15.7.3さくらの会練習ノート

花・歌の翼に・この広い野原いっぱい・三つのわらべ歌(通りゃんせ・あんたがたどこさ)の練習をしました。



ストレッチ
だいぶ慣れてきたように思います。体のどの部分が伸びているかを感じながらやってみましょう。息をゆっくり吐きながら伸ばします。体側伸ばし・腕回しをしました。



呼吸
スーと息を8拍吐く練習です。安定してきましたね。ですので少しステップアップを。始めから終わりまで一定の強さで息を吐けるようにしていきましょう。それが、ロングトーンの安定にもつながります!



発声練習
nのハミング。あご・首・胸の力を抜いて、リラックスした状態で声を出せるようにしましょう。眉間の副鼻腔に響かせることがねらいです。



地声のオ。お腹の底からしっかりと大きな声を出すことが目的です。その際に深い発音を心がけて下さい。平べったい浅い発音だと喉が痛くなることがあるかと思います。この地声でも、皆さんの声の音色が揃うといいと思います。



レガートのイ。「支える」ということがどんなことなのか、少しずつわかってきたのでは・・?と思っておりますが、いかがでしょうか。
音が上がる時には、パワーが必要です。それが支えだと思います。肩甲骨の内側から背中・腰の筋肉を使って、下へ引っ張るようにして支えます。
3番目の音のミは下がりやすいので、気をつけましょう。引っ張り具合を発声練習の中で色々と試して、ちょうど良い加減を見つけて下さい。



レガートのイ・エ。イの響きをエに活かす練習です。硬口蓋(熱い物を食べた時に火傷する部分)をテントのように張るイメージで歌ってみて下さい。



スタカートのハ。硬口蓋に声をぶつけるような意識で歌ってみて下さい。喉の奥を使うというよりは、前を意識したほうがいいと思います。重い声にならないようにしましょう。練習では、高いラまで声を出しました。



ロングトーンのラーラーラ。この練習はキツイですね・・。修行をしている僧侶のような気持ちになります笑。同じ音程を保ったまま音を伸ばせるように、今後も修行を続きます!それができるようになったら、次の段階として皆さんの声色を揃えていきます。



長い期間かけて練習してきましたので、ソプラノもアルトも歌えるようになりましたね。お休みの方がいて両者のバランスが悪い場合には、違うパートを歌って頂くこともあると思いますので、両方歌えるようにしていきましょう。
ロングトーンを強化している所ではありますが、細かい音符を歌うこともまたテクニックが必要です。ロングトーンの支えができてくると、細かい音符ももっとしっかりと歌えます。
フレーズの後半(=ブレスの前の旋律)は、支える力が不足して音程が悪くなりがちです。また、細かい音符も雑になりやすいので、以下のフレーズに気をつけてみて下さい。

P186 2段目 うららの
P186 3段目 くだりの、ふなびとが(アルトのみ)
P186 4段目 なにに

P187 2段目 あけぼの、ものいう
P187 3段目 ゆうぐれ←ドの音が下がらないように
P187 4段目 まねく

P188 1段目 おりなす
P188 2段目 のぼる、おぼろづき(アルトのみ)
P188 4段目 たとうべき



歌の翼に
テンポの指示がしっかり出せず、失礼しました。部分練習では歌えるようになってきましたので、だんだん長く歌えるように「合唱体力」をつけていきましょう!




この広い野原いっぱい
1・2番の音取りをしました。
P17 2段目 にして 
のリズムに注意が必要です。その前が長い音なので、わかりにくいかもしれません。確認をしていきます。
次回はP17の3段目の「ア〜」から4番の音取りをします。
P20の「ア〜」は、状況によってはカットしてもよいかと考えています。


通りゃんせ
いつも「ずいずいずっころばし」から練習を始めるので、後半の曲の練習が薄くなってしまうことから、今回は「通りゃんせ」から始めました!
アルトの音域が広いので、支えや息の量等を十分に準備して歌うことが必要です。今回の練習では、曲想よりも音程・ハーモニーに重点をおきました。綺麗なハーモニーも徐々に聴こえるようになりましたね。
P44 1段目 こわい
スビトピアノ(音を急に弱くすること)では、言葉ははっきりと歌って下さい。
P44 2段目 とおりゃんせ
せーーのロングトーン!発声練習の成果を発揮して頂きたいところです。その前のフレーズが、音が高めなこともあり、パワー不足になりやすいと思います。息の配分を考えて省エネで歌ったり、もう一度支え直すように歌ったり、対応策を考えていきます。



あんたがたどこさ
あんたがたどこ ’さ’ ひご ’さ’ ひごどこ ’さ’ くまもと ’さ’
これらの「さ」を丁寧に、でも重くならないように歌って頂きたいです。
この韻が魅力だと思いますので。
P45 1段目 せんばやまには 
P45 2段目 それをりょうしが てっぽうで
P45 3段目 それをこのはで ちょっ
の部分は、より美しいハーモニーを目指していきましょう!




梅雨明けが待たれますね。
スコールのような急な大雨に驚くこともしばしばですが
そのような雨に遭って、風邪等ひきませんように。
どうぞお元気でお過ごしください。
また、来週〜♫



b0345420_18490984.jpg














[PR]
by kannochie | 2015-07-05 17:44 | 合唱団 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 胃腸でなく移調♪(/ω\*) ショパンサロンへ >>