16.1.15さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・童謡メドレー1の練習をしました。


練習の際にもお伝えしましたが、地声やハミング等の基礎練習の時から副鼻腔を意識すると、声がよく伸びて音程もよくなるようです。
自分が練習する中で、私自身が感じていることでもあります。しばらく続けてみようと思っています。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ
→地声の練習は、他の合唱団ではあまりやっていないのかもしれません。また、抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、第三者の指導のもとで、意図を持って練習をすれば効果があると思います。

でも、喉が痛くなってしまうような出し方は禁物ですから、その際にはすぐにお申し出下さいね。


ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 
→少しずつですが、音を保てるようになってきました。
歌ってみて、うまくいかなくて、また歌ってみて・・の繰り返しが練習です。安心して失敗できる?練習空間にしたいと思っています!


楽しく歌って、そして少しずつできることを増やしていけたら、どんなにステキでしょう~♪





《曲の練習》



一つひとつの音をはっきりと歌うようにしましょう。ソプラノとアルトのバランスがよくなって、合唱としてのまとまりが見えてきました。



歌の翼に

前回の練習に比べて、テンポはよくなっていると思います。また、これまでは歌うのが精一杯という印象でしたが、少し余裕が出てきたように思います。


ソプラノはロングトーンが課題ですが、カンニングブレスをしたり、支えを意識することでよくなりましたね。このような体験を積んで、いつでもできるという状態を目指します!

拍の取り方・発声の両面からのアプローチも続けていきます。



アルトは旋律を丁寧に歌って下さい。歌いやすい中間音は響きが薄くなりやすいので、より豊かな響きを目指していきましょう。



ソプラノもアルトも歌いながら、次の旋律をイメージして、それに適した体の働きを意識することが理想です。




三つのわらべうた

通りゃんせ

次のフレーズを意識するタイミング等の指示を出しながら指揮をしてみました。早めに準備ができれば、音楽もスムーズに流れていきますし、曲想も生きてきます!



あんたがたどこさ

大袈裟なものまねで笑って頂きましたが、合唱曲として成立するような歌い方が求められると思います。長い音符もしっかりと歌いつつ、遅れないようにしたいですね。



ずいずいずっころばし

歯切れのよさが魅力の曲ではありますが、雑に聴こえないようにしたいですね。相反することのようにも思えますが、曲が走らないようにセーブしながら歌ってみてはいかがでしょうか?





童謡メドレー1

通して歌って頂きました。
メドレーの最後、パートが細かく分かれるところで、どの旋律を歌うのかを決めていきました。



発表会が迫ってきたこともあり、みなさんの"熱"に圧倒されっぱなしです。

息切れしないよう、そして風邪などひきませんよう、充分にご注意下さいね。

また来週、元気にお会いしましょう!
\(^o^)/~♪♪


b0345420_11551828.jpg











[PR]
by kannochie | 2016-01-17 16:58 | 合唱団 | Comments(2)
Commented by ejichan555 at 2016-01-17 20:40
歌い手って、ストレッチもするんですね。
全然知りませんでした。
カゼひかないようにね。
Commented by kannochie at 2016-01-17 22:32
エジちゃん、コメントありがとうございます!
歌い手は『体が楽器』と、よく言われます。
名前
URL
削除用パスワード
<< 金子みすゞコンサートができるまで。 とうとう買ってしまった・・キー... >>