15.10.23さくらの会練習ノート

練習ノートがすっかり遅くなってしまい申し訳ありません。
今回は簡単に。

花・歌の翼に・3つのわらべうた・見上げてごらん夜の星を・童謡メドレーのみかんの花咲く丘を練習しました。


ストレッチ
いつも通り体側伸ばしと肩回しをしました。

呼吸8拍
喉・首・胸に力が入らないように気をつけましょう!


地声オ
思い切って声を出す練習です。大きな声が出るようになるための練習でもあります。深い発音を意識してみて下さい。


ハミング
鼻や鼻の奥を意識して声を響かせましょう。



LaLaLa ドレミレド
音が上昇していく時には、2番目と3番目の音の幅が広いと思って歌ってみましょう!下降する時には、音が下がらないようにしっかり支えていきます。


スタカート ドレミレド
一生懸命になりすぎないように。力が入ってしまいますので。
スポーツをするような感覚で歌ってみましょう!


ロングトーン 
少しずつ音が保てるようになってきたと思います。また、この練習をすることで、「聴く」ことを意識できるようになったと思います。曲へ直結する効果が期待できますので、続けていきます!






発声練習でできるようになったことを曲へ活かす練習としても最適な曲だと思います。私も発声練習の後は「オンブラマイフ」を必ず歌っている時期がありました。継続して歌っていくことで、声のコンディションを知ることもできますしね。


歌の翼に
ロングトーンで音を支え続けること、母音で拍を合わせて遅れないようにすること、高い音を響かせること・・等、課題のたくさん詰まった曲ですね。継続は力なり。通して歌えるようにもなってきましたので、毎回歌っていきます!


三つのわらべうた
ずいずいずっころばし・あんたがたどこさは、テンポのよい曲ですので、歌詞をしっかりしゃべっていきましょう。そうすることで、歌詞の面白さも伝えられると思います。

通りゃんせは音域が広いので、高い音にも低い音にも対応できるようにすることが必要です。曲想については皆さんと共有できていますので、より美しい声で歌えるよう練習していきます。



見上げてごらん夜の星を
転調するところのアルトの歌い出しの音が取りづらかったですね。渡部先生に音を弾いてもらうことで課題解決です。こちらの楽譜で練習をしていきます!


童謡メドレー
みかんの花咲く丘
P45の3・4段目
3・4声に分かれるところ、歌って頂く旋律とハーモニーを確認しました。4声のハーモニーが美しく響くよう、練習を続けていきます!





日が沈むと急に寒くなりますね。昼間は暑いくらいなのに・・・。
そのせいか体調を崩している方が多いようです。
どうぞお気をつけ下さいね〜!
また明日、お待ちしております。



11/27(金)は渡部先生のコンサートがありますので、お休みになります。
ですので11月の練習は3回になります。お気をつけ下さいね。


b0345420_04221485.jpg













[PR]
by kannochie | 2015-10-29 09:05 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< そりゃ~増量するでしょ ... 千秋楽の高揚 ラ・マンチャの男 >>