15.11.13さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・3つのわらべうた・故郷を離るる歌・この広い野原いっぱいを練習しました。





ストレッチ 自分の体の調子に耳を傾けながら、ゆったりした気持ちで取り組んで下さい。寒くなってきましたので、コンディションが変わる時期だと思います。


呼吸8拍 歌声の基本①呼吸 
均一に息が出せるように。拡散しないようにしましょう。


地声オ 歌声の基本②支え 
お腹から声が出して、安定した歌声にすることが目標です。できる限りの大きな声で歌って下さい。


ハミング 歌声の基本③響き 
眉間の奥にある副鼻腔に響かせましょう。強く出そうとすると胸に力が入りますので、お腹から息が上がってくるのを意識してみて下さい 。


LaLaLa レガート 
上記の基本3つを統合する練習です。シがしっかり出せるようになりたいです。


スタカート 
スピード感を持って流れの中で歌うように心がけてみて下さい。高い声への抵抗を払拭することもねらいの一つです。


LaLaLa ロングトーン 
長い音・フレーズ後半の音を保つための練習です。得意な音域では、しっかりと保てるようになってきましたので、少しずつ音域を広げていきましょう。






花 
久しぶりに全員で各パートの復習をしました。リズムを明確に歌っていきましょう。



歌の翼に
ソプラノP31 2段目 最後の小節 いけーに
ここで音が下がらないように、しっかりと支えましょう。それができると、この後のフレーズも良くなりましたので。




三つのわらべうた

通りゃんせも全員で各パートの復習をしました。
ソプラノは支えを意識して高い音を出すこと、アルトは低い音も響かせることや音の跳躍に気をつけて歌うことを確認して、練習しました。



故郷を離るる歌
難しそうには聴こえないのですが、歌いにくいところがいくつかありましたね。

ブレス
P36 2段目 なーでしこ V かきね
P36 3段目 なーがむる V おわり
ここでブレスをするように決めました。2・3番ももちろん同じ位置でブレスです。

上記のようなブレスの前で音が上がるところが少し難しいでしょうか。
特に音が上昇するところは、丁寧に歌っていきましょう。






この広い野原いっぱい
この曲も全員で各パートの復習をしました。

一番下のパートP19 3段目 2小節目
かいて→だ が、ド→ソへ音が跳躍します。音が取りにくいので、練習をしました。

各パートの声質を揃えていくと、ハーモニーも良くなると思います。








ひと雨ごとに寒さが増してくる季節。

ノロウィルスやマイコプラズマ肺炎がはやっているという話も聞いています。

お気をつけ下さいね~!

11/20(金)お待ちしております(^^)/



その次の11/27(金)は渡部先生のコンサートがありますのでお休みです。


b0345420_01080804.jpg











[PR]
by kannochie | 2015-11-15 02:08 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ホットレモネードを飲んでみまし... ミッドナイトクッキング? >>