千秋楽の高揚 ラ・マンチャの男

ミュージカル『ラ・マンチャの男』

とうとう楽日。
b0345420_00501108.jpg



次にドン・キホーテと会えるのは

いつなのだろう?
b0345420_00504400.jpg






この舞台には

心を打ち抜かれ、

えぐられるような台詞が満ちている。




けれど、熱い!




そして、潔くて気持ちがいい!












「事実は真実の敵だ。」


 

 




「己の魂以外、己のものとなすなかれ。
現在の自分を愛さず、将来の自分を愛せ。快楽のみを追うな。常に先に目を向けよ。」





「・・・ああ、人生自体がきちがいじみているとしたら、では一体、本当の狂気とは何か? 





夢におぼれて、現実を見ないのも狂気かもしれぬ。



現実のみを追って、夢を持たないのも狂気かもしれぬ。



だが、一番憎むべき狂気とは、
あるがままの人生にただ折り合いをつけてしまって、
あるべき姿のために戦わないことだ。」




私は、自分のやりたいことを貫くために

教員を辞めて、

今のスタイルで歌っているんだなぁ~!!




忘れていた訳ではないけれど

しっかと心に刻んで歌っていきます!










[PR]
by kannochie | 2015-10-28 00:48 | 大切なこと | Comments(2)
Commented by nyankai at 2015-10-28 11:37
ラ・マンチャの楽ステのチケット、良くとれましたね。良かったですね。
音楽の先生だったのですね。私もちょっとの間だけ、小学校の音楽専科をしていました。お恥ずかしい限りですが。
「あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないこと」しみますね。
「見果てぬ夢」は、レパートリーに入れていますか?私もいつかしっかり歌ってみたいと思っているのですよ。
Commented by kannochie at 2015-10-28 17:50
nyankaiさん、こんばんは。
『見果てぬ夢』はまだ歌ったことがないんですよー。
幸四郎さん、アンコールで英語バージョンを歌ってくれましたー!!
名前
URL
削除用パスワード
<< 15.10.23さくらの会練習ノート 本日楽日 ラ・マンチャの男 >>