17'1.27さくらの会練習ノート

次回の2/3は、茶摘み・オンブラマイフ・スキーの歌・花と、時間があれば すみれの花咲く頃を練習します。


1/27はスキーの歌、ペチカ、すみれの花咲く頃、オンブラマイフ、花を練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング

レガートma-a-a

レガートno-o-o

スタカート

ロングトーンla




スキーの歌
ソプラノ
歌い出しの2段目のメロディーと、次の3段目のメロディーの違うところを意識して歌いましょう。



ペチカ
初めて1~5番まで歌ってみました。
や・ゆ・よの発音は特にハッキリと歌って下さい。ぃや・ぃゆ・ぃよのつもりで。
ペチカの「ぺ」は、ややたっぷりめに保ってニュアンスを出しましょう。

テンポの揺れ、ダイナミクス(音の強弱の変化や対比による表現)がこの曲の魅力だと思います!



すみれの花咲く頃
ソプラノ
P34の1段目"き"みをおもい
音が取れるようになりましたね。

以下の2ヵ所は、はじめは不安そうでしたが歌えるようになったところです。引き続き注意して歌っていきましょう。
P36の1段目ふ"る"う♮ドの音程
P36の2段目"わ"すれな♭シの音程




オンブラマイフ
ソプラノ
上昇形の高い音は意識できるようになってきました。下降形の時にも音が下がりやすいので、しっかりと支えることが必要です。

例えばP30の1段目マービレ
♭ミ→レ→ドと音が下降しています。レ・ドの音が下がらないように。


以下の3ヵ所も音が下がらないよう気をつけてみて下さい。
P30の3段目"マ"ービレの♮シ
P31の1段目"タ"ービレのレ
P31の2段目"マ"ービレの♭シ




久し振りに歌いましたね。予想していたよりもしっかりと歌えていました。練習を積み重ねてきた成果ですね。嬉しかったです。
ですが…細かい音符が雑に聴こえることがありました。丁寧に大事に歌っていきましょう。
さくらの会の発表の最後を飾る曲です。華やかに春の喜びを伝えたいと思っています。



発表会まであと8回の練習となりました。差し上げた練習計画に沿って進めていきます。

次回の2/3は、「茶摘み」の思いだし稽古が中心になります。
もしお時間がありましたら、楽譜を見直してみて下さい。


寒くなったり、暖かくなったり…体調を崩しやすい季節です。
どうぞお気をつけて。

b0345420_09271443.jpg

[PR]
by kannochie | 2017-01-28 22:47 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 電車から人が転がり落ちてきた。... 金子みすゞコンサート準備中。 >>