カテゴリ:合唱団( 106 )

17'1.13さくらの会練習ノート

すみれの花咲く頃、オンブラマイフ、ペチカを練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

no-o-o(ドレミレド)

e-e-e(ドレミレド)

ハミング

レガートma-a-a

スタカート

ロングトーンla



ロングトーンを歌う時に、音を点で支えていく感覚を持つようアドバイスしました。効果的だったと思います。歌の中でも使えるといいですね!


すみれの花咲く頃
主旋律の音取りをしました。「すみれのは~な~」の前の部分は、あまり馴染みがないですが、頑張って音を取っていきましよう。

同じメロディーの繰り返しと思いきや、違うところがありますので要注意です!





オンブラマイフ
発声練習はファ♯まで声を出しました。「すみれの花咲く頃」で、声の響きが広がってしまったので、うまくまとまりませんでした。
発表会まで毎回歌う予定ですが、暗譜を進めて下さい!

ソプラノはミより高い音が課題です。特に、長く伸ばす音(ロングトーン)は発声練習でやった"点で支えてる感覚"を意識しましょう。

アルトはよく歌えていますので、次のステップとして、フレーズを意識して歌いましょう。
フレーズの山はどこなのか、歌い進むのか、それともたっぷり丁寧に歌うのか…などを考えながら歌ってみましょう。楽しいですよ♪




ペチカ
声をまとめるように指示をしたら、ぐっと良くなりましたね。
テンポの揺れ・強弱を意識して、素敵な歌に仕上げていきましょう。今日はその片鱗が見えたので、私もついつい熱くなってしまいました。
そういった曲想が段取りにならないよう、いつも新鮮な気持ちで歌えると、もっと素敵ですね。



発表会まで、練習はあと10回となりました。今週末には、今季最大の寒波が来るとか(>_<)
どうぞ皆様、体調にはお気をつけ下さいね。

b0345420_09271443.jpg


[PR]
by kannochie | 2017-01-14 01:18 | 合唱団 | Comments(0)

17'1.6さくらの会練習ノート

春のメドレー、冬のメドレー、ペチカ、オンブラマイフを練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

e-e-e(ドレミレド)

no-o-o(ドミソミド)

ハミング

レガートma-a-a

スタカート

ロングトーンla


今日は久し振りの練習でしたので、まずはお腹から声を出す感覚を取り戻せるようにと心掛けました。
「のびのび歌ってください」と言いながら、声が出てくると要求が増えてしまってすみませんf(^^;



春のメドレー
どこかで春が
どー"こー"かで は"るー"が
のように、母音を伸ばしながら音が変わるところを丁寧に歌ってください。

「どこかで春が生まれてる」「どこかで水が流れ出す」のように4小節で1つのフレーズになりますが、後半の2小節が雑に聴こえます。
音も高くなりますし、しっかりと準備をしてフレーズ最後まで支えを意識して歌いましょう。


アルト
3段目は焦らずに歌ってください。

ソプラノ
3段目フレーズ後半の「東風吹いて」の音が下がりやすいので、もう一度歌い直すつもりで。



春の小川・ちょうちょ
輪唱のようになっている部分も感覚を取り戻しつつあります。明いてのパートも聴きながら歌えるといいですね。
どちらの曲も軽やかに歌って下さい。



冬のメドレー
おおさむこさむ
同じ音が続くところで、音が下がりやすいので要注意です。

たきび・雪・冬の夜
音程やリズムの確認をしました。


スキーの歌
ソプラノのメロディーが難しいですね。アルトにつられないよう、練習を継続していきます。



ペチカ
音程を確認していきました。耳馴染みのある曲こそ、楽譜をよく見て、音がどのように動いているか確認しながら歌いましょう。
この曲は、テンポの揺れが魅力でもありますので、そこまで到達したいと思っています。


オンブラマイフ
ソプラノの高い音(カーラエダマービレ)を中心に復習をしました。もう一息ですね!発声練習でも高い方のソまでは練習しようと思います。




発表会まで練習はあと11回となりました。各季節の歌を中心にプログラムを組みます。
一年で一番寒い時期になりました。体調にはご注意下さいね!


b0345420_09271443.jpg





[PR]
by kannochie | 2017-01-08 09:24 | 合唱団 | Comments(0)

16.10.21さくらの会練習ノート

オンブラマイフ、赤とんぼ、<冬のメドレー>のおおさむこさむ、たきび、雪、冬の夜、冬景色を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

レガート

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン


声が揃っていましたね。今回は、皆さんお一人おひとりの声がよく聞こえましたので、アドバイスをしました。
いつもこれができるといいのにな。

今回は曲の練習の中でも、「空間を意識して歌う」ようにアドバイスしました。そうすることで、準備をしっかりして声を出すことができます。また、響きも豊かになりますので続けていきましょう。




オンブラマイフ
歌の体力がついてきたように思います。半分くらいずつなら歌えていますので、練習を継続していきます!発声練習にもいい曲ですよね。


赤とんぼ
「裏拍をしっかり歌う」ことで、丁寧にうたうことができます。よくなってきましたので、体に染み込ませていくつもりで歌い込んでいきます!

ソプラノの4番のハミング。良くなってきましたが、2段目の最後の小節のドが、下がらないように気をつけましょう。
アルトの4番はたっぷりと歌えるといいですね。

歌い出す時には、これから歌う旋律の最高音を意識して、その準備をしっかりすると良いと思います。



冬のメドレー
「冬の夜」と「冬景色」のアルトパートの音取りをしました。跳躍が多い上に、高い音も出てくるので大変かと思いますが、ハーモニーがとてもきれいですので歌い込んでいきたいと思っています。



風邪がはやっていますね~(>_<)
アレルギーもあって鼻の調子が悪い方をよく見かけます。皆さんも気をつけて下さいね!


b0345420_16103871.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-10-26 09:00 | 合唱団 | Comments(0)

16.9.9さくらの会練習ノート

【練習日のお知らせ】9/30(金)は5週目にあたりますのでお休みです。

浜辺の歌、オンブラマイフ、赤とんぼ、虫の声を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



浜辺の歌
発声練習で声がよく出ていましたので、歌って頂きました。拍を意識して歌うとテンポにもうまく乗れると思います。そうすると、音程やフレーズが自然とうまくいくようです!


オンブラマイフ
前回、注意をしたところは良くなってきたと思います。高い音がうまくいった後、気が抜けて音程が悪くなることがあります。下降音程にも気をつけてみて下さい。

こんな風に書くと、「結局、気をつける所は全部!?」となってしまうのですが…一つできるようになれば、次のステップがあるということなんですね~。



赤とんぼ
ソプラノ・アルト共に、なんとか音取りができましたね。

ソプラノはハミングのところが課題ですね。しばらくは「ル」で歌っていきましょう!

アルトは転調するところが課題でしたね。
14ページの1小節目のシ♭の音。そして、そこから半音ずつ下がってくる旋律が難しいと思います。次回も練習します!



虫の声
みんなで主旋律の確認をしました。覚えているものと符割りが違うところがありましたが、みんなで揃えることができました。
次回、アルトの音取りをします。



秋雨の季節でしょうか…?雨が続くようですね。
季節の変わり目です。どうぞお体に気をつけて。金曜日にお会いしましょう~♪

b0345420_14023172.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-09-13 00:26 | 合唱団 | Comments(0)

16.9.2さくらの会練習ノート

【練習日のお知らせ】9/30(金)は5週目にあたりますのでお休みです。

オンブラマイフ、少年時代、赤とんぼを練習しました。


《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン



オンブラマイフ
少しずつ歌唱体力?がついてきました。
皆さん、私の指示したようにレガートを意識して歌って下さったのですが、今回は言葉やリズムが不鮮明になり、ぼやけた印象になってしまいました。ですので、今回は言葉をハッキリと、一つひとつの音をしっかり歌うようにお伝えした次第です。



ソプラノ
『 』の音を伸びやかに、そして音が下がらないように歌いましょう。
P30の1段目2小節目
カー『ラエダ』ーマービレ
P31の1段目2小節目
ディヴェ『ジェタ』ービレ


アルト
P30の1段目2小節目
カー『ラエダーマー』ビレ
『 』の音が上昇するところ、音が下がらないように丁寧に歌いましょう。

P31の1段目2小節目
ディヴェジェ『ター』ビレ
『 』ラ♭→ミ♭へ音が下がるところを丁寧に歌いましょう。





少年時代
前回の注意事項に気をつけて歌って頂いているのが伝わってきました。

練習の時にもお話ししましたが、このような曲は「歌い上げて」しまうと、とってもダサくなります(^_^;)
軽やかに、でもいい加減にならないよう心がけていきましょう。そのためにもリズムをしっかり出せるようにしたいと思っています。




赤とんぼ
ソプラノ・アルトの音取りを全員でしました。オブリガートあり、転調あり・・ですが、頑張ってみましょう!


渡部先生から、テンポのゆったりした曲が多いですねーとお話がありました。たしかに!
発表会のブログラミングの時に困るので、テンポのよい曲も探しておきます。


残暑も厳しく、夏の疲れも出やすい季節です。睡眠をしっかりとりたいですね。それでは、金曜日に!


b0345420_14023172.jpg



[PR]
by kannochie | 2016-09-04 13:57 | 合唱団 | Comments(2)

16.8.26さくらの会練習ノート

浜辺の歌、オンブラマイフ、少年時代を練習しました。


《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

ロングトーン

スタカート



浜辺の歌

曲の後半"かぜのおとよ"以降は、ソプラノのミ♭とファがポイントでしたね。

「声が小さい、飛ばない」という方は、お腹(=支え)が声とうまく繋がっていないのだと思います。息を8拍スーと出す基礎練習を思い出しながら歌いましょう。


「ビブラートがかかりすぎる」方は、息の流れが乱れているのだと思います。どこにもぶつからないよう真っ直ぐ副鼻腔へ息を届けるイメージで。そのために、後頭部のもっと上や後ろの空間を意識するとよいと思います。


「響きの薄い生っぽい声が出やすい」方は、先に息を流しておいて、そこへ声を乗せていくイメージで。副鼻腔や後頭部の空間に、声を響かせてから出すように意識していきしましょう♪




オンブラマイフ
出だしをしっかり歌うことで、聴いている人をひきつけられます!弱く歌い出すイメージがあるのかもしれませんが、大きなフレーズをつくるようにしてみましょう。

ソプラノ
前回の練習ノートにも書きましたが、音が下がりやすいところがあります。

P30の1段目2小節目
カーラエダーマービレ
P31の1段目2小節目
ディヴェジェタービレ


少年時代
リズムにもだいぶ慣れてきましたね。
ソプラノ
P11の1段目1小節 ゆめがさめ
P12の2段目1小節 めがさめて
音程が意外と難しいので、丁寧に歌いましょう。

アルト
P11の1段目1小節~2段目
u-u-ながいふゆが まどをとじて よびかけたままで
大きくフレーズを感じて繊細に丁寧に歌って頂きたいです。
P12の2~3段目も同様です。



気圧の変化は意外と体への負担が大きいです。お気をつけ下さいね。
それでは金曜日にお待ちしてます!


b0345420_16430754.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-08-30 09:28 | 合唱団 | Comments(0)

16.8.19さくらの会練習ノート

浜辺の歌、椰子の実、オンブラマイフ、少年時代、夏の思い出を練習しました。


《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

ロングトーン

スタカート

今回は皆さんよく声が出ていたと思います!



浜辺の歌
曲の前半(歌い始め~しのばるる)もよくなりました。
"かぜのおとよ"以降は、ソプラノのミ♭とファがポイントですね。皆さんが意識して歌っているのが伝わってきましたよ。

アルトも"かぜのおとよ、くものさまよ"の音が下がらないように気をつけて下さい。




椰子の実
「浜辺の歌」も、この「椰子の実」もスタミナの必要な曲です。歌っていく内に身についていくと思いますが、音が跳躍して上がる時の音程に気をつけましょう。

以下のかぎかっこの音程です。
・思いやる「や」え「の」し「お」じ「お」
・いずれのひ「に」「か」




オンブラマイフ
後回しにしてきた出だしを次回は練習します。カンニングブレスで安定したロングトーンを目指します!

ソプラノ
P30の1段目2小節目
カーラエダーマービレで音が下がりやすいです。
P31の1段目2小節目
ディヴェジェタービレのミ♭の音も下がりやすいので、気をつけましょう。


少年時代
リズムが課題です。歌い出しではリズムも意識できていますが、だんだん緊張感が薄れてしまい、それによってリズムも甘くなっていきます。
リズム感覚の良いアルトにも手伝ってもらいながら定着を図ります!



夏の思い出
今回は皆さん声がよくでていましたので、最後に歌って頂きました。ステキでしたよ!


今日は台風で大荒れのお天気。どうぞお気をつけ下さいね。
それではまた金曜日に!
b0345420_16430754.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-08-22 17:12 | 合唱団 | Comments(0)

16.8.12さくらの会練習ノート

【お知らせ】
9月は金曜日が5回ありますので、9/30の練習はお休みと致します。宜しくお願いします。

今回は、オンブラマイフ、浜辺の歌、椰子の実、少年時代を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン


人数が少なかったこともあり、声があまり飛んでこないようでした。暑いせいもあるのでしょうか…。
こんな時は、無理に声を押したりせず、体を使って歌うようにするとよいと思います。


オンブラマイフ
ソプラノの音が下がり気味でした。レより高い音は支えを準備してから歌うようにしましょう。


浜辺の歌
歌い始め~"しのばるる"までが、ちょっと弱い気がします。歌いにくい音域なのかもしれないですね。次回、丁寧に練習をしてみます。
"かぜのおとよ"からは、よく歌えていたと思います。



椰子の実
音程を確認しながら全員でアルトパートを復習しました。半音ずつ下降していく旋律は、特に丁寧に歌いたいです。



少年時代
アルトの音取りをしました。なかなか難しい旋律でしたが、音は取れたように思います。
ソプラノはリズムをしっかりと出すと、アルトとも調和すると思います。


◆新曲はともかく、ずっと練習をしている曲は注意事項があまり変わらないので・・ここに書くのを躊躇することがあります。
新曲や、新しい注意事項だけを書いた方がいいでしょうか?今度の練習の時に教えてください(^^)/

立秋をすぎたので「残暑お見舞い」にはなりますが、まだまだ暑いと思いますので、どうぞお気をつけくださいませ。
また来週お待ちしております。
b0345420_16430754.jpg





[PR]
by kannochie | 2016-08-13 18:19 | 合唱団 | Comments(0)

16.8.5さくらの会練習ノート

◆練習日のお知らせ◆
8/12(金)はいつも通りカフェブレニーにて練習します。
ですので、8月の練習は8/5.12.19.26の4回です。


夏の思い出、浜辺の歌、オンブラマイフ、椰子の実、少年時代を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

ハミング+maーaーa

スタカート

ロングトーン


暑いこともあり、声も夏バテ気味だったでしょうか。声がなかなか出てこないというか、エネルギーが効率よく歌声になっていないような印象でした。2週間振りの練習だったせいもありますね。



夏の思い出
きれいに歌えていますが、もう少し前進感があるとよいと思います!


浜辺の歌
今回の練習は、特に高い音が大変そうでした。しっかり準備をして、ミ♭の音をイメージして出すようにしましょう。


オンブラマイフ
高い音が下がり気味でした。ロングトーンを保つのはなかなか難しいですが、いつも以上にエネルギーを使うつもりで歌ってみましょう。ですが、レガートに歌うことも忘れずに!



椰子の実
ユニゾンから通して歌うと、この曲も体力が必要だということがよくわかります。音も高めですので、鼻の奥(鼻に水が入ったときに痛くなるところ)に声を響かせるようにしていきましょう。



少年時代
楽譜では歌い出しが、シーシララレになっていますが、「シーシシラレ」と歌うことになりました。オリジナル通りです!
次回はアルトの音取りをします。



次の練習は8/12(金)です。
立秋は過ぎましたが、まだまだ暑さは続くと思いますので、どうぞご自愛下さいね。


b0345420_16430754.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-08-09 16:40 | 合唱団 | Comments(0)

16.7.22さくらの会練習ノート

◆練習日のお知らせ◆
来週の7/29(金)はお休み。8/12(金)はいつも通りカフェブレニーにて練習をしますので、8月の練習日は8/5.12.19.26になります。


夏の思い出、浜辺の歌、オンブラマイフ、椰子の実、春のメドレーの前半(どこかで春が・どじょっこふなっこ・春の小川・ちょうちょ)を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

maーaーa レガート

スタカート
いつもよりテンポを少しだけ遅くしてみました。丁寧に歌えるといいと思います。


ロングトーン
少しずつ良くなってきていると思います。続けていきます!


夏の思い出
発声練習にちょうどよい曲だと思います。皆さんと曲に対するイメージが少し違うのかもしれませんが、よどまずに歌い進むようにしたいです。
そうすることで、大きなフレーズも見えてきます。4小節で1つのフレーズになるとよいと思います。


浜辺の歌
強拍の音をしっかりと歌っていくようにしましょう。

ソプラノP56~57の1段目
「かぜのおとよ くものさまよ」
高い音が続いて大変ですが、まずは歌い出しの「かぜ」のミ♭をしっかり出せるようにしましょう。そのためには、その前のブレスで準備をするすることが必要です。
ここがうまくいったら、その後のミ♭・ファの音を意識して歌いましょう。


オンブラマイフ
この曲を歌うための体力がついてきたように思います。
高い方のドから上の音程が悪くなることがあります。
例えばP30の1段目のソプラノ「カーラエダ マービレ」です。マービレのmaの発音のmをうまく利用してしっかりと上がるようにしましょう。


椰子の実
アルト
音が難しいですが、取れるようになってきましたね。声の響きも良くなってきました。この曲も大きなフレーズでたっぷりと歌えるようにしたいですね。

ソプラノ
浜辺の歌もオンブラマイフも、この曲もソプラノにとっては、厳しい曲だと思います。ですが、練習を積む中で歌えるようになってきています!
おもいやる "やえのしお"じお
音が跳躍するので、振り回されないよう支えを意識して歌いましょう。



春のメドレー
どじょっこふなっこ→春の小川
間奏がありませんので、切り換えて「春の小川」に入れるよう練習をしました。←意外と難しいですね


春の小川・ちょうちょ
シンブルな曲になので、漫然と歌うとぼやっとした印象の曲になりやすいのだと思います。
集中して丁寧に、ハツラツと歌って下さい。


次の練習は8/5(金)になります。梅雨も明けて、夏の盛りですね。
体調を崩さないよう、お気をつけ下さいねー☆


b0345420_07430105.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-07-23 18:28 | 合唱団 | Comments(0)