16.6.10さくらの会練習ノート

夏の思い出、オンブラマイフ、花の街・春の唄・花のまわりでを練習しました。
《基礎練習》

ストレッチ

呼吸

地声(オ・イ)

ハミング 
ポジションを見つけて頂くために、丁寧に練習していきます。

maーaーa レガート
ハミングのポジションを使って歌えるようにしていきます。

スタカート(ドミソミド)
「口を縦に開ける」は、私には効果大でした。どんな人にでも当てはまるという訳ではないですが、それでも鏡を見ながら歌ってみると発見があると思います。
自分が思っているのと全然違う口の形にきっと驚きますよ。

LaLaLa ロングトーン 
中間音が良くなってきましたね。シ~ミ♭の音程や音色を揃えていきましょう。




《曲の練習》

●夏の思い出
少しずつハーモニーが聴こえるようになってきました。尾瀬の水芭蕉の季節は間もなく終わりますが、時々歌ってレパートリーにしていきましょう。

ソプラノP53の1段目
みずばしょうのはなが~
なんと言ってもここが聴かせどころです。高い音への準備をしっかりして歌いましょう。



●オンブラマイフ
オーンブラ "マーァイフ"のリズムをそろえていきましょう!
そして、大きくフレーズを作っていきましょう。

P30の3段目 ソアーベの"ソ"の音が取りにくいようですね。時間をかけてれんしゅうしていきましょう。そこだけ取り出すと歌えますので、曲の中でも歌えるようにしていきます。

P30の4段目
ここもリズムや音程がわかりにくいようでしたので、練習していきますね。

P31の1段目 カーラー"エダ"マービレ
の符割りは揃ってきましたね。次回も復習します!



●花の街
こちらもハーモニーが聴こえてきましたよ。ユニゾンになるところと、分かれるところをしっかりと整理しましょう。
ユニゾンは声の響きをそろえて。ハーモニーはお互いによく聴き合って。
P17の3段目 はるよはるよ
これまでの空気をかえて高らかに歌えるといいと思います。


●春の唄
この曲、よく歌えていると思うのですが、安心しきって漫然と歌うと本当につまらない歌になってしまいます。
乱暴にならないように、でもテンポよく軽やかに歌いたいですね。


●花のまわりで
P21の2段目 まわろうよ
3声に分かれるところが課題ですね。
ソプラノは、"まわろうよ"の「わ」でしっかり高い音への準備をしておきましょう。
ここもできるだけ毎回時間を取って練習したいと思います。


今回の練習では、皆さん声がよく出ていたように思います。

この雨の季節が過ぎれば、夏本番!体力つけて楽しく歌いましょう~♪
b0345420_11175618.jpg

[PR]
by kannochie | 2016-06-13 15:27 | コンサート | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 出会った人と時間を共有できて楽... 2016.6.11(土)カフェ... >>