練習・稽古・合わせ

こちら庭のチューリップ。
2つとも咲いて欲しいなぁ~。
b0345420_12310793.jpg


さて、練習と稽古と合わせについてですが、私は自分一人でするものを「練習」、共演者とするものを「稽古」と言っています。「稽古」という言葉は舞台の時によく使われるんですよね。歌い手としての初めてのお仕事が、学校公演の舞台だったので、この時の習慣がずっと続いています。「合わせ」と言うこともありますが、私は「稽古」という言葉が好きです。この稽古という言葉には、古きを知って今どうするべきかを考えるという、温故知新と同じような意味があるそうです。

共演者とは最終的には「合わせ」ていくのですが、それぞれの音楽を出し合って、今どうするべきかを考える「稽古」がやっぱり楽しいです。

例えば、練習で作っていったフレージング(旋律の歌い方)が、ピアノが入ることで全くできなくなったり、フレージング自体が良くないとわかることが多々あります。逆に、相乗効果で思いもよらないフレージングが生まれることもあります。「合わせ」ようとしただけでは、こういった化学反応は起こらないと思うのです。


今日はこれから、稽古の録音を聴き直して練習します♪4/16(土)カフェブレニーミニ音楽会、もうすぐです。パティシエなっちゃんのキュートで美味しいスイーツも毎回楽しみ!
[PR]
by kannochie | 2016-04-06 12:23 | コンサート | Comments(4)
Commented by tomoyoshikatsu at 2016-04-06 18:50
こんばんは〜

長嶋茂雄 氏 は

⇒ これだけ( こんなに… )練習しています!!と 見せるのは Professional ではない!

と、明言を…… 云われました!!!
Commented by ejichan555 at 2016-04-06 20:55
チューリップが咲いたら、アップしてくだされ。楽しみにしておりんす。
Commented by kannochie at 2016-04-07 00:21
tomo333さん、こんばんはー!
長嶋さんの発言には重みがありますね。
Commented by kannochie at 2016-04-07 00:25
エジちゃん、こんばんは!
チューリップ咲きますように.:*:・'°☆
その時にはアップしますよん!
名前
URL
削除用パスワード
<< ジオラマのある待合室。声のメン... 我が家の今日の桜2 >>