敬老園コンサート。稽古のおやつは、春を呼ぶ「いちご大福」

1/15(日)10時から、敬老園で行われる新年会で演奏をさせて頂きます。

「早春賦」など春を待ち望む歌、巣立っていった我が子へ語りかける「ロンドンデリーの歌」を演奏します。
また、ピアノソロの他、「メモリー」「川の流れのように」なども歌います。



昨日はその稽古でした♪
ピアニストと合わせるのは、クリスマス以来。クリスマスの時のあのよい感覚を取り戻そうと追いかけるあまり、私は力ばかり入ってしまいました。
「何を伝えるのか」をもう一度見直します!




さて、こちらは稽古のおやつです。衝動買いしてしまった"いちご大福"
b0345420_11060101.jpg


あれ?大福って「大きい福」と書くんですね。由来を調べてみると・・

薄い餅皮で餡を包んだお菓子で、丸くふっくらしている様子がウズラに似ているので「 うずら餅」
うずらのお腹がふくれていること、食べるとお腹がふくれるので「はら ぶと餅」
「腹太餅」
「大腹餅」
大福 の方が縁起がよいので「大福餅」


新年の初稽古に「大福」はピッタリだったのでした~\(^o^)/
わらび餅と迷ったんですけどね笑


[PR]
by kannochie | 2017-01-12 11:05 | 練習・稽古 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< どっちからいきます? 自分にご褒美作戦 >>