自分を知りたいという欲

歌い手は楽器が体内にあって
目に見えないせいか
発声について
自分の感性や感覚に
頼ることが多いです。

もし声帯が見えて
♭ミの音は、あと0.02ミリ
左右の声帯を近づけて!と
言ってもらえたら
どんなにわかりやすいだろう…。

でも、それができないので
自ずと自分の感性や感覚に
敏感になり、頼ることになります。

自分をどのように
コントロールしたら
思い通りの声が出るのか…?
それを突き詰めていくと
「自分とは何か?」になるのかな。

もっとも、これは
歌い手だからなのか
私の特性によるものなのか…
それは、わかりません。

でも自分ってこういう面が
あるんだなって気づいた時
発声にも必ず気づきがあるのです。
だから知りたいのです、自分を。

明日は花糸の稽古。
5/14図書館コンサートと
12/3の公演の稽古&ミーティング。

越えたい壁もあって
歌いたい歌もまだまだあるのです。
だから、自分を知りたいのです。



写真は、我が家の草花。
いつも癒しをありがとう(*^^*)
b0345420_02204697.jpg






花にらかな…夕方になったら花が閉じました。
b0345420_02215392.jpg





b0345420_01192187.png

[PR]
by kannochie | 2017-04-25 02:19 | 図書館コンサート | Comments(4)
Commented by ejichan555 at 2017-04-25 07:22
おはよう。
なんか哲学的ですね。
でも、なるほど と思いましたよ。
楽しく歌ってください。
Commented by manekinntetti at 2017-04-25 08:57
千恵さん♪ おはようございます~(*´▽`*)
春っぽいスキンになりましたね~🌷

庭のお花もいいなぁ~♪
Commented by kannochie at 2017-04-25 14:15
エジちゃん
稽古では楽しく歌ってきましたよ~♪
お土産の課題も
いっぱいもらいましたけどね!(^_-)
Commented by kannochie at 2017-04-25 14:20
manekinntettiさま、テッチさん
春っていうだけで
なんだか楽しくなります。
小さな庭も少しずつ
賑やかになってきました(^-^)♪♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 「マチルダ」に痺れました。 人間ドックを受けて考えたこと。 >>