16.7.22さくらの会練習ノート

◆練習日のお知らせ◆
来週の7/29(金)はお休み。8/12(金)はいつも通りカフェブレニーにて練習をしますので、8月の練習日は8/5.12.19.26になります。


夏の思い出、浜辺の歌、オンブラマイフ、椰子の実、春のメドレーの前半(どこかで春が・どじょっこふなっこ・春の小川・ちょうちょ)を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 

maーaーa レガート

スタカート
いつもよりテンポを少しだけ遅くしてみました。丁寧に歌えるといいと思います。


ロングトーン
少しずつ良くなってきていると思います。続けていきます!


夏の思い出
発声練習にちょうどよい曲だと思います。皆さんと曲に対するイメージが少し違うのかもしれませんが、よどまずに歌い進むようにしたいです。
そうすることで、大きなフレーズも見えてきます。4小節で1つのフレーズになるとよいと思います。


浜辺の歌
強拍の音をしっかりと歌っていくようにしましょう。

ソプラノP56~57の1段目
「かぜのおとよ くものさまよ」
高い音が続いて大変ですが、まずは歌い出しの「かぜ」のミ♭をしっかり出せるようにしましょう。そのためには、その前のブレスで準備をするすることが必要です。
ここがうまくいったら、その後のミ♭・ファの音を意識して歌いましょう。


オンブラマイフ
この曲を歌うための体力がついてきたように思います。
高い方のドから上の音程が悪くなることがあります。
例えばP30の1段目のソプラノ「カーラエダ マービレ」です。マービレのmaの発音のmをうまく利用してしっかりと上がるようにしましょう。


椰子の実
アルト
音が難しいですが、取れるようになってきましたね。声の響きも良くなってきました。この曲も大きなフレーズでたっぷりと歌えるようにしたいですね。

ソプラノ
浜辺の歌もオンブラマイフも、この曲もソプラノにとっては、厳しい曲だと思います。ですが、練習を積む中で歌えるようになってきています!
おもいやる "やえのしお"じお
音が跳躍するので、振り回されないよう支えを意識して歌いましょう。



春のメドレー
どじょっこふなっこ→春の小川
間奏がありませんので、切り換えて「春の小川」に入れるよう練習をしました。←意外と難しいですね


春の小川・ちょうちょ
シンブルな曲になので、漫然と歌うとぼやっとした印象の曲になりやすいのだと思います。
集中して丁寧に、ハツラツと歌って下さい。


次の練習は8/5(金)になります。梅雨も明けて、夏の盛りですね。
体調を崩さないよう、お気をつけ下さいねー☆


b0345420_07430105.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-07-23 18:28 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 月島もんじゃ焼きデビューしました。 母よりお姉さんな親友に会いに行こう! >>