苦悩からの脱却

「菅野さんは直感で生きている」と言われたことがある。その時は全く自覚がなかった。いや、むしろ自分は論理的だと思っていたのだ。でもよく考えてみると、やはり私は直感で生きているのだ。

どんな時でも感覚や感情がまず先にやってくる。そう、モヤモヤとした何かがやってくるのだ。『この気持ちは何なのだ?なぜ苦しいのだ?』ご飯を食べながら、コーヒーを飲みながら、歯を磨きながら、歌いながら、自転車に乗りながら…頭の隅ではずっとずっと考えている。『このモヤモヤは何なのだ?』と。

そして、ふと思い当たる。嫉妬心だ。これは嫉妬なのだ。すると今度は『この嫉妬心がどこから来たのか』を考える。羨ましいのだ。そうか!羨ましいのか!と自分の気持ちに気づく。では、『なぜ羨ましいのだ?なぜ嫉妬するのだ?』答えは簡単だ。今の自分に満足していないからだ。

では、『どうすれば満足できるのか?どんな自分なら満足なのか?』また考える。小さなことでクヨクヨしたり、ぶれたりしない、大きくて包容力のある人になれたら満足かなぁと思う。
そして、思い通りに声を操って、思った通りに歌いたいと切に思うのだ。平たく言えば上手くなりたいのだ。

こんな風に苦しくなることがある。自己嫌悪だ。自分の嫉妬心で己を焼いてしまわぬようにと焦っていると・・・ふと、木を見て森を見ずという言葉が思い出された。『目先の小さなことばかりに気を取られていないかい?』と自問自答してみる。
うん、そうだよ!
感情の原因が何なのかを知るために「自分の中心をなす核」のようなものに近づいてきたのだった。そうしたら見えたものもあったけれど、見失ったものもあったのだ。

「核」からゆっくり離れてみると、自分の全体像が見えてくる。不安材料や自信の持てないことを、他人から指摘されたような気持ちに"勝手に"なっていたのだ。

そう、ここまでくれば出口は近い。


最終的には、こんなことで悩んでいる自分がいじらしく、そんな自分を認めてあげて、このモヤモヤとした状況も楽しんじゃえ~と思えたのです。

モヤモヤの原因を知るために、私は意識的に考えないとならないので、自分は論理的だと思っていたのですが・・・大きな勘違いでしたね。

感情が突っ走るので、論理がよろよろとその後を追いかけているだけだった!笑
でも、だから言える。「直感はたいてい正しい」ってね。



さて、こちらは我が家の桜。春の女神よ、はよおいで。
b0345420_01533466.jpg






[PR]
by kannochie | 2016-04-02 01:52 | 大切なこと | Comments(2)
Commented by ejichan555 at 2016-04-02 10:12
おはよう。
アップした時刻が時刻だけに、かなり深刻なのかなと。
でも、自分に満足している人なんてほぼいないと思いますよ。
自分のマイナス部分を克服しようとは思わずに、いつも笑顔で過ごすこと、それと決して人のせいにすることもなく、楽しく過ごせたらいいなと、ボクは思っていますよ。
眠る前にちょっと不安になったりすることもあるけど、自分の人生は捨てたもんじゃないよ。
Commented by kannochie at 2016-04-02 12:57
エジちゃん、ご心配下さり本当にありがとう。
私は宵っ張りなので、就寝はいつもこんな時刻なんですf(^^;すみません。

>自分のマイナス部分を克服しようとは思わずに
そっか!なるほどーと思いました。
負けず嫌いで欲が深いんですね、私は…。

>人のせいにすることもなく
私もそう思っています!

この記事を書いたら、自分の気持ちがよく見えてスッキリしたんです。今日も楽しく歌います~♪
エジちゃん、本当にありがとう。

名前
URL
削除用パスワード
<< 庭の桜、花見の夢。 4/16(土)カフェブレニーミ... >>