アジリタが歌いたい!!

アジリタとは
イタリア語で
「軽快・機敏」の意味。
細かい音符で書かれた
速いパッセージのことを言います。


私は太い声のソプラノ
リリコソプラノです。

地声が低いので
初めて会う方には
「ソプラノなんですよね?」と
よく聞かれます。

一般的にリリコソプラノとは
柔らかな声質で
長いレガートラインが得意。
広がりのあるしなやかな
明るめの声と言われています。

言い換えると
「細かい音符で書かれた
速いパッセージ」を歌うことが
私は苦手なのです。
ですが、やっぱり
アジリタに憧れます。
だって、華やかなんですもの…!


こちらの楽譜の画像
上は 先日のミニ音楽会で
歌ったモーツァルトの曲。

このパッセージに
とても苦労したのですが、
細かい音符の歌い方をちょっと
つかんだような気がしているのです♪
b0345420_02034846.jpg

これをマスターできれば
画像下のパッセージも
歌えるかも…!(* ゚∀゚)☆


そうなれば
プログラムの幅も広がって
ちょっと技巧的な曲も
楽しんで頂けそうです♪









[PR]
by kannochie | 2017-06-19 02:01 | 練習・稽古 | Comments(4)
Commented by nyankai at 2017-06-19 19:26
モーツァルトと言えば、「アレルヤ」と「夜の女王」を歌えるのが夢ですが、ありえないです。
Commented by fujiryujin at 2017-06-19 23:43
今の声も、綺麗なとっても良い声だと思いますよ。
だけど、高みを目指して頑張る姿もステキです♡♡♡
Commented by kannochie at 2017-06-20 00:41
nyankaiさん
コメントありがとうございます!
かつて師事したマエストロは
門下生全員で「夜の女王」のアリアを
ユニゾンする!と言ってました(;^_^A

よく言われますが
モーツァルトはホントに
勉強になります♪
Commented by kannochie at 2017-06-20 00:47
fujiryujinさま、フジさん
ありがとうございます!

太い声のソプラノは
たくさんは居ないようですし、
この声は我が子と思って
大切に研いていきます。

嬉しいコメントを
ありがとうございました(*≧∀≦)♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 自問自答中。シューベルトはどう... 納豆に目覚める >>