17'10.20さくらの会練習ノート

《ご連絡》
11/3(祝金)はお休みです。

《練習曲目》
カーロミオベン
犬が自分のしっぽをみて歌う歌
ロマンチストの豚
となりのトトロ
♪次回の練習では、時間があれば「さびしいカシの木」の復習をしたいと思います。

《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング
レガートma
スタカート
レガートno
ロングトーンla

発声か良くなってきましたので、その成果を曲に活かせるようにしたいと思っています。


ロングトーンの練習はキツイので、たくさんはやらないようにしているのですが…ここを頑張る段階にきているようです!

渡部先生が話していたのですが、「音は何もしないで伸ばしていると下がっていくものなので、お腹でしっかりと支えて、音が上がっていく(上ずっていく)くらいの気持ちで歌ったほうがいい」と。
本当にその通りなのです。


「音が下がっている自覚がない」という声も皆さんからありました。
そうなんですよね。ですので、録音してみるのが一番良い方法なのかな、と思います。




◆カーロミオベン
ソプラノ
2分音程のように、やや長い音の時に下がりやすいです。フレーズ終盤の長い音が下がらないように気をつけていきましょう!

アルト
半音で進むメロディーをデリケートに丁寧に歌って欲しいです!曲のニュアンスにも、ハーモニーにも繋がると思います。



◆犬が自分のしっぽを見て歌う歌
ソプラノ
P34~35
「ひとりでにふれる」
ここで音が下がると、その後に大きく影響してしまいます。意識して高めに歌ってみましょう。

P35の2段目の3小節目
「ぼくは」
不安そうに聴こえますので、しっかり歌えるといいですね。

アルト
シ~レの声質がやや固く、響きが薄くなりがちです。響くポジョンを見つけたいと思っています。



◆ロマンチストの豚
歌詞のリズム読みをしました。歌詞の面白さが魅力の一つでもありますので、言葉が伝わるように仕上げたいと思います。

ソプラノ
P11の3カッコ
「ロマンチストのぶたからは~」
やや高い音が続きます。音が上がっていくいくつもりで歌いましょう。



◆となりのトトロ
声質を明るく、声を細く出すつもりで歌うと、声の響きが揃いましたね。

ユニゾン(全員で同じメロディーを歌うこと)と3声の対比もよく計算されたアレンジで、なかなか手強い曲だと思います。

3声のハーモニーは、後半がキレイです。前半部分も美しいハーモニーが作れるよう頑張りましょう。
そのために、正しい音程で歌えるよう、支えを意識した練習をしていきます。





こうして練習ノートを書いていると、できないことばかりに目が行きがちですが、良くなってきたからこその「次のステップ」だと思っています。

求めていけば、どこまでも際限はありませんが、さくらの会の今のテーマは「声の響きを揃えること」「ロングトーンを支えること」です。

でも『歌う楽しさ』も忘れないように
したいと思っています。発表会でのびのびと楽しく歌うために、頑張っていきましょう。

プログラムを考えて練習計画をたてる
時期になってきました。月日の経つのが本当に速いです…(>_<)


次の練習は10/27(金)です。
風邪がはやっているようですが、また元気にお会いしましょう♪



合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。



b0345420_18300043.jpg





[PR]
by kannochie | 2017-10-21 14:28 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 期日前投票 久し振りの晴れ間でした >>