タメ(=同年代)の安心感に包まれて

タメとは、もともと「同目(ゾロ目)」を意味する博打用語だったそうですね~。これが転じて、五分五分・対等・同じという意味になったとか。

普段は若い方々とお付き合いすることが多く、私としては新鮮な感覚に触れることができて有り難く思っています。ですが、若い方々からすると「年長者」である私の存在が、プレッシャーになったり、ちょっとした私の発言が大鉈を振るう結果になったりして…そのことに、私自身が驚き、戸惑っています。ま、そういう責任ある年代になってしまった…ということなのですね笑

夏休みに、同年代と会う機会がありました~。我らバブル世代は、自分自身も親もお年頃。シミ・シワ・くすみ…色々な自分の不具合を、少しずつ笑顔で受け入れていくことになります。加えて、親の健康が気になる年頃です。

そんなことも、同年代、特に高校の友人とは笑いながら話せてしまう。笑いすぎて頬が痛くなったけれど、安らかな気持ちになりました。

みんな、みんな どうか元気でいてください!!
また、笑いましょ♪







[PR]
by kannochie | 2014-09-05 11:56 | 日常
<< 10/11(土)カフェブレニー... 14'9.2 合唱団 ... >>