17'2.3さくらの会練習ノート

次回2/10は、すみれの花咲く頃・夏の思い出・茶摘み(計画表にはありませんが練習したいです)・赤とんぼ・虫の声・オンブラマイフ・スキーの歌を練習します。



茶摘み、スキーの歌、オンブラマイフ、花、すみれの花咲く頃を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング

レガートma-a-a

レガートe-e-e

スタカート

ロングトーンla



茶摘み
久し振りでしたね。初めての方もいらっしゃいましたので、メロディーと歌い方の確認をしました。

ソプラノ
1番は主旋律。2番はオブリガート(副旋律、1小節遅れて出る旋律)になります。

アルト
1番は一番下のパート。2番は主旋律です。

最後のハミングまで歌います。今日は確認で終わってしまったので、次回も少し練習したいと思います。




スキーの歌
ソプラノ
2~3回練習をすると正しく歌えるようになるので、1回目からしっかりと歌えるといいですね。
P54の♮シが不安定でした。ドから半音だけ下がると♮シです。


アルト
P55の1段目は、朗々と歌い上げたいところです。レガートに歌ってみましょう。そうすることで、他の旋律との対比も効果的に表現できますね。







オンブラマイフ
ソプラノ
アの母音の時に音が下がることがあります。発声練習では、声の響きも良くなってきていますので、曲の中でも使えるといいですね。
P30の1段目カーラエダマービレ
歌い出しの"カ"で音が下がってしまうことがあります。
"カーラエダ"の上昇形・"マービレ"
下降形どちらも音程が課題です。それには支えと準備がボイントになります。息を流して歌い進んでみましょう。また、和音をよく聴いて調和するよう心がけてみてください。

以下の3ヵ所も音程注意です。
P30の3段目マービレ
P31の1段目タービレ
P31の2段目マービレ

P31の2段目ソーアーヴェ
ヴェの前でほとんどの人がブレスをしていたので、バラバラになるようにカンニングブレスの位置を決めました。


アルト
よく歌えていますが、上昇形の時に音程が悪くなります。ご注意を。
歌いやすい音域ですが、よく響く豊かな声を求め続けていきましょう。






ソプラノ
2番まーねく
細かい音符をしっかりと歌おうとするあまり、「まはねへくー」とHの子音が聞こえることがありました。それはちょっとやり過ぎですが、丁寧に歌おうとする気持ちはいつも持っていて下さい。

3番の一番最後たとうべき
"たとう"のリズムがバラバラでした。練習します!


アルト
しっかりとしゃべって歌詞を伝えていきましょう。また、子音を前に出して母音が拍と合うように歌って下さい。





すみれの花咲く頃
ソプラノ
以下の2ヵ所は、まだ不安定です。引き続き注意して歌っていきましょう。
P36の1段目ふ"る"う♮ドの音程
P36の2段目"わ"すれな♭シの音程

アルト
跳躍する上昇形の旋律の音が下がりやすいですので気をつけましょう。
P33の2段目"しー"りぬ
P35の2段目ここー"ろー"





発表会まで練習はあと7回です。
コサージュのサンプルを見せて頂いき、モチベーションも上がりましたね。
次回から練習曲の数が多くなりますが、効率よく進めたいと思います。



明日は立春。でもまだまだ寒さも続きそうです。どうぞ体調にはお気をつけ下さいね(^_^)/~♪



b0345420_00361330.jpg






[PR]
by kannochie | 2017-02-04 00:34 | 合唱団さくらの会 | Comments(2)
Commented at 2017-02-04 13:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kannochie at 2017-02-04 15:05
鍵コメさん、こんにちは。
教えて頂いたの曲、存じませんでした。
ぜひ聴いてみたいと思います♪
ありがとうございました!
名前
URL
削除用パスワード
<< 姪っこに教えてもらった絵本「お... エルメス/ナイルの庭は、手強いです。 >>