16.11.18さくらの会練習ノート

・・12月と来年1月の練習日程について・・
12/2・9・16の3回(23・30はお休み)
1/6・13・20・27の4回です。
☆3/25に発表会もありますので、新年は1/6から練習をすることになりました。よろしくお願いします。



オンブラマイフ、冬のメドレーを中心に練習しました。

《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声

ハミング 

maーaーa

スタカート

no-o-o(ドミソミド)

レガートi

ロングトーンla



オンブラマイフ
発声練習で声がよく出ていたので、オンブラマイフをやってみたのですが、なんとなく声がもったりとしていて、遅れて聴こえる感じでした。ですので、子音を前に出して母音の発音が拍と合うようにと指示しました。

ソプラノ
高い音へ跳ぶ時、特に下からずり上げているような印象でした。それが原因で遅れて聴こえていたようです。
響きのポイントや支えを意識して、十分に準備をしてから(=先に息を流すような感覚で)歌いましょう。



アルト
ソ・ラ辺りの音は、歌いやすい高さなので逆に響きの薄い声になりがちです。音楽が安っぽく聴こえてしまいすので、支えや響きを意識して歌ってみましょう。




冬のメドレー

おおさむこさむ
やまから「こぞう」が
↑音程気をつけましょう。

「やってきた」の"き"は無声音です。ちょっと意識をすれば大丈夫です。やりすぎると「やってった」に聴こえてしまいますので(^o^;)



たきび
「あたろうか?」←ソプラノ
「あたろうよ」←アルト
このように歌って、会話に聞こえるようにしましょう。




符点のリズムとそうでないリズムがありますので、音符をよく見て歌いましょう。正しく歌うと曲もしまりますね!


冬の夜
P51の3段目
ハーモニーの練習を重点的にしました。正しい音程で歌うこと、声質や母音の発音のしかたを揃える必要がありそうです。
これから少しずつ取り組んでいきますね。


冬景色
ソプラノ
レより上の音は、支えをしっかりと。この曲は音域が広いのでメロディーに翻弄されないように、次のフレーズをイメージしながら歌いましょう。

アルト
P52の3段目~
レの音が下がらないように気をつけましょう。ハミングで練習をしている響きを意識してみましょう。




スキーの歌
3度の和音が多いので、つられやすいかもしれませんね。まだまだ余裕がない感じですので、毎回練習をすゆようにします!


ペチカ
歌詞にはペィチカとありますが、調べてみると誤りである可能性が高いようですので、「ペチカ」と歌っていきます。楽譜をよく見て、正しいリズムで歌えるようにしましょう。
この曲、ユニゾンはもったいないなぁ…合唱譜がないか探してみます!



雪の降る街を
ソプラノ
音も高く、ロングトーンもたくさんあり、しかもメドレーの最後の曲。スタミナが必要ですね。後半はまだ歌い切れていませんので、時間をかけて練習をしていきます。

アルト
同じ音が続くところが多く、なんとなく単調になりがちです。情感豊かに歌えるよう練習していきましょう。



寒かったり、暖かくなったり…体調を崩している人が多いようです。どうぞお気をつけ下さい(^^)/

b0345420_21404163.jpg

[PR]
by kannochie | 2016-11-18 23:39 | 合唱団さくらの会 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 本と音楽2のプログラム~♪ 楽譜のミスプリみーつけた!【ち... >>