同期会ランチ~3世代ソングを求めて~

今日は、以前の仕事の同期会ランチ。
夏に集うのが恒例になってきましたよ(^∇^)

贅沢前菜
b0345420_00322621.jpg



スープとサラダ
b0345420_00324198.jpg



ムニエルとご飯
b0345420_00325761.jpg



この集いのステキなところは、みんなそれぞれが「今を生きている」こと。

私以外はみんなママでもあるので、子供さんの話ももちろんあるけれど、それぞれに「自分の今」があって、それと向き合いながら生きているところが、ほんとカッコイイ!

そして、これは私たち世代の特徴なのかもしれないけれど、みんな柔軟で寛容。
この年になっても、わかないことを素直に質問できるってステキ!
それに答える様子を見ているのも楽しかったな~♪


そんな会話の中で、私は初めて「シアターエプロン」という言葉を聞きました。


シアターエプロン(・_・?)?


シアターエプロンとは、保育士さんや幼稚園の先生が子供たちにお話を聞かせる時につけるエプロンのことだそう。エプロンから色々な小道具が飛び出すんですって!それは楽しいよね~♪
このエプロンをつけてする読み聞かせや歌のことも、シアターエプロンと呼ばれているようです。

幼稚園や保育園でこんなにレベルの高いことをしているのだったら、私たちはもっとエンターテイメント性の高いものを提供しなくてはいけないですね~(^o^;)




さて、このシアターエプロンから刺激を受けまして、「子供から大人まで楽しめるコンサート」について考えてみましたが・・3世代が一緒に歌える歌は、もうほとんど無いのかもしれません。

童謡や唱歌は、年配の方のものになって久しいです。
こういう私も、教員時代には唱歌を教えられませんでした。
私自身の反省を挙げてみると…
まず、文語調の歌詞がわかりにくく、私自身に敬遠する気持ちがありました。現代のリズムや言葉で歌える曲の方が、子供たちの反応も良くて指導しやすい。

また、童謡唱歌の中でうたわれている「日本の自然の美しさ」を実感しにくい中、それを子供たちと共有することは更に難しい。

そして、何よりも私自身が童謡唱歌の魅力に気づけていませんでしたよ(;つД`)



さて、話は戻って「子供から大人まで楽しめるコンサート」の企画ですが、「ひまわりの約束」という歌を教えてもらいました。
この曲はドラえもんの映画の主題歌。
この詩は、ドラえもんとのび太のように、いいことも悪いことも同じようにわかち合える仲間のことを描いたのだそうです。

3世代ソングをいきなり見つけることは難しいけれど、まずは親子2世代が楽しめる歌を歌いたいな。
だって、ママもいつかはおばあちゃまになるんですものね!その時に3世代ソングが完成!


「ひまわりの約束」譜読みしようと思います(^^)/
ドラえもん、ありがとう♪
同期のみんなも、ありがとう♪





[PR]
by kannochie | 2016-08-28 00:31 | 集い | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋の始まり。秋が始まる。秋を始める。 最強の目覚まし⏰ >>