敬老園コンサート&身近な職人さん 洋裁師篇

敬老園でのコンサート終了しました。

コンディションが良くなくて
ご心配をお掛けしてしまいましたが、
童話唱歌は皆さんにも歌って頂いたり、
比較的 音の高いオペラのアリアは
何とか歌うことができ、
ホッとしております。

ありがとうございました。

青い目の人形は、特に皆さんのお声が大きくて、
喜んで頂けたようでしたので
私も嬉しかったです!


思いがけずアンコールを頂いたり
園長先生より
定期的にコンサートを という
お話も頂いたりと
ありがたい限りです。

良いコンディションをキープできるよう
対策していきます!(^^)/






ところで
昨日着た衣裳。
大好きなレースのドレス。

昨日の写真ではありませんが
このドレス↓
(私どこを見てるのかしら…笑)
b0345420_11414134.jpg

職人さんってホントに凄いと
尊敬してしまうのですが
このドレスを作ってくれた方は
服を作ることが
大好きだったんだなぁと感じます。

上の写真の膝あたりのところに、お花が付いているのがわかりますか?レースのフリンジ(布の端でフリフリしているところ)を活かして、襟回りや裾・袖ぐりに使ってくれたり、お花をカットして縁をかがって縫い付けてくれました。

この写真でわかるかなぁ~↓
お花が浮いて見えるのは、縁をかがったお花を
更に乗せているのです!
b0345420_11433155.jpg



この方、詩吟をしていらしたので
お互いに 今度聞かせて下さいね
なんて話をしていたのです。

録音を聞いてもらおうと思って
「録音したものをお送りしますね」
と約束をしたのですが
この日が、この方とお会いする
最後の機会となってしまったのです。


突然 天国へ行ってしまいました。



マネキンには
私が次にお願いしたドレスが
未完成のまま着せられていたそうです。

こんな風にしたいと
一緒に相談しながら考えたドレス…。

違う方の手によって
完成して頂きましたが
プッチーニのオペラトゥーランドットと同じく
やっぱり竜頭蛇尾の印象なのです。






このことをきっかけに


『今日やろうと思ったことは先延ばしにしない!』


と思ったのですが
もともとが、ゆるゆるのこの性格。
なかなか守れていないのが現状です。

でも、この衣裳を着る度
気持ちを新たにするのです。

できる限り、先延ばしにせず
見通しを持って動きたいです(^^)



本番終了後はランチタイム~!b0345420_00315156.jpg








[PR]
by kannochie | 2015-01-20 23:55 | コンサート | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 優柔不断 決断 占い 15.1.16 合唱団 さくら... >>