カテゴリ:詩のようなもの( 9 )

屋根光らせて月明かり


外が変に明るいと
雨戸をそっと開けてみる
そしたらお月さま
笑ってた( ^▽^)
屋根もピカピカ笑ってた

b0345420_00053085.jpg

大きなお月さまに
見守られ
みんなスヤスヤ眠ってる

寝言で笑ってたら
ごめんなさい(*/□\*)


・・・月明かりって
こんなに明るいのですね!



[PR]
by kannochie | 2017-11-02 23:59 | 詩のようなもの | Comments(0)

うまくいかない時には

うまくいかない時
何かにいら立つ時
外にばかり
目が向いているのかもしれない

落ち着いて自分の心を
見つめようとするほど
焦ってしまうのかもしれない

そこで
このもやもやする
気持ちを表す言葉を
探してみた

気体とも液体ともつかぬ
混沌とした思いを
言葉の型に流し込んで
石のように固めてから
眺めてみる

すると、その魔法の石は
私の思いを
映し出してくれる。





相手に自分の理想を
押しつけてはいけないよ。

特に、自分が
これだけしてあげたのに
という気持ちは禁物ね

自分がやりたかっただけでしょ?
相手が求めていることではない

私が勝手に描く理想像に
相手が近づかないことに
いら立っているよ。

ほら、目の前の
まるのままの相手を
よく見てみようよ。

b0345420_15085761.jpg







[PR]
by kannochie | 2017-08-30 15:08 | 詩のようなもの | Comments(4)

いつかの空

いつかの空

できるかなと
心配になっている

できるかなと
わくわくしている

不安とわくわくは
いつも隣り合わせだ

面倒くさいとわくわくも
いつも隣り合わせだね



自信は 成功から
生まれるだけじゃなくて

難しい状況だったけど
なんとか踏ん張ったよって

そんな時にも
生まれるんだって





b0345420_01385571.jpg

いつか撮った空の写真を
ちょっと加工してみたら

行田公園と船橋の空が
立派な森と青空になっちゃった


さあ、明日は稽古です。
頑張るよん♪




[PR]
by kannochie | 2017-07-05 01:37 | 詩のようなもの | Comments(2)

とれたての朝

今日も朝がきた。
刷毛でぬったような
いろんな色の雲が楽しい。
今日がきた。朝だあさだ。
b0345420_04590085.jpg





[PR]
by kannochie | 2017-06-04 04:56 | 詩のようなもの | Comments(0)

白い花ってイイネ

帰宅したら
キッチンに飾られていた白い花。
暗闇に浮かぶ無垢の白さに
しばし茫然。
白い花ってイイネ
b0345420_01544378.jpg








[PR]
by kannochie | 2017-05-29 01:49 | 詩のようなもの | Comments(4)

桜が大好き。桜に宿りたい。

b0345420_00443540.jpg

桜が大好き。
10日ほど前の
わが家の桜。

虫が食べたのか
小さな穴ぼこから
冬の青空
こんにちは。

来春の花、待ってます。
それまでゆっくり
おやすみなさい。

私もそっと
桜に宿る夢でもみよう。



[PR]
by kannochie | 2016-12-20 00:41 | 詩のようなもの | Comments(2)

大きな木が欲しい


b0345420_23592699.jpg

大きな木が欲しい

久しぶりに
ゆっくりとした気持ちで歩く
心地よい秋晴れ

大きな木に会ったよ
守ってくれそうな大きな木
木の持つ安心感に引き込まれそう

大きな木が欲しい

でも、いつもは
自由に飛んでいたいから
ほうっておいてくれればいいよ

大きな木が欲しい

これは極上のわがままだと
わかっているから
わがままは言わないよ

大きな木が欲しいな








あれ?この花…
b0345420_00010179.jpg


さくら…!十月桜ですって。
b0345420_00015853.jpg

秋の散歩。
心が少し大きくなったかも!





[PR]
by kannochie | 2016-11-03 23:57 | 詩のようなもの | Comments(2)

まだ酸っぱいよね(゚ж゚)みかんちゃん!

みかんちゃん、おはよう!
雨にぬれる姿は、汗をかいているみたいだね。

君たちは、まだ酸っぱいよね(>_<)
想像するだけで
背中がサワサワと寒くなるよ。
しばらく見ない間に、こんなに大きく
そして、ほんのり黄色に変わってきてたんだね。
b0345420_22181750.jpg
真夏の庭でアゲハチョウをよく見たのも、君たちのはっぱが美味しいからでしょ?ありがと。

今日の雨は冷たかったね。
ゆっくり甘くなってね、みかんちゃん。






[PR]
by kannochie | 2016-09-11 22:16 | 詩のようなもの | Comments(2)

秋の始まり。秋が始まる。秋を始める。

今日のランチ。ハーブの香りが爽やかな塩バターロールサンド。
頂き物のフラミンゴタンブラーにはソイラテを入れてきました。
b0345420_23282106.jpg

いただきまーす!(^○^)



ぐっと涼しくなりました。このまま秋になるのかしら?

毎年この時期に思うこと。
暑いのもツライけれど、夏の終わりはやはりさみしい。


虫の声が昨日より大きくない?
・・・これが秋の始まり。


秋のコンサートの準備が
いよいよ始まった。
今日はカンツォーネ祭りのレッスン。
明日は図書館コンサート&花糸公演の稽古。
・・・秋が始まるよ。


夏を脱ぎ捨てて、秋を始める。
着古した夏の中で
ぼんやり淀んでいた私は
ゆっくりゆっくりと
秋色に澄んでいく。

しんとした古井戸の水面は
枯れ葉一枚の揺らぎにも敏感だ。
・・・そう、私も秋を始める。




[PR]
by kannochie | 2016-08-28 23:25 | 詩のようなもの | Comments(2)