ゲーテ×モーツァルト=すみれ

ゲーテが手掛けた
歌劇「エルヴィンとエルミーレ」
の一節に、モーツァルトが
曲をつけたものが「すみれ」です。

b0345420_01014845.jpg

歌劇「エルヴィンとエルミーレ」とは…
こんなお話です。

エルヴィンは
エルミーレという女性を
心から愛していましたが、
謙虚な気持ちから
あえて彼女のもとを去りました。

その時、残していったのが
この「すみれ」という詩です。

『可憐なすみれは
羊飼いの娘に恋をしていますが、
すみれは娘に気づいてもらえず
踏みつぶされてしまいました。
それでもすみれは
彼女に踏まれて幸せ…と
果てていきます』

これを読んだエルミーレは、
彼の真意を理解して旅に出ます。
そして彼と再会して結ばれます。


歌曲の中で、
すみれ=男性なのも納得できました。


b0345420_01445907.jpg




[PR]
by kannochie | 2017-06-01 00:53 | カフェコンサート | Comments(7)
Commented by mamako48722 at 2017-06-01 01:33
素敵なストーリーですね。
ゲーテxモーツアルトのコラボですみれの歌曲(一部)が出来たんですね。

可憐なすみれの花、好きです。
Commented by kannochie at 2017-06-01 01:42
mamako48722さま、黄葉さん
すみれの花が謙虚なイメージなのは
全世界共通なのでしょうか…!?
すみれの花、愛らしいですよね♡
Commented by ejichan555 at 2017-06-01 09:20
おはよう。
花の名前を漢字、ひらがな、かたかなで表現を変えるだけでもそのもつイメージが全然違うんだよね。
ボク的には、ひらがなが一番好きかな。
「すみれ」は絶対ひらがな、「チューリップ」はできれば「ちゅうりっぷ」、「桜」は「さくら」ですね。
Commented by kannochie at 2017-06-01 10:47
エジちゃん、おはようございます。
さすがです!
曲のことを調べている中で
「菫」より「すみれ」と表記されることが多い、とありましたよ~♪

そっかぁ。。
エジちゃんは「ちゅうりっぷ」なのね。
あら、ひらがな表記を見て
今気がつきました。
ちゅうヽ(●´ε`●)ノ+リップ💋だわ笑
Commented by nyankai at 2017-06-01 13:58
「すみれ」と言う曲は、何曲かありますよね。
大学で、スカルラッティ・・・だったろうか、声回しが必要なのを歌わされて、難儀しました。今なら、もう少しましに歌えるような気がします。
この写真のすみれ、今家の周りで咲いています。
Commented by kannochie at 2017-06-01 15:25
nyankaiさん、こんにちは。
歌詞に「おどろーぜ」と
聞こえるところのある
「すみれ」 ですね~♪

お家の周りにすみれが
咲いているなんて、ステキ!
ひっそりと咲く感じがいいなぁと。
Commented by nyankai at 2017-06-01 22:24
はい、「おどろうぜ、ビオレッテ」です。
名前
URL
削除用パスワード
<< ツイッターのタイトルにちょっと... 今日の稽古メシ >>