16.1.8さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・童謡メドレー1の"子鹿のバンビ"を練習しました。



《基礎練習》

ストレッチ

呼吸8拍

地声オ
この練習の3つの効果
大きな声が出るようになりました。
支えを意識できるようになりました。
ロングトーンも音を保てるようになりました。


ハミング 

LaLaLa レガート

スタカート 

LaLaLa ロングトーン 

年末年始をはさんで久しぶりの練習でしたが、皆さんよく声が出ていたと思います。




《曲の練習》
ソプラノとアルトのバランスを見直しました。ソプラノへ移動して下さった方ありがとうございます。

声を揃えていくこと・ハーモニーを磨いていくこと・リズムや言葉を明確にしていくことを目標に練習を進めていきます。歌い慣れてきた頃かと思いますが、新鮮な気持ちで歌うよう心がけて下さい。


歌の翼に
各パートの旋律を復習しました。ソプラノの人数が増えたことにより遅れてやすくなりますので、今まで以上にテンポに気をつけていきましょう。まずは拍の頭を揃えるよう意識しましょう。ただ、遅れる原因はテンポの取り方だけではなく、発声によるところもあります。発声練習で高音がより楽に出るようになると、テンポも改善されると考えています。

三つのわらべうた
通りゃんせは音域が広いので、次を見通した準備が必要です。それには「次に歌うフレーズを前もってイメージすること」が必要です。(←友人のバリトン歌手も同じことを言っていて嬉しかったです。余談でした・・)それができるようになるには、発声に対する不安を出来るだけ減らすことが重要だと思うのです。ですから、発声練習をしっかりやっていきます!

他の2曲も各パートの復習をしました。音程やリズムを繰り返し確認することは、一見遠回りのように感じるかもしれませんが、とても大切です。パート練習後に合わせた時にステップアップしているのを感じている方も多いと思います。地道な練習ですが、曲想にも影響する大切な練習だと感じています。




童謡メドレー1
子鹿のバンビ
最終的にはテンポよく歌って頂きたいのですが、歌い慣れてきたこともあり、少々雑になってきたように感じました。メドレーの第1曲目、オープニングです。
バンビの誕生を森全体が喜び、その愛らしい姿に目を細めている、そんな情景ではないでしょうか。躍動感だけでなく、そういった温かさも伝えたいですね。





空気が乾燥していますので風邪等ひきませんよう、ご注意くださいね。
また来週、元気にお会いしましょう!


b0345420_11551828.jpg










[PR]
by kannochie | 2016-01-11 12:01 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< お年頃の知り合いからの呼び出し... 我らのユニット、明日始動します! >>