17'10.6さくらの会練習ノート

《練習曲目》
逢えてよかったね
犬が自分のしっぽを見て歌う歌
ロマンチストの豚
カーロミオベン
川の流れのように
となりのトトロ(音取り)


《基礎練習》
ストレッチ
呼吸
地声 オ・イ
ハミング
レガートma
スタカート
レガートno
レガートla


◆逢えてよかったね
全員揃って歌うこの曲は、しみじみしますね。発声練習と思い出し稽古を兼ねて歌いました。


◆犬が自分のしっぽを見て歌う歌
ソプラノ
P34~35
「ひとりでにふれる」
メロディーが上昇していきます。音が下がらないように注意しましょう。

P35の2段目の3小節目
ソプラノの「ぼくは」
遅れないようにしましょう。


ソプラノ・アルト
P36の3段目
「かなしいな」
美しいハーモニーを作るためには、響きを揃える必要があります。

練習の時に「響きがかぶる」という表現をしましたが、声がもっと上へ伸びたいのに、自分の方へ引っ張ってしまうために低空飛行している感じがしたのです。

私自身も今取り組んでいるのですが、声が「鼻から目に抜けていく」ように、歌えたらいいなぁと思います。



◆ロマンチストの豚
ソプラノ
P11の3カッコ
「ロマンチストのぶたからは~」
やや高い音が続きますので、音が下がらないようにしっかり支えていきましょう。


◆カーロミオベン
ソプラノもアルトも、たっぷりと大きなフレーズが作れるよう、ロングトーンに注意しましょう。発声練習の呼吸(スーと息を吐く練習)を利用してお腹で支えていきます。



◆川の流れのように
ハミングや母音唱、休みの後の歌い出しを中心に練習をしました。
発表会の最後の曲として歌えるといいですね。

ソプラノ
高い音が続くのでキツイと思います。(私も苦労しました(^o^;)すぐに歌えるようにはならないかもしれませんが、発声練習ともリンクしながら、少しずつ「高音体力」をつけていきましょう!
P9の最後のレの音
ドで2拍伸ばした後、しっかりブレスをしてレに入りましょう。


アルト
P6の3段目の1小節目~
「じたいはすぎて~」が、案外よく聞こえます。慌てずゆったりと歌ってください。



◆となりのトトロ
P10の2段目の4小節目~
母音aで歌う3声の部分
音取りが終わりました。3声は難易度は高くなりますが、ハーモニーに厚みとニュアンスが感じられてステキですね。イメージは「森を駆け抜ける風」でしょうか。

P10の4段目~P11の1段目
だれ「かがー」
こっ「そりー」
こみち「にこー」のみ

「 」の中のリズムをみんなで揃えていきましょう。

この曲はハーモニーがキレイなので、声の響きについてもアドバイスをして、美しいハーモニーが聴かせられるようにしたいですね!






次の練習は10/13(金)です。
寒くなったり、暑くなったり…季節の変わり目ですので、どうぞお気をつけて。





合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

見学はいつでも歓迎です。
事前のご連絡も不要ですので
思い立った時、お気軽に
いらしてください。


b0345420_18300043.jpg



[PR]
by kannochie | 2017-10-08 00:13 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 燃える金木犀 花糸紡ぎて公演「本と音楽3」の... >>