掛けようと外へ出るとどこからかモーター音が…。
低くブーンという音。
あれ?お祭りで発電機でも使ってる?と思ったら、
蜂の大群です!!ワワワー(○_○)!!
でも慌てて逃げ出しては攻撃されてしまうのでソロリソロリ。

普通の住宅街でもこんなことがあるんですね。
皆さんもお気をつけ下さい。

b0345420_15174769.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-04-20 15:16 | 日常 | Comments(4)

見られている…?

お客様やブログを見た方から、笑顔を褒めて頂くことがあります。嬉しいです~。
たまには、痩せた?とか、首からデコルテにかけて締まってキレイになったとか…そんな嬉しいお言葉も‼

そしてみな口々に言うのです。
「ヒトに見られるって大事~!」

見られているという意識は、あまりないのですが、日焼けだけは気をつけています。

いつも言うのですが、どんなに素敵な衣裳を着ていても、まるで半袖シャツを着ているかのように、ひじから手の先にかけて日焼けしていたら…ガッカリですよね。

「非日常の中にリアルを再現すること」が私たちのお仕事だと思うのです。
最も日常的なことの一つですからね、日焼けは…(>_<)

日焼けとはちょっと違いますが、ステージ上では髪やドレスを直したり、触ったりしないように心掛けています。なんだかとても不潔っぽく見える気がするのです。


その他にも、髪止めのピンは見えないよう、できるだけ髪の中へ入れるようにしています。
舞台の照明が反射して光るから隠すようにと先輩から教えられましたが、やっぱりピンには生活感があるように思うので、できるだけお見せしたくないですね。


とにかくステージ上では生活感ゼロを目指し、願わくば「私はこのドレス姿で生まれてきました」というくらい、衣裳とも自然に馴染んでいたいと思うのです。


b0345420_14214394.jpg

これからも、よろしくお願いします。






[PR]
by kannochie | 2016-04-20 14:18 | 大切なこと | Comments(6)