15.11.20さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・故郷を離るる歌・見上げてごらん夜の星を
を練習しました。





ストレッチ 数をカウントはしていますが目安と考えて下さい。合わせる必要はありませんので、ご自身のペースで行って下さいね。

呼吸8拍 歌声の基本①呼吸 
均一に息が出せるように。拡散しないようにするといいですね。


地声オ 歌声の基本②支え 
お腹から声が出して、安定した歌声にすることが目標です。できる限りの大きな声で歌って下さい。時間を取ってたっぷりやりました。だんだん声が出るようになってきましたね。これからもっと楽しくなってくると思います!


ハミング 歌声の基本③響き 
眉間の奥にある副鼻腔に響かせましょう。胸や喉に力が入らないようにしましょう。力を入れることは簡単ですが、抜くことは難しいですよね。私も工夫をしてみます。

LaLaLa レガート 
上記の基本3つを統合する練習です。シ〜ミ♭がしっかり出せるようになりたいですね。息を薄く流していくようにするとよいかもしれません。


スタカート 
スピード感を持って流れの中で歌うように心がけてみて下さい。上記の練習では、注意深く聴いたり、試したり・・頭を使って歌う感じですが、スタカートの練習では理屈抜きに楽しく歌って下さい。「気がついたら高い音まで歌えていたわ!」というのが理想です。
頭でっかちになりすぎないようにするための練習でもあります。

LaLaLa ロングトーン 
長い音・フレーズ後半の音を保つための練習です。得意な音域では、しっかりと保てるようになってきましたので、少しずつ音域を広げていきましょう。
今日は、ロングトーンの練習を少し長く取りました。
発声練習が終わった後の皆さんの「はぁ〜〜」というため息(?)が印象的でした笑。頑張り過ぎちゃったかしら・・。



来週の練習がお休みだということ、今日は寒くて体が硬くなりがちなこと・・
これらのことを踏まえて、いつも以上に丁寧に発声練習をしてみました。
お疲れだったと思いますが、曲の練習ではよく声が出ていたように思います。






私の意図は充分にご理解頂いていると思っています。フレーズの最後で伸ばす音の時に、音が下がりやすいです。ブレスをするその瞬間まで、しっかりと支えを保っていきましょう。



歌の翼に
2・3番を練習しました。音程・支え・集中力!とポイントとなる場所で声を掛けながらではありましたが、歌えるようになってきましたね!とても嬉しかったです。ですが、曲想などまだまだこれからですから、少しずつ仕上げていきましょう。




三つのわらべうた

通りゃんせを中心に練習をしました。

ソプラノは高い音が続きますので、支えをより意識しましょう。歌い進んでいく中も
集中力が落ちないよう心掛けて下さい。

アルトは、音が低くなっても響きのある声を意識していくことが必要です。そうすることによって、ソプラノとのハーモニーが作りやすくなります。また、高めの音域へ跳んでも対応しやすくなります。





故郷を離るる歌

ブレスの位置を確認しました。
P36 2段目 なーでしこ V かきね
P36 3段目 なーがむる V おわり
ここでブレスをするように決めました。2・3番ももちろん同じ位置でブレスです。

後半の繰り返しはカットします。

今日は音を取ることに終始しましたが、日本語ではあり得ないような音の跳躍がありますので復習をします。
フレーズの最後で音が上昇するところを重点的に練習したいと思っています。「歌の翼に」と同様に、この曲も皆さんを多いに成長させてくれると思います。特に、支えの勉強になると思います!






見上げてごらん夜の星を

埴生の宿・見上げてごらん夜の星を こういう曲が皆さん得意ですよね。しみじみと心に響く歌声だったと思います。シンプルでロングトーンがたくさんあるこの曲は、声やハーモニーの美しさが際立ちます。声の透明度を上げていきましょう!







繰り返しになりますが、来週11月27日の練習はお休みです。

今日とてもいい声が出ていたので、次の練習日までに時間があくのが残念ですが・・体を使って、息を流していくように歌ってみて下さいね。


次回の練習は12月4日。もう師走なんですね・・。
12月の練習は3回(4日、11日、18日)、25日はお休みです。

寒い季節になりましたので、体調にはお気をつけ下さいね。




b0345420_01080804.jpg








[PR]
by kannochie | 2015-11-21 01:58 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 合唱団さくらの会の練習後、道端... 吉野弘『雪の日に』がふと思い出... >>