カテゴリ:コラボユニット 花糸紡ぎて( 7 )

80年代のヒット曲を捜索中

12/3(日)の花糸公演、前半は宮沢賢治。
後半は"あの頃の歌"的な感じで
80年代あたりのヒット曲や
ニューミュージックを
歌ってみようかと検討中です。

ちょっと調べて
キーワードだけメモをしました。

b0345420_01143399.png


他にも何か
あったかなぁ。。σ(´・д・`)




[PR]
by kannochie | 2017-04-27 01:14 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

宮沢賢治を追いかけて

昨日の日曜日は家にこもって
宮沢賢治を
ずっと追いかけていました。

宮沢賢治の詩や
童話の一部
童話の中の挿入歌に
曲がつけられているものが
結構ありました。

合唱が多いようですが
独唱の作品もありましたので、
花糸で演奏可能かを
吟味しながら、
音源を聴き
楽譜があるのか
入手は可能なのかを調べたり、
譜読みをしたり、
宮沢賢治本人や作品について
調べたりしていると
もう夕方でした。

春の夕暮れ、気分転換に
自転車で出かけましたよ。
花糸のメンバーに
楽譜も届けたかったので。

久し振りに晴れて
気持ちがよかったな。
今日は雨降りに
なっちゃったけど…。

あちこちに春が来ていて
ウグイスの声も聞こえました。
写真は自転車に乗って見つけた春。
b0345420_01451319.jpg

左上は家ランチのパスタ。
マイタケとベーコンのトマトソースでございます。

マイタケは免疫力アップが
期待できる食材ですので
風邪撃退のためにも
…というより好きなので
たくさん入れました。

久し振りのお料理でした…!(^o^;)


[PR]
by kannochie | 2017-04-18 01:44 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(6)

宮沢賢治の最後の手紙「楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きませう」

本格的な春もまだだというのに、
冬のお話で恐縮です。
12/3(日)の花糸公演で、
宮沢賢治を取り上げることになりました。

カワイ出版の東日本大震災復興企画
「歌おうNIPPON」プロジェクトによる
委嘱作品「宮沢賢治の最後の手紙」を演奏します。

この作品はピアノと朗読と歌で構成されていて、
教え子への手紙がテキストとなっています。
賢治が亡くなる10日前に書いた手紙です。

その一節。
「楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きませう」


宮沢賢治の投げた
この言葉の波紋が
同心円を描きながら
広がっていきます。
心がさわさわと
波立っていきます。

これから冬にかけて、
宮沢賢治の言葉と
格闘していくことになりました。


月日の流れがはやいと
感じられるこの頃、
ふと立ち止まった時に
これからの人生が
怖くなったり
まだ大丈夫だと思ったり。

ふと振り返った時に
これまでこんなにも
歩いてきたのかと
怖くなったり
まだ大丈夫だと思ったり。

液体でも固体でもない
シャーベットのような
こういった心もとない
不安な気持ちを
宮沢賢治の言葉と音楽によって
昇華させたいと思うのです。




こちらは大好きな絵本の一つ。
宮沢賢治作「やまなし」
b0345420_02334845.jpg


[PR]
by kannochie | 2017-04-12 02:32 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(2)

アイディアの作り方

明日は花糸の企画会議。
b0345420_02543560.png

<花糸紡ぎて>というコラボユニットの言い出しっぺが私なので、きっと私が代表なのですが、ここでの私は完全に末っ子キャラです笑
色々な「思いつき」を「アイディア」に格上げし、さらに「企画」へと昇華してくれる、ひろこ姉さん・典郁姉さんに感謝です。
ちなみにピアニストのひろこさんは年下、読み聞かせの典郁さんの年齢は知りません。念のため笑


私のアイディアの作り方は
①気になる言葉を片っ端から調べ
②関連性を見つけ
③情報の裏を取り
④ネタ帳や携帯のメモ帳にぼんやりと書き付け
⑤日々ぼんやりの中で忘れては、時折思い出す
と、こんな感じです。


歌いたい曲が先にある時には、
①の前に
曲のイメージを言葉にする
という工程が入ります。


今、気になっているのは
宮沢賢治・西条八十・金子みすゞ・谷川俊太郎といった詩人。その人物像が立体的に見えるようなステージができないかな←まだ単なる思いつき笑




[PR]
by kannochie | 2017-03-01 02:50 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(4)

「本と音楽2」御礼&またまたうっかり(>_<)

「本と音楽2」無事に終了致しました。
ありがとうございました。

星野富弘氏の世界では涙される方もいらっしゃいました。

星野氏のエッセイはわかりやすい言葉で書かれていて、しかもすっと心に入ってくる魅力的な文章でした。そこでエッセイ、詩画と朗読、歌曲の演奏を組み合わせたステージをつくりました。

本番が終わって写真撮影を忘れたことに気がついたのは、駅のエレベーターの中(^o^;)

ですので、お客様とのお写真をアップします。
b0345420_23491872.jpg






打ち上げのサラダ。美味し~い!
b0345420_23511901.jpg

右下のお月さまのようなものは、ハスイモだそうです。
画像お借りしました。
b0345420_23524422.jpg

b0345420_23532870.jpg


こちらはピッツァ♡
b0345420_23544960.jpg










[PR]
by kannochie | 2016-11-20 23:47 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

本と音楽2のプログラム~♪

昨日届くように注文したつもりなんですけど
うっかりちえすけ、今日届きました(^_^;)
午前指定にしておいて良かった~~f(^_^)

b0345420_20214898.jpg
明日 お越しくださる皆様、どうぞお気をつけて(*^ー^)ノ♪
駅から意外と近いのでご注意を。(3分以上歩いたら通り過ぎてます!)お待ちしております(^^)/


[PR]
by kannochie | 2016-11-19 20:17 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(0)

初めまして『花糸*紡ぎて』と申します。どうぞ宜しくお願い致します。

コラボユニット花糸*紡ぎて と申します。
今のところ本と音楽が中心ですが、他の分野ともコラボして新しいステージを創っていこうと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

*名前の由来*
「花糸」は、カスミソウの別称「花糸撫子=はないとなでしこ」に由来します。
b0345420_00552388.jpg

カスミソウの花言葉
切なる喜び 親切 感謝 清い心 無邪気 切なる願い ありがとう

これらの言葉には、大切なことがたくさん詰まっている気がして、カスミソウをシンボルフラワーに決めました。
柔らかな響きの訓読みがいいと思っていたので「はないと」という音も気に入っています。
また、独立した小さな花の集合体であるカスミソウが、異なる分野を集めて結びつけたいという私達の姿とも重なりました。


「紡ぐ」
混沌を一つのまとまりあるものへ仕上げることが「紡ぐ」こと。まさに私達が目指したいところです。
また、言葉を紡ぐ・メロディーを紡ぐ等、本と音楽両方の分野でこの言葉は使われますし、「糸」との関わりも感じられます。
「紡ぎて」と活用させることで余韻を残したいと考えたところ、思いがけず"紡ぎ手"とも読めるので、良かったかなと思っています。


これからロゴデザインに入ります。
ん~(>_<)楽しみ過ぎる~っ!

細く長く続けていきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。





[PR]
by kannochie | 2016-01-12 00:51 | コラボユニット 花糸紡ぎて | Comments(4)