17'6.23さくらの会練習ノート

夕焼け小焼け・しゃぼん玉・カーロミオベン・逢えてよかったね・犬が自分のしっぽをみて歌う歌 を練習しました。


《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声 オ・イ

ハミング

レガート ma

スタカート

ロングトーン La


身体がうまく使えていないなと感じたり、支えって何?とか、お腹から声を出すとは?と不安に思ったら、かかとを3~4㎝ほど上げて歌うと良いかもしれません。
下腹に自然と力が入りませんか?
つま先立ちになる必要はありません。不安定で危ないですし、疲れてしまいますので。
3~4㎝ほどかかとを上げた時と、そうでない時の下腹に入る力の違いが感じられるといいですね。


◆夕焼け小焼け
合唱曲として熟成してきたと思います。フレーズを意識して歌っていることが伝わってきました(*^-^)♪


◆しゃぼん玉
ソプラノは軽く歌うよう心掛けましょう。少しスタッカートで歌うとよいと思います。


◆カーロミオベン
二分音符より長い音を大切に歌いましょう。音が下がりやすくなります。また、だらしない印象になりやすいので支えをしっかりと。
かかとを上げて歌うのも効果的だと思います。

ソプラノ
最終的にはf・Pに気をつけて歌えるようになりたいですが、Pはとても難しい表現です。音程や声の響きが悪くなりやすいので、まずは豊かに歌っていきましょう。


アルト
五線譜の中のラ・シ辺りの発音が浅くなり、声質が硬くなることがあります。特に右のページでその傾向がありますので注意して下さい


◆逢えてよかったね
歌い出し:あえてよかったねー
の「ねー」は長すぎないよう、譜面通りに。「ねー」が長いと、押し付けがましく聴こえます(>_<)


ソプラノ
すこしー だけーの「けー」
しゃくらないように、シンプルにその音へ上がって下さい。
「けー」が突出しないよう「だ」を少し強く発音するようアドバイスしましたが、そのために遅れないよう気をつけて下さい。
「けー」で音が下がらないように。


アルト



◆犬が自分のしっぽをみて歌う歌
歌い出し ア カペラです。
拍の強弱とイントネーションのシンクロを感じながら歌いましょう。

ユニゾンになるところ、二声になるところをそれぞれ確認しました。
ユニゾンは歌いながら皆さんの声もよく聴いてみましょう。


ソプラノ
「うれしいとき ひとりでに ふれる」
音程が不安そうでした。
1回目と2回目の音程が異なりますので音符をしっかり見て歌いましょう。

「いやだな」の「 い」
しっかり歌って下さい。あまり聴こえませんでした。

「いやだな」の後の「ぼくは」
遅れないようにしましょう。


アルト
最後のメロディーの音程が難しいですね。次回も練習します。

「いやだな」
ソプラノを追いかけるように歌うのですが、何かニュアンスが出せるといいですね。



今日も暑かったですね。
体調にはお気をつけくださいね。
では、また来週~♪




合唱団さくらの会は
毎週金曜日13時~15時
船橋市行田のカフェブレニーにて
練習をしています。
童謡・唱歌などのなじみ深い曲の他、
歌の翼に・オンブラマイフ
カーロミオベンといったクラシック、合唱曲にものんびり
チャレンジしています。

事前のご連絡も不要です。
思い立った時、お気軽に
見学へいらして下さい。


b0345420_18463776.jpg

[PR]
by kannochie | 2017-06-24 00:48 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 夜明けには あなたを勝ち取って... シャンソンのリクエスト >>