16.5.20さくらの会練習ノート

春のメドレー
夏の思い出を練習しました。


《基礎練習》

ストレッチ
いつも通りに、体側・腕・背中のストレッチを。できれば毎日ストレッチをしたいですね。


呼吸
均一に安定して息が出せるようにしていきましょう。


地声(オ・イ)
支えは出来てきましたので、響きを意識していきます!

ハミング 
自分の耳には響きのない、薄っぺらな声に聴こえると思いますが、細く弱くハミングできる"声の通り道"を探していきましょう。

mamama レガート
ハミングが響いているところでmaか歌えるようにしたいです。

スタカート(ドミソミド)
口を縦に開けて、副鼻腔や後頭部の空間を大きく感じて下さい。ですが、声の通り道は、鼻の先の方。つまり前の方です!

LaLaLa ロングトーン 
ピアノの音をよく聴いて声を出していきましょう。歌い始めの音程を大寺にしていきましょう!




《曲の練習》
●春のメドレー

どこかで春が
P7の1・2段目 うま"れ"てる・ない"て"いる
ソプラノのシ、アルトのソの音をしっかり出して下さい。ソプラノは2段目も同様に。

2段目 アルト なが"れーー"だす
ファミレファの音程も丁寧に歌いましょう。

P7の3段目
ソプラノもアルトもレの音がポイントでした。息を流して歌い上げていきます。音が高いので、支えや響きの準備を十分にしてから歌い始めましょう。


どじょっこ ふなっこ
響きに重点を置いた発声練習をするようになって、ハーモニーも良くなってきたように思います。
P8の3段目 どじょっこだの、ふなっこだの
どじょっこ・ふなっこの言葉の面白さを出したいと思っています。

P9の1段目 よるがあけたとおもうべな
ソプラノは、音が高いので準備をしっかりして歌いましょう。
アルトは歌いやすい音域ですが、何となく歌うのではなく、生き生きと歌って下さい。



春の小川
はるのおが"わは"
レの音が後ろに引っ込んでしまわないようにしたいです。このレの音をしっかりと歌うことで、4小節で1つのフレーズが作れます。
すみ"れや"も同様です。

P10の1段目 すがたやさしく
これまで輪唱だったのが、ここから変わります。それを意識して、ソプラノ・アルトでリズムを揃えていきましょう。


ちょうちょう
素敵に歌えていると思います。「春の小川」と同様に、P11の2段目さくらのはなの~からは、ソプラノ・アルト揃って歌うことを意識して下さい。

うぐいす
P12の3段目~13の1段目
ウグイスの鳴き声のメロディーのリズムはぜひ揃えたいですが、力が入りすぎないようにしましょう。


ひなまつり・さくらさくら
ユニゾンですし、丁寧に歌おうとするとどうしても遅れがちです。最低でも2小節で1フレーズが作れるように、少し前進感があるとよいと思います。


花の街
レガートに歌う部分(なないろの~リボン)、語感を生かして歌う部分(わになって)、ロングトーンを聴かせる部分(P17の1~2小節目のよー)など、メリハリのある音楽を目指します。


春の唄
テンポよく歌って頂きたいのですが、不揃いになったり、言葉が流れてしまったりしないように、丁寧に歌いましょう。
「あのは"なー"うりの」は、特にしっかりと歌って頂きたいです。


花のまわりで
休符の間も音楽は流れています。歌わない時には、相手のメロディーをよく聴いて、そのエネルギーをもらって気持ちを繋ぐようにしましょう。
P21の2段目 まわろうよ
ソプラノのファ♯・ソがしっかりと出せるよう、発声練習を積んでいきます。



●夏の思い出
音は取れてきましたので、慣れていきましょう。(特に2番!)
P53の1段目 におっている
全員で揃って「におって」と歌えるようにしたいです。


気持ちのよい季節になりましたね。移りゆく季節に想いを馳せながら、歌うことも楽しんで頂けたら嬉しいです。
また来週~!(*^ー^)ノ♪



b0345420_16243722.jpg




[PR]
by kannochie | 2016-05-22 17:05 | 合唱団 | Comments(2)
Commented by ejichan555 at 2016-05-22 19:10
こんばんは。
「夏の思い出」は大好きな曲です。
ボクの尾瀬にあこがれる気持ちが、そのまま曲にしたようで。
そのうちアップ予定です。ありがと。
Commented by kannochie at 2016-05-22 23:04
エジちゃん、こんばんは(*^^*)
夏の思い出は、歌詞が美しいですよね。
「シャクナゲ色にたそがれる」が、私は好きです。
清楚に歌いたいと思っています!

名前
URL
削除用パスワード
<< レッスンを受けてきました! セルフ応援にはフレグランス >>